新生児の寝かしつけ。スムーズに寝かしつけるコツや便利なアイテム

新生児の寝かしつけ。スムーズに寝かしつけるコツや便利なアイテム

新生児の赤ちゃんの寝かしつけについて、悩んでいるママもいるのではないでしょうか。どのような方法で寝かしつけるとよいのかや、寝かしつけるコツを知りたい方もいるかもしれません。今回は、新生児期の寝かしつけに対するママの悩みと上手に寝かしつけるコツ、役立つ育児アイテムについてご紹介します。

新生児の寝かしつけの悩み

赤ちゃんがなかなか寝ない、寝てもすぐに起きてしまう、夜中に何度も起きるなど、寝かしつけについての悩みがつきない新生児期。

実際に新生児の寝かしつけでどのようなことに悩んでいるのか、ママたちに聞いてみました。

時間

寝かしつけにかかる時間は、赤ちゃんによってさまざまですが、1時間以上かけているママもいるようです。

早めに寝かしつけても、寝るまでに時間がかかるため、パパの帰宅時間と重なってしまい、物音でまた目が覚めてしまうといった声や、布団に寝かせたらすぐに起きるという繰り返しで、時間がかかってしまうという声もありました。

方法

iStock.com/paulaphoto
iStock.com/paulaphoto
新生児期はまだ生活リズムがついていないこともあり、どのような方法で寝かしつけをするとよいか手探りのママもいるかもしれません。

抱っこや授乳、背中をトントンする、歌を歌うなど、ママたちはいろいろな方法で寝かしつけをしているようです。なかには、どんな方法を試しても、うまく寝かしつけられずに困っているという声も聞かれました。

新生児を寝かしつける方法

それぞれの赤ちゃんに合った方法で寝かしつけられると、夜中に何度も起きず、ぐっすり寝てくれるかもしれません。

新生児の赤ちゃんを寝かしつける方法をまとめました。

抱っこ

一日のほとんどを寝て過ごすことも多い新生児期は、寝かしつけのために頻繁に抱っこをするママも多いかもしれません。

赤ちゃんを横抱きにして、ママが軽く足踏みをしたり、ゆっくり歩いたりすると、赤ちゃんも寝やすいようです。また、ママ自身が疲れないように、ソファや床に座って体勢を変えることも大切でしょう。ママのリラックスした気持ちが赤ちゃんに伝わって、寝やすくなることもあるかもしれません。

授乳

PR Image Factory/Shutterstock.com
PR Image Factory/Shutterstock.com
3時間おきの授乳のタイミングで寝かしつけ、リズムをつけるように意識したというママがいました。

ママの体と密着する授乳は、赤ちゃんもママのあたたかさを感じて安心して寝ることができるかもしれません。

子守唄

寝かしつけるときに子守唄を歌うことを習慣化することで、赤ちゃんも眠りに入りやすいようです。小さめの声でゆっくり歌ったり、抱っこと組み合わせたりすると、赤ちゃんの眠りを誘いやすくなったという声もありました。

新生児を寝かしつけるコツ

新生児の赤ちゃんを上手に寝かしつけるコツが知りたい方もいるでしょう。

ママたちに聞いてみると、寝かしつけをする際におさえておきたいことがいくつかあるようです。

入眠儀式を決める

iStock.com/Kyryl Gorlov
iStock.com/Kyryl Gorlov
新生児期からオルゴールやメリーの音楽をかけていたというママがいました。毎回決まった音楽をかけることで、赤ちゃんが今は寝る時間だと分かるようになるかもしれません。

音楽のほかにも、絵本を就寝時間の30分前に読み聞かせるなど、毎日同じ時間に、同じ手順で行うと、うまく睡眠へ導けるようです。

就寝前は穏やかに過ごす

スムーズに赤ちゃんが寝られるように、眠る前は心を落ち着かせて穏やかに過ごすことを心がけましょう。

ミルクや授乳でお腹を満たしてあげたり、おしゃぶりで安心させてあげてもよいかもしれません。添い寝など、スキンシップをとってから寝かしつけを始めるというママの声もありました。

睡眠環境を整える

夜寝る前は、光を落として暗くすると、赤ちゃんの気持ちの切り替えになるかもしれません。また、赤ちゃんは自分で上手に体温調節ができず、自分で服を脱いだり、布団をかけたりすることもできないため、部屋の温度は適温を心がけましょう。厚すぎたり、寒すぎたりしないよう注意することが大切なようです。

入眠を妨げないよう、おもちゃなどは寝る前に片付け、お気に入りのものだけを側に置いたという声も聞かれました。

新生児の寝かしつけで役立つアイテム

役立つアイテムを利用して、スムーズに寝かしつけられるように工夫してみてはいかがでしょうか。

おくるみ

iStock.com/dlinca
iStock.com/dlinca
通気性や保湿性などの素材にこだわったおくるみを使うママも多いようです。抱っこをするときに、おくるみを使用すると赤ちゃんが安心できるだけでなく、ママ自身も楽に抱っこできるかもしれません。

寝かしつけ用枕

寝かしつけ専用の枕は、赤ちゃんを優しく包み込むことができ、布団に寝かせるときも赤ちゃんが変化を感じにくく、再び起きてしまうことを予防できるようです。

授乳枕としても使用できて便利だったという声もありました。

ベビー用アロマ

夜泣き対策として、赤ちゃん専用のアロマを使用しているママがいました。

植物性の原料だけを使用しているものや、完全無添加のものなど、赤ちゃんに安心なアロマを選んで、ママもリラックスして寝かしつけができるとよいですね。

赤ちゃんに合った方法で寝かしつけよう

paulaphoto/Shutterstock.com
paulaphoto/Shutterstock.com
新生児期の寝かしつけは、時間や方法など、ママの悩みもさまざまなようです。抱っこや授乳、子守唄など、それぞれの赤ちゃんに合った寝かしつけの方法を探してみましょう。ママ自身が楽に寝かしつけできるよう、便利なアイテムを利用してみてもよいかもしれません。

また、入眠儀式を決めて、心穏やかにすることで、赤ちゃんをスムーズに睡眠へ導けるようです。照明や温度など、寝室の環境にも配慮しながら、赤ちゃんの寝かしつけを上手に工夫できるとよいですね。

2021年01月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ