専業主婦がパートを始めるには。パート先を選ぶときの条件など

専業主婦がパートを始めるには。パート先を選ぶときの条件など

家庭との両立を目指して意識したこと

子育てがひと段落したらパートで働きたいと考える専業主婦もいるのではないでしょうか。今回の記事では、専業主婦が働き始めたきっかけやパートを選んだ理由、パート先を選ぶときに重視した条件の他、保育園などの預け先や家事の進め方など、働くにあたって意識したことについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

専業主婦がパートで働き始めるきっかけは?

結婚や出産をきっかけに専業主婦になったママたちのなかには、そろそろパートで働きたいと考える方もいるかもしれません。専業主婦だったママたちは、どのようなことをきっかけにして働くことを意識し始めたのでしょうか。

30代ママ
子どもが入園して、時間ができたので専業主婦からパートで働き始めました。自分の今後について考える余裕ができたのがきっかけでした。
30代ママ
子どもが小学生になって、病気にかからなくなってきたのでパートにでました。毎日の送り迎えがなくなったことやお弁当を作らなくてよくなったこともきっかけになったと思います。
子どもの入園や入学などを機に時間に余裕がもてるようになったことや、体調を崩しにくくなったことが働くきっかけになったというママの声がありました。子どもが少し手を離れたり子育てがひと段落したりするタイミングで、専業主婦のママたちは働くことを意識し始めたようです。

パートを選んだ理由とは

働くことを意識した専業主婦のママたちは、なぜパートを選んだのでしょうか。パートを選んだ理由について聞いてみました。

扶養内を希望したため

夫婦
iStock.com/Yagi-Studio
30代ママ
元々扶養内での勤務を希望していたので、パートの仕事を探しました。扶養の範囲を超えないように調整しながら仕事をしています。
専業主婦だったママのなかには、一定の基準を超えないように扶養内で働きたいと考えてパートを選んだという声がありました。パートでも扶養の範囲を超えると、実際に働いた分の給料よりも手取りの金額が減ることもあるので、仕事を始める前に計画を立てておくとよいかもしれません。

家事や育児とのバランスを考えて

30代ママ
長い間専業主婦だったので、最初はパートから始めました。家事や育児と仕事のバランスの取り方を日々模索しながら働いています。
専業主婦だったママたちは、ブランクがあることや家事や育児とのバランスを考えてパートを選んだようです。将来的にステップアップを目指したいママは、パートからフルタイムや正社員への転換制度がある職場を選ぶとよいかもしれません。

専業主婦がパート先を選ぶときに重視した条件

専業主婦がパートを始めるときに、条件面でどのようなことを気にしたのでしょうか。ママたちが重視した、パート先を選ぶときの条件を聞いてみました。

シフトの融通がきく

30代ママ
仕事を選ぶときは、週ごとのシフト制のパートを探しました。子どもの園の行事などが不定期にありますが、柔軟にシフトを入れられるので助かります。
パートを選ぶときは、週や月ごとのシフト制の仕事を希望していたというママの声がありました。シフト制であれば、子どもの園行事や学校行事などでのお休みも計画的にとれそうです。

家や保育園から近い

保育園
iStock.com/gyro
30代ママ
家と園、職場の位置関係を気にして仕事を選びました。今の職場は、家からも園からも車で5分ほどの距離にあるので送迎に時間がかからず、無理なく続けられています。
ママたちは、忙しい朝や夕方の時間を有効に使うために、家や保育園、幼稚園、職場との位置関係や距離を意識して仕事を選んだようです。パート先と子どもの預け先が近ければ、急なお迎えが必要なときもすぐに行けるので、安心して働くことができるかもしれません。

子育てに理解がある

30代ママ
子どもが発熱したときなど、迷惑をかけるかもしれないという旨を面接のときにしっかり伝えました。他にも子育て中のパートの方がいて、お互いに助け合いながら働いています。
30代ママ
飲食店でパートをしていますが、夏休みや冬休みなどの長期休暇中は、学生のアルバイトの方がシフトにたくさん入ってくれます。子どもとの時間も大切にできて、とても助かります。
ママたちのなかには、長期休暇中に休みが取りやすい環境が整っていたり子育て中のママがすでに働いていたりする、子育てに理解のある職場を選んだという声がありました。子どもがいるからといって休みを当たり前にせず、出勤できる日は、いつも協力してもらっている分を返すような気持ちで働くことも大切かもしれません。

パートを始めるときに意識したこと

パートを始めるにあたり、専業主婦のママたちがどのようなことを意識したのかを聞いてみました。

子どもの預け先を考える

30代ママ
パートでの仕事に慣れてきたら、正社員への切り替えを考えていたので預かり時間の長い保育園に預けています。園によって、預かり可能な時間が違うので複数の園を比較しながら預け先を決めました。
専業主婦がパートを始めるときは、事前に子どもの預け先について考えておく必要がありそうです。働き方によって、保育園にするのか幼稚園にするのかの選択が変わってくるかもしれません。

小学生の場合は、パートであっても長期休暇中は開放学級や学童クラブを利用することになるかもしれないので、事前に空き状況や手続きについて確認しておくとよさそうです。

家族の協力と理解を得る

30代ママ
子どもの将来のためにお金を計画的に貯めたかったので、そのことをしっかりと伝えてパパが納得してくれた上でパートで働き始めました。子どもにも、ママがパートを始めることをお話しました。
仕事をしたいという気持ちや専業主婦の自分が働きだすことで今までの生活からどのような点が変わるのかを、家族みんなに伝えたというママの声もありました。なぜ働きたいのかというママの前向きな気持ちが伝われば、家族も協力してくれそうです。

効率的に家事をすすめる

30代ママ
パートで働くことが決まったときに、家事のタイムスケジュールを作りました。タイムスケジュールがあると、効率的に家事をすすめることができますよ。
パートで働くことが決まったら、時間の使い方を今まで以上に意識して家事の効率化をすすめるとよいかもしれません。専業主婦のときと比べると平日は時間がなくなるので、休日にまとめ買いをしたり作り置きをするなどの工夫をしているというママの声もありました。

家庭と仕事の両立を目指してパートを始めよう

園児
iStock.com/monzenmachi

専業主婦がパートで働くときには、保育園や幼稚園、学童などの子どもの預け先を考える必要がありそうです。専業主婦からパートにでたママたちのなかには、働き方や場所、雰囲気などの条件を意識して仕事を探したという声もありました。

家事を効率よくこなせるよう工夫をしたり、家族の理解と協力を得たりして家庭とパートの両立を目指せるとよいですね。

2019年10月06日

仕事の関連記事

カテゴリ一覧