新生児への絵本の読み聞かせはいつから?絵本選びや読み聞かせのコツ

新生児への絵本の読み聞かせはいつから?絵本選びや読み聞かせのコツ

赤ちゃんが生まれると、いつから絵本の読み聞かせをしようか、どのような絵本を読み聞かせしようかと考えるママもいるのではないでしょうか。絵本の読み聞かせを始めた時期やどのようなときに絵本を読んでいたか、新生児に読み聞かせる絵本の選び方と読み聞かせのコツについて、ママたちの体験談をご紹介します。

新生児の絵本の読み聞かせはいつから?

ママたちはいつから絵本の読み聞かせをしていたのでしょうか。

生まれてすぐ

「私自身本が好きだったので、出産後、入院しているときに、家族に絵本を数冊持ってきてもらい、赤ちゃんに読み聞かせていました」(20代ママ)

赤ちゃんにいつから読み聞かせをしようかと考えていたママの中には、赤ちゃんが生まれてすぐに読み聞かせを始めたというママもいました。赤ちゃんといっしょにゆったりとした時間を過ごせたというママの声もありました。

退院してから

「上の子の読み聞かせを毎日していたので、退院後は赤ちゃんもいっしょに絵本を読むようになりました」(30代ママ)

退院して家に戻った直後から読み聞かせを始めたという声もありました。上の子どもがいると、早い時期から読み聞かせをするようになるのかもしれません。

プレゼントをもらって

「出産祝いで絵本をプレゼントされたのをきっかけに絵本の読み聞かせを始めました」(30代ママ)

出産祝いで絵本のプレゼントをもらったというママもいました。子どもへの読み聞かせをいつから始めようかと考えていたママたちは、プレゼントをきっかけに始めることもあるようです。

どのようなときに絵本を読んでいた?

新生児の赤ちゃんへ絵本の読み聞かせをしていたというママたちに、どのようなときに絵本を読んでいたのかを聞いてみました。

赤ちゃんと遊びながら

「赤ちゃんが日中起きているときに、赤ちゃんと遊びながら絵本を読むことが多かったです」(40代ママ)

この他、絵本を身近に感じてもらいたくて、赤ちゃんとの遊びの一環として読み聞かせを続けていたというママの声もありました。絵本の読み聞かせをいつから始めようかと考えているママは、赤ちゃんとのふれ合いの時間に取り入れるようにするのもよいかもしれません。

ママと赤ちゃんの読書タイムを作って

「家事が終わった後や赤ちゃんのお世話の合間など、少し余裕があるときに絵本の読書タイムを作るようにしていました」(30代ママ)

家事や育児の合間に、赤ちゃんとの読書タイムを設けて絵本の読み聞かせをしたことで、気分転換ができたと感じたママもいるようです。

新生児に読み聞かせる絵本の選び方

新生児の赤ちゃんに、ママたちはどのような絵本を選んで読み聞かせしていたのでしょうか。

音を楽しむ絵本

「水の流れる音や車の音など、いろいろな擬音が出てくる絵本を読み聞かせていました。少し大げさに表現してみると赤ちゃんはニッコリ笑ってくれました」(20代ママ)

物の動きや状態、声などをさまざまな音で表現した絵本を新生児に読み聞かせていたというママもいるようです。ママがなりきって大胆に音を表現すると、赤ちゃんも興味をもってくれたというママの声もありました。

カラフルな絵本

カラフルな絵本
Andrienko Anastasiya/Shutterstock.com

「小さな赤ちゃん向けコーナーには、色のコントラストがはっきりした絵本や、しま模様やグルグルを描いたカラフルな絵本がたくさん置かれていて、絵本選びが楽しかったです」(30代ママ)

赤ちゃん向けの絵本として、カラフルな色使いのものを選んだママもいました。カラフルな絵本を繰り返し見せることで、赤ちゃんも絵本に興味をもってくれるかもしれませんね。

繰り返しが楽しい絵本

「いろいろな動物たちが出てきて、同じセリフと動きを繰り返す絵本を赤ちゃんに読み聞かせていました。同じセリフの繰り返しですが、登場人物によって声の高さや大きさなどを変えて読み聞かせたりして変化をつけるようにしていました」(30代ママ)

新生児への読み聞かせでは、同じセリフや動きが繰り返させる絵本もよく読まれているようです。読み聞かせを続けるうちに、赤ちゃんも少しずつ反応を見せてくれるようになるかもしれません。

絵本を読み聞かせるときのコツ

ママたちは新生児の赤ちゃんに読み聞かせをするときに、どのようなことを意識していたのでしょうか。

赤ちゃんの様子を見ながら

「赤ちゃんが機嫌のよいときや穏やかに過ごしているときに、絵本の読み聞かせをしていました」(30代ママ)

赤ちゃんの様子を見ながら読み聞かせをしていたというママの声がありました。眠いときやお腹が空いているときなどはなるべく避けて、穏やかに過ごしている時間に新生児に読み聞かせをしてみるとよいかもしれません。

スキンシップを意識しながら

赤ちゃんとスキンシップをとるママ
paulaphoto/Shutterstock.com

「絵本に出てくる『グルグル』、『トントン』といったセリフに合わせて、赤ちゃんのほっぺやお腹などを触ってスキンシップしてました」(20代ママ)

絵本を読みながら赤ちゃんとふれ合うなど、スキンシップを意識しながら絵本を読み聞かせしていたママもいるようです。抱っこをしてゆらゆらゆれながら絵本を読んでいると、気持ちよく寝てくれていたというママの声もありました。スキンシップをしながらの読み聞かせならばいつからでも始められそうですね。

ママも絵本を楽しむ

「自分が子どもの頃に読んでいた絵本を大人になって読んでみると、懐かしくて嬉しい気持ちになりました。子どもと同じ思い出を共有できるのは嬉しいことだなという思いで、絵本をたくさん読み聞かせていました」(30代ママ)

新生児に読み聞かせをするとき、ママ自身が絵本を読むことを楽しんでいたという声もありました。声を出して読んでみたり、大きく表現してみることで、絵本の読み聞かせが楽しく感じられるかもしれません。

気負わずにママ自身がリラックスした気持ちで絵本を読むことが、新生児への絵本の読み聞かせを無理なく続けるコツとなりそうです。

新生児への絵本の読み聞かせを楽しもう

ご機嫌な赤ちゃん
AGLIM /Shutterstock.com

いつから読み聞かせを始めたのかは家庭によって違いはあるようですが、ママたちは早い時期から赤ちゃんに絵本へ興味を持ってもらいたいと考えたようです。赤ちゃんの機嫌のよいときや、家事や育児の合間の時間に、絵本の読み聞かせで赤ちゃんとのコミュニケーションがとれるとよいかもしれません。

いつから読み聞かせをするのか、どのような絵本を選べばよいのかなど、今回の記事を参考にしながら、赤ちゃんとの絵本の読み聞かせ時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2018年04月16日

絵本の関連記事

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

カテゴリ一覧