友達みたいな関係の夫婦。良いことや関係のために意識すること

友達みたいな関係の夫婦。良いことや関係のために意識すること

友達感覚で生活をする夫婦とは、どのような関係の夫婦なのでしょうか。友達みたいな夫婦関係でよいと感じることや気になることの他、夫婦関係をよりよくするために意識したことについて聞いてみました。

友達みたいな夫婦とは

夫婦の仲がよく、友達感覚で家庭生活を送る夫婦のことを「友達夫婦」ということもあるようです。家庭でいっしょに生活する相手が友達みたいな存在であれば、毎日がとても楽しくなりそうですね。

ママやパパのなかには、友達感覚の夫婦がどのような様子で生活しているのかが気になる方もいるようです。友達みたいな夫婦の関わり方を知ることが、夫婦関係をよりよくするためのきっかけになることもあるかもしれません。

そこで今回は、友達みたいな夫婦についてお伝えします。

友達感覚の夫婦でよいと感じること

友達感覚で生活をする夫婦には、どのようなよさがあるのでしょうか。友達みたいな関係の夫婦に、よいと感じるころについて聞いてみました。

家庭の雰囲気がよくなる

家族での団らん
iStock.com/kohei_hara
30代ママ
1日の終わりに家で夫とゆっくりすごす時間が、私にとって一番心が安らぐ瞬間です。夫と友達みたいに仲良くしていると、子どもたちもとても嬉しそうで家庭の雰囲気がよくなります。
友達感覚の夫婦の仲のよさが、家庭内に穏やかな雰囲気をもたらしているというママの声がありました。ママとパパが友達みたいに仲良くすることで、家族みんなが幸せを感じられたらよいですね。

何でも話すことができる

30代パパ
私と妻は、よいことや困ったこと、仕事や子どものことなどを、友達みたいに何でも相談しあいます。楽しいことを共有していっしょにワクワクしたり、困ったときはアドバイスをしてくれたりする相手が近くにいてくれることがとても心強いです。
些細なことから大きなことまで、何でも話せることも友達みたいな関係の夫婦のよさのようです。何でも話すことができるのは、お互いの意見や考えを認めて信頼しあえているからこそかもしれません。

自然体でいられる

30代パパ
飾ることなく、ありのままの自分をさらけ出せる居心地のよさが、友達みたいな夫婦のよいところです。自分のことをよく理解してくれていると感じています。
取り繕うことなく自然体でいられるところが、友達みたいな関係の夫婦のよさだと感じるママもいるようです。他にも、気を許しあった友達といるような感覚で居られるので、楽な気持ちで生活できるというママの声もありました。

友達感覚の夫婦で気になること

友達感覚で生活を続けていると、夫婦間で気になる点が出てくることもあるようです。友達のような関係で生活をする夫婦に、どのようなことが気になるのかを聞いてみました。

同性の友達みたいな感覚

30代ママ
私たち夫婦は友達みたいに仲がよすぎて、夫から異性ではなく同性のように見られているのではないかと気になることがあります。居心地のよさばかりを優先しないように気をつけたいです。
友達感覚で生活を続けていると、同性の友達といるような感覚になることもあるようです。パパのなかからは、出会ったときの新鮮な気持ちを忘れないようにするために、スキンシップをとるようにしたり、たまにお洒落をして出かけたりするようにしているという声も聞かれました。

生活環境の変化

30代ママ
私たちは、結婚してからずっとお互いに自分の時間をもつことを大切にしてきました。最近子どもが生まれて、今までの生活スタイルとは少し違ったかたちになってきており、これから先も環境や時期によって夫との関わり方やすごし方が変わってくるのではないかと考えています。
友達みたいな関係で夫婦生活を送っていくなかで、お互いの考え方や理想の夫婦のあり方が変わることもあるかもしれません。パパのなかからは、夫婦の考え方がずれてしまわないように、定期的にお互いの気持ちを話しあうようにしているという声も聞かれました。

夫婦関係をよりよくするために意識したこと

会話をする仲のよい夫婦
iStock.com/Yagi-Studio

友達感覚で生活をする夫婦のように夫婦関係をよりよくするためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。よりよい夫婦関係を築くために意識したことについて、ママやパパに聞いてみました。

価値観を認めあう

30代ママ
妻と生活をしていくなかで、男女による考え方や価値観の違いを感じることがありますが、妻の考え方を否定することはありません。どんな時でも、お互いの価値観を認めあう気持ちをもつことが大切です。
よい関係を築きながら友達感覚で生活を続けていくために、相手の考え方や価値観を認めあうことを大切にしているパパもいるようです。ママのなかからは、気になることや大変と感じるポイントが、お互いに違うということを意識して生活するように心がけているという声も聞かれました。

感謝の気持ちを伝える

40代パパ
私たち夫婦が大切にしていることは、些細なことに対しても「ありがとう」の言葉をきちんと伝えることです。1日の終わりに、「今日も家事や育児をしてくれてありがとう。お疲れ様でした!」と毎日伝えています。
感謝の気持ちをしっかりと伝えることも、友達みたいによい夫婦関係を続けていくために大切なことなのかもしれません。口にしなくても相手はわかってくれるだろうという考え方をしないように意識しているというママの声もありました。

積極的にコミュニケーションをとる

40代パパ
我が家では、友達みたいにくだらない話をしたりジョークを言いあったりする時間も大切にしています。家族みんなの笑顔を引き出してくれる夫には、感謝の気持ちでいっぱいです。
よりよい夫婦関係を続けていくために、積極的にコミュニケーションをとることを大切にしているママもいるようです。ちょっとしたことでも話をしてくれると、相手が自分を認めてくれていると感じることもあるかもしれません。

パパのなかからは、夫婦で共通の趣味をもつことでコミュニケーションをとることが多くなったという声も聞かれました。

お互いを尊重しあえる夫婦関係を築き家庭を円満に

友達みたいな笑顔の夫婦
iStock.com/kyonntra

友達みたいな夫婦のママやパパからは、家庭の雰囲気がよくなることや何でも話せる相手が側にいることの他、ありのままの自分でいられることなどが、友達感覚の夫婦のよいところだという声が聞かれました。仲がよすぎるがゆえに同性の友達みたいな感覚になったり、考え方や価値観が変わったときにどうしたらよいのか考えたりすることもあるようです。

日頃から感謝の気持ちを伝え積極的にコミュニケーションをとり、お互いの価値観を認めあいながら、友達みたいな夫婦関係を築いていけるとよいですね。

2020年03月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧