子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年09月15日

産後すぐ仕事復帰したいママへ。最短で働くためにやっておくべきことを紹介

産後すぐ仕事復帰したいママへ。最短で働くためにやっておくべきことを紹介

育児休暇を取っているけれど、産後すぐに仕事復帰したいというママ必見です!最短だとどのくらいの期間で働くことが可能なのでしょうか?今回はすぐ働くために必要な手続き、労働基準法で決められている復帰までの期間などを調べました。また実際に産後、働きだしたママの体験談や、産後のママが実際に準備しておいた方が良いことなどご紹介します!

産後すぐに働くためには

「産後すぐに働きたい」と思っても、自分が良いと思うタイミングから働くことができるのでしょうか。法律で休むよう定められている期間があるのかなどを調べてみました。

労働基準法で定められている期間とは

産後のママの仕事復帰について、実際に労働基準法で定められている期間を調べてみました。

産後8週間は女性を修業させられない規定があります。産後6週間を経過した女性が希望して、身体に支障がでないと医師が認めた業務に就くことは許されています。(※労働基準法第65条)

出典:「行政手続のオンライン利用の推進」(総務省)

最短でいつ復帰が可能か

労働基準法の通りで考えると、自らが希望をすれば産後6週間から就業できることになります。病院で診断書を書いてもらわねばならないため、働くための手続きをきちんと踏む必要があります。

復帰にまつわる体験談

「いざ仕事復帰!」と思ったとき、子どもの預け先はどうするか、仕事と育児、家事を両立させられるかどうかなど、不安はつきものですよね。そこで、産後に仕事復帰をした方にその時の気持ちや、やっておいたことなどを聞いてみました。

子育てに関する制度をフル活用し、早めに仕事復帰

妊娠中は貯金と主人の収入で家計をやりくりしていましたが、産後は子どもの育児費用も考えてすぐに働きたいと思いました。

貯金する余裕はないかもしれないけれど、少しでも家計を助けたいと考えたのです。会社の中では出産経験のある先輩ママさんがいたため、理解があり、まわりの協力を得て早く仕事復帰することができました。

また「仕事復帰してせっかく稼いでも、保育料で出ていくお金が増えるので意味がない!」と悩む友人の話も聞いていたので、いろいろな情報を集めました。

自身の勤める会社では、育児休暇・子育て支援・子育て中の時短勤務などの制度があったので、思い切って利用しました。さまざまな制度を上手に利用して、出費は最小限に抑え、収入を安定させようと思ったのです。

児童手当や乳幼児医療費助成など、自治体の手続きなどもすべて漏れなく申請することで助けられました。

復帰したいのなら認可外保育園も候補に

復帰するときに一番悩んだのが保育園問題。

認可の保育園に入れない場合は、仕事復帰までの期間を最大まで延長して待機児童、という話もたくさん聞いています。いざ自分が保育園を探し始めたときも、ほとんどの保育園に待機児童が数人いる状態でした。

私の場合は、早く仕事復帰することが最優先だったため、料金が少し高くなってしまいますが、認可外保育園を選択することに決めました。

不安もありましたが、いざ通わせてみると、人数が少ないので保育士さんはとても丁寧に対応してくれている印象を受けました。園児が少なく、年齢の違う子どもたちと過ごすことになるので、子どもも楽しんで過ごしてくれたようです。

産後の人が働くためにやっておくとよいこと

産後、早めに仕事復帰を希望する場合、事前にやっておいた方がよいことはどんなことでしょうか。

ここでチェックしてみました。

保育園申請(出産前から申請できる場合もある)

働き始める時期が決まっていても、いなくても早めに保育園を調べるようにしましょう。

まずは通わせたい保育園の情報を集めます。申し込みの時期や手続きの方法を把握していないと、希望の保育園に入るチャンスを逃すことになりかねません。

よくいわれているのは、入園する時期を4月にし、それに合わせて申請をすると、入園できる可能性が高いということ。基本的には1年を通して申し込みは可能ですが、入園の希望月によって申し込み月の指定がある場合がほとんどなので、確認しましょう。

保育園に申請を出したからといっても、確実に入園できるとは限りません。早めの準備と、下調べが重要です。

出産前に4月入所の申請ができる市区町村もあるので、自身の地区の役所で確認しましょう。

認可保育園の場合は、市区町村の役所で保育園の書類を受け取り提出します。認可外保育園の場合は、園で書類を用意しているので、園に直接提出します。

申請書類の記入漏れや、期日に遅れないように余裕を持って準備しましょう。

子どもが病気をしたときの預け先の確保を

子どもの熱

無事保育園に通い始めたら、次に頭を悩ませるのが子どもの体調不良です。

保育園の馴らし保育が終わり、やっと1日保育園に通えるようになったら、さまざまな病気にかかることがあります。初めての集団生活で、いろいろなウイルスをもらって来ることも増えてきます。

入園してしばらくは、子どもの体調不良で、保育園から呼び出しがかかることが多いでしょう。子どもが保育園をお休みするとなると、当然、自身も仕事を休むことになります。

夫婦共働きでフルタイム出勤の場合などは、あらかじめ子どもが病気のとき、夫婦で仕事をどうするかなど、対策案を話し合う必要があるでしょう。近くに親族がいて迎えをお願いできるのか、また近くに病児保育を行っている施設があるのかどうか、などを確認しておいてください。

入念な準備が最短の仕事復帰を後押し!

働く女性

産後すぐに働きたいママは、産後6週間を過ぎて必要な手続きを済ませていれば、最短で仕事復帰は可能です。

そのためには、妊娠中からきちんとした情報を集めて、準備することがとても大切になります。

あとはご自身の体調としっかり相談して、仕事復帰したいものですね。産後早くの仕事復帰は、想像以上にママへの負担が大きくなります。まわりの人からの協力を得て、無理のないような、働く計画を立てるのが長く働き続ける秘訣になるでしょう。

※記事内で使用している参照に関する内容は、2017年9月14日時点の情報となります。

仕事の関連記事
  • 子育てと仕事で疲れたときの家事は?思い悩まずリラックスする方法

    子育てと仕事で疲れたときの家事は?思い悩まずリラックスする方法

    仕事が終わっても家事や子育てに追われる毎日で「疲れた」と感じたとき、みなさんはどうしていますか?家事も子育ても毎日続いていくことだからこそ、どのように気持ちを切り替えてポジティブな方向へ転換していけるのかを考えてみました。

  • 妊娠したら知っておきたい!産休と育休の違い。いつ手当てはもらえるのか

    妊娠したら知っておきたい!産休と育休の違い。いつ手当てはもらえるのか

    妊娠したらぜひ夫婦で知っておくべきことのひとつが産休や育休、そして産休中にもらえる手当てのこと。出産と産後の育児においてさまざまな費用が必要になるため、このような制度や手当てを有効に活用するのがおすすめです。ここでは、産休と育休の違いやいつ出産手当金がもらえるのかについてご紹介します。

  • 産後、仕事復帰したくない、できないと感じたときの乗り切り方と対処方法

    産後、仕事復帰したくない、できないと感じたときの乗り切り方と対処方法

    産後、仕事復帰しようと考えているけれど「仕事したくない」と仕事に復帰するかを悩んでいませんか。「仕事に行きたくない」「できない」と思っているママたちがどのように乗り越えたか対処法を調査しました。働いているからこそ感じたママが働くメリットも紹介します。

  • 妊娠を機に仕事を辞める選択。ふさわしい時期やタイミングと会社への伝え方

    妊娠を機に仕事を辞める選択。ふさわしい時期やタイミングと会社への伝え方

    妊娠を機に仕事を辞めるという選択をする人も多くいます。仕事を辞めると決意したら、なるべく会社には迷惑にならないタイミングで上手に伝えたいものです。実際に妊娠中に退職した先輩ママは、どんな時期にどのように会社に報告したのでしょうか。退職を考えている妊婦さんに、体験談を交えて紹介します。

  • 育休の延長が2年になるのはいつから?申請条件などのポイントを確認

    育休の延長が2年になるのはいつから?申請条件などのポイントを確認

    育休(育児休業)が最長2年に延長できるようになるのはいつから?私にもあてはまる?など、妊娠中や子育て中、育休中の方にとっては気になる情報ですよね。子どもを保育園などに預けられない場合、どのように育休延長の手続きをすればよいのでしょう。育休について、ママたちの声と申請条件をご紹介します。

  • 妊娠して仕事を辞める時期やタイミング。妊娠後にかかるお金・制度を紹介

    妊娠して仕事を辞める時期やタイミング。妊娠後にかかるお金・制度を紹介

    最近は働く女性が多く、共働きの夫婦も増えましたね。仕事をしながら妊娠をした女性は、辞める時期やお金など、仕事を辞めることに対して不安を感じている方も多いのではないでしょうか。今回は仕事をしながら妊娠をした女性に向けて、仕事を辞める場合の準備やタイミング、妊娠時にかかるお金などについて考えてみました。

カテゴリ一覧