フルタイムで仕事復帰。1日のすごし方や家事と両立するポイント

フルタイムで仕事復帰。1日のすごし方や家事と両立するポイント

復帰するときにママたちが考えたこととは

育休中や出産のため退職したママのなかには、フルタイムでの仕事復帰を考えている方もいるのではないでしょうか。今回は、産後に時短勤務ではなくフルタイムで復帰したママたちが感じたことの他、保育園や仕事以外の時間はどのようにすごしているか、仕事と家事を両立するポイントなどについて体験談とともに紹介します。

フルタイム復帰して感じたこと

育休明け、仕事復帰をするにあたりフルタイムで働くことを考えているママもいるかもしれません。フルタイムでの復帰に対し、不安を感じるというママや、スケジュールの想像がしにくいと感じるママもいるようです。実際にフルタイムで仕事復帰したママたちは、どのようなことを感じているのでしょう。

よかったこと

30代ママ
産後1年で産前と同じようにフルタイム復帰しました。前と変わらず収入の維持ができ、給与や賞与が安定しているため、フルタイムで復帰してよかったと思っています。
30代ママ
始めはフルタイムでの復帰が不安でしたが、好きな仕事だったのでやりいがいがあります。仕事を産休前と変わらずに任せてもらえるので、キャリアアップにも繋がると思っています。
フルタイムで復帰したことにより、収入が安定していることや、やりがいのある仕事を楽しんでキャリアアップに繋がることがよかったと感じているママもいるようです。産前の頃と同じように働けることが嬉しいと感じたという声もありました。

大変だったこと

20代ママ
仕事復帰したばかりの頃は息子が体調を崩すことが多く、月に1度や2度は必ず保育園からお迎え要請の電話が鳴りました。周りの方々に迷惑をかけていないか心が痛かったです。
30代ママ
子どもが寝ている時間に家事をするなど、育休中のときのように自分の時間が取れなくなりました。ホッと一息つく間もなく毎日がすぎていくので、一時は時短勤務も考えました。
フルタイムで復帰することで、やむを得ない急な欠勤や、なかなか自分の時間が取れないことに苦労しているママもいるようです。

フルタイムの勤務で感じることは、ママたちによってさまざまかもしれません。時短勤務ではなくフルタイムで復帰したママたちは、どのような生活を送っているのでしょうか。

フルタイムで復帰したママのスケジュール

時計
Rawpixel.com/Shutterstock.com

フルタイムで復帰したママたちは毎日どのようなスケジュールですごしているのでしょう。ママたちに1日のすごし方を聞いてみました。

子どもが1歳で保育園に通っているママ

6:00 起床、朝食準備
6:30 子どもと夫が起床、朝食
7:15 保育園出発
7:30 子どもを預け仕事に向かう
8:15~17:05 勤務
17:30 保育園お迎え
18:00 帰宅、夕食
19:30 お風呂
20:30 子ども就寝
20:45 子どもが寝た後に残りの家事
23:00 就寝

家事を隙間時間に進めながら、残ったものは子どもが寝た後に行なっているようです。睡眠時間はきちんと取れるように23時までには寝るよう心がけているという声もありました。

子どもが小学3年生と5歳の兄弟

4:30 起床、家事、自分の時間
6:00 子ども起床、朝食
7:00 長男登校、次男準備
8:00 次男登園、出勤
9:00~18:15 勤務
18:45 保育園・学童へのお迎え
19:30 帰宅、夕食準備
20:00 夕食、お風呂
21:00 子どもといっしょに就寝

朝、子どもが起きる前に家事をしているママもいるようです。早く家事が済むと自分の時間を取れるので、1杯コーヒーを飲むことを楽しみに家事をこなしているそうです。

仕事と家事を両立するポイント

フルタイムで復帰したママたちに、限られた時間の中で仕事と家事を両立する秘訣はあるか聞いてみました。

頼れる人を見つける

20代ママ
両親の近所に住んでいたため、子どもの体調が悪くなったときは看てもらったり、たまに夕飯を作ってもらったりしていました。家族の協力があることでフルタイム勤務ができていると感じています。
両親など家族の協力を得ることで、仕事との両立がしやすくなるかもしれませんね。近くに頼れる人がいなかったため、ベビーシッターや家事代行などのサービスを活用したというママもいました。

食事は事前に用意する

30代ママ
食事の用意はできるだけ早めに済ませるようにしています。野菜類は前日にカットしておき、朝ご飯といっしょにその日の夕飯も作っているので、夕飯は温めるだけで食べられます。
帰宅後すぐ夕飯が食べられるよう、朝に1日分の食事を用意しているママもいるようです。食事を作る時間が減らせるよう、休日にまとめて調理して作り置きを活用しているという声もありました。

便利グッズを使う

40代ママ
乾燥機つき洗濯機は本当に重宝していて、洗濯を干したり取り込んだりする手間が省け、時短に繋がっています。次は仕事をしている間に掃除が済む、ロボット型掃除機が欲しいと思っています。
家事の時間を短縮できる、便利なグッズを活用しているママもいるようです。ママのなかからは、食後に食器を洗うことが大変だったが、食洗器は食器を入れてボタンを押すだけできれいになるので助かっているという声もありました。

フルタイムで復帰するときに考えたこと

働くママ
number-one/Shutterstock.com

ママたちはフルタイムの仕事復帰をするときに、どのようなことを考えたのでしょうか。

延長保育の環境や雰囲気

30代ママ
仕事からお迎えに行くことを考えると最終時間まで預けることになりそうでした。保育園で延長保育をお願いするときに、同じ年の子はどのくらいいるかや、最終時間にいるのは何人くらいかを聞きました。
復帰後に子どもが通う保育園は、延長保育の子が多かったためあまり不安を感じずに預けられたようです。保育園など子どもを預けて復帰する場合は、預け先の環境や雰囲気を確認してみるとよいかもしれませんね。

フレックスタイム制の利用

30代ママ
私の職場にはフレックスタイム制が導入されてました。子どもの体調や行事によって出勤時間をずらしたり次の日に繰越したりできるので、復帰後はこの制度を活用していました。
フレックスタイム制を使うことにより、残業時間が少なくなったというママもいました。フルタイムで働きたいけれど子ども中心の生活にしたいというママには、活用しやすい制度かもしれませんね。

フルタイムで復帰して感じることはさまざま

親子
Rawpixel.com/Shutterstock.com
フルタイムで仕事復帰したママたちは、時間のやりくりなどで苦労する反面、キャリアアップなど、やりがいを感じることもあるようです。産後すぐの復帰でなかなか自分の時間が取れずに、時短勤務にしようかと悩んでいるママもいるかもしれません。

周りの協力を得ながらフルタイムで仕事ができるよう、保育園など預け先や復帰について家族で話しあってみるとよいかもしれませんね。

2019年12月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

仕事の関連記事

カテゴリ一覧