ダブルワークをする際のシフトの組み方や副業の選び方

ダブルワークをする際のシフトの組み方や副業の選び方

きっかけや大変なことなど

働き方改革の推進によって副業を許可する企業が増えてきています。会社の社員として働く本業の他に副業としてアルバイトやパートをしているママやパパもいるようです。ダブルワークをする際の1週間のシフトの組み方や、ダブルワークをする前に確認しておくべきことなど、ご紹介します。

ダブルワークをしようと思ったきっかけ

ダブルワークとは、本業のほかに別の仕事を掛け持ちすることを言います。

収入が発生した時点で副業扱いとなるようです。

最近では副業を許可している企業が増えており、ダブルワークをしているママやパパも増えているでしょう。

ダブルワークをするきっかけは

  • 収入を増やしたい
  • スキルアップしたい
  • 好きなことを仕事にしたい
  • 新しいことに挑戦したい

など、さまざまあるようです。

本業の他に副業をする上でのシフトの組み方や、よかったことや大変なことについて、ご紹介します。

ダブルワークをする場合のシフトの組み方

ダブルワークをする場合、本業の他に副業の時間を確保することになります。

子育てや家事の時間も考慮してシフトを組む必要があるでしょう。

ダブルワークをするママやパパの中には朝早く起きて副業の時間にあてたり、子どもが寝たあとを副業の時間にあてるなどして時間をつくっているようです。

ダブルワークをすることで働く時間が増えるため、無理のないシフトの組み方をする必要があるでしょう。

ダブルワークをしてよかったこと

ダブルワークは本業の他に時間をつくって行なうため、大変なイメージがあるかもしれませんが、得られることもあるようです。

収入が安定する

お金
iStock.com/minianne

ダブルワークをすることで、本業以外に収入源を持つことができるため、収入が安定するようです。

収入が安定すれば、貯蓄を増やしたり、家族で出かける機会を増やすことができるかもしれません。

収入源を複数にすることで、もしものときに備えておけるという安心感もダブルワークの利点と言えるでしょう。

ダブルワークをしているママやパパの中には収入が上がることで心の余裕ができているという意見もあるようです。

スキルが上がる

本業とは別の業種を副業にしたり、普段使わないような技術を副業で使うことによってスキルアップすることができるという意見もあるようです。

スキルを上げることで、副業での収入の増加が期待できるのはもちろん、本業にも副業の経験や知識を転用することができるという意見もありました。

スキルアップをすることで、本業、副業の両方の成果に繋がり、より収入が上がることも期待できるかもしれません。

その他、副業は短時間から始められる仕事もあるため、自分の得意不得意を知るよい機会にもなるという意見もあるようです。

ダブルワークの大変なところ

ダブルワークは本業の他に仕事を持つことになります。副業をすることで苦労することをご紹介します。

シフト管理

ダブルワークをする場合、自分でシフトを管理する必要があります。

本業に影響しないようにシフトを調整して一週間のシフトの組み方を考えるなど、スケジュール管理が難しいと感じることがあるようです。

子どもがいる場合は、予期せぬ予定の変更もあるでしょう。

その度にシフトの調整が必要となるため、ダブルワークをする場合はシフトの管理能力が重要となるようです。

本業と副業をこなす中で、自分にあったシフトの組み方を見つけるとよいでしょう。

体調管理

ダブルワークを始める場合、これまでの業務の他に働く時間が増え、疲労やストレスがたまりやすくなるかもしれません。

ダブルワークをしているママ・パパほど、体調を崩すと本業副業の両方に影響するため、人一倍体調管理に気を使うことになるでしょう。

ママやパパ自身の体調だけでなく子どもの急な体調不良も、シフトに影響します。

事前に本業副業それぞれに、子どもが体調不良になった場合の対応について共有しておくとよいかもしれません。

ダブルワークをする前に確認すべきこと

オフィス
iStock.com/asbe

ダブルワークをするには、事前に確認すべきことがあるようです。

本業として働く企業がダブルワークを許可しているかどうか

本業への支障や情報漏洩を避けるために、ダブルワークを禁止している企業もあるでしょう。

ダブルワークが禁止されているにも関わらず副業をしてしまった場合は、懲戒などの対象になってしまう場合もあります。

副業を検討している場合、所属している会社がダブルワークを許可しているのか就業規則を確認しておきましょう。

副業をするための時間を確保できるか

ダブルワークをするということは、本業の他に時間をとって働くことになります。

副業をするための時間を確保できなければ、収入が増えないのはもちろん、無理な労働が身体の不調にもつながってしまうかもしれません。

ダブルワークを検討する際は、まず一週間のうちにどれほど副業に時間をかけることができるのかを把握し、仮のシフトを作成してみるとよいでしょう。

確定申告の必要有無

副業をする場合、一定の金額以上の収入がある場合、確定申告をする必要があります。

確定申告は、基本的に年間で副業の所得、または収益が20万円以上の場合に必須となりますが、アルバイト・パートの場合とフリーランスの場合によって条件が異なります。

事前に副業でどれほどの収入が見込めるかや、雇用形態を確認しておき、確定申告が必要となるかどうか把握しておくとよいでしょう。

ダブルワークの仕事を選ぶポイント

副業は本業とは別に時間を取って行うため、継続的に続けることができる業種を選ぶとよいかもしれません。

ダブルワークをする際の仕事の選び方をご紹介します。

好きなことができる仕事

ダブルワークをする場合、本業の他に仕事をするため、体力的につらいと感じることもあるかもしれません。

好きなことを副業として選べば、続きやすく、継続的に収入を得ることができるようです。

好きな仕事を副業にしているママ・パパの中には、副業の時間が楽しいからこそ本業も楽しむことができるという意見もあるようです。

継続的な収入確保やキャリアアップのためにも好きな仕事を副業に選ぶとよいかもしれません。

本業とは違う業種

スキルアップを目指すために、本業とは別の業種を副業に選ぶママ・パパもいるでしょう。

本業とは別の業種を副業にすることで、本業で副業の知識を生かすことができたり、思わぬ自分の得意分野に出会うこともできるという意見もあるようです。

スキルを増やすことで、仕事の充実にも繋がることがあるようです。

上手にダブルワークができれば生活も充実する

家族
iStock.com/kohei_hara

ダブルワークをする目的は収入やスキルアップなど、人によってさまざまでしょう。

本業の他に仕事をこなすため、シフト管理や体調の管理が必要となるようです。

副業は禁止されている企業もあり、年間の所得、収入によっては確定申告必要となる場合があります。

社員や、アルバイト・パートによって確定申告が必要となる条件が異なりますので、事前に確認しておくとよいかもしれません。

ダブルワークをしているママやパパの中には、好きなことや、興味のあることを副業とすることで、収入の増加やスキルアップだけでなく、家族との時間も大切にしようと思えるという意見もあるようです。

自分にあったダブルワークを見つけることができれば、生活の充実に繋がるかもしれませんね。

2019年08月14日

仕事の関連記事

カテゴリ一覧