1歳児が物を投げる、叩くのはどのようなとき?ママたちが考える理由

1歳児が物を投げる、叩くのはどのようなとき?ママたちが考える理由

癇癪を起こしたときの子どもへの対処法

1歳の子どもが物を投げる、叩くなどの癇癪を起こしたときの対応に困っているママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、1歳の子どもがどのような場面で物を投げたり叩いたりしているのかや、その理由についてママたちが感じてること、実際にどのように対処したのかなどを体験談を交えてご紹介します。

物を投げる、叩くなど1歳の子どもの癇癪に関する悩み

1歳児の子育てをしていると、子どもが気に入らないと物を投げる、思い通りにならないと癇癪を起こしてお友だちを叩くことがあるといった行動が心配なママもいるかもしれません。なかには、子どもたちがなぜそのような行動をとるのか理解できず、対処に困ってしまっているという方もいるのではないでしょうか。

1歳の子どもたちが物を投げる、叩くシーンや、ママたちが感じている原因、実際に物を叩いたり投げたときにはどのように対処しているのかなどについてママたちの体験談をご紹介します。

1歳の子どもが物を投げる、叩くシーン

1歳児が物を投げる、叩く場面についてママたちに聞いてみました。

遊んでいるとき

40代ママ
娘はおもちゃをうまく扱えないとき、おもちゃを叩くことや周りの物を投げることがあります。子育てセンターなどに出かけたときなどは、物を壊したりお友だちにぶつけたりしないかとヒヤヒヤしてしまいます。
遊んでいて自分の思い通りにいかないときに、物を投げる、叩くなどの様子が見られるというママの声がありました。遊んでいると楽しくなって物を投げることがあり、お友だちにケガをさせないかが心配なママもいるようです。

食事のとき

食事
szefei/Shutterstock.com
20代ママ
1歳2カ月の息子は「ごちそうさま」が大嫌いで、毎食ごはんを食べ終わると泣きわめいて私を叩きます。3回の食事では量が足りていないのかと思い、おやつも増やしましたが、それでも叩くのでついついごはんを多くあげてしまいます。
30代ママ
娘は食事中、私の持っているお箸やお茶碗が気になるようで欲しがります。持つと危ないと思い渡さないでいると、怒ってお皿や食べ物を投げるので困っています。
1歳の子どもが食事のときに、ごはんをもっと食べたい、大人の食器を触ってみたいなどの様子でママを叩く、物を投げることがあるという声がありました。他にも、スプーンやフォークをうまく使えなくて食事の途中で投げてしまうとの声もありました。

外出先、公共の場で

40代ママ
1歳の息子はいろいろな物に興味をもって触りたい時期のようです。スーパーやデパートなどで手を触れられない物があると泣きわめいて私を叩くこともあります。気になる物を持っていると落ち着くようだったので、不要でしたが仕方なく購入したことがあります。
買い物をしているときに、1歳の子どもが思い通りにいかずママを叩くことがあるという声がありました。他にも、図書館で本を投げようとしたことがあり、他の子どもにあたらないかや、本を壊してしまうのではないかが心配だという声も聞かれました。

ママたちが考える1歳の子どもが癇癪で物を投げる、叩く理由

1歳の子どもが物を投げる、叩くのにはどのような理由があるとママたちは考えているのでしょうか。

ママの反応を見たいから

40代ママ
私が夕飯の準備中などの忙しくてかまってあげられないと、物を投げてくるときがあります。1歳の息子は甘えん坊なので「もっと遊んで!」という気持ちの表れではないかと思っています。
1歳の子どもが物を投げるのは、ママに注目して欲しいからではないかと考えているママがいました。物を投げることで子どもなりに一生懸命ママへアピールしているのかもしれませんね。

言葉では伝えられないから

子供 泣く
leungchopan/Shutterstock.com
30代ママ
1歳半の娘は、何か気に入らないことがあると大声を出して物を叩くことがあります。前後の行動から何が嫌なのか推測できることもありますが、ほとんどは何が気に入らないのかがわからず、本人ももどかしく感じているのではないかと感じています。
1歳の子ども自身も何が気に入らないのか、どうしてよいかわからず、言葉で表すこともできないので物を叩くのではないかと考えているママがいました。機嫌よく遊んでいると思ったら突然物を投げることがあり、よく見ていると眠くなっていることを言葉で伝えられずに物を投げるようだと気づいたとの声がありました。

物を投げる、叩く1歳児へのママたちの対処法

1歳児が物を投げる、叩くことに、ママたちはどのように対処しているのか聞いてみました。

子どもの気持ちを受け入れ、一旦落ち着かせる

30代ママ
1歳の息子が泣いて物を叩いたり投げたりしたときは、そばに行って抱きしめています。そして「〇〇したかったんだね」と子どもの気持ちを認めるようにしています。
1歳の子どもが物を投げる、叩くなどしたときに、抱きしめたり気持ちを受け入れてあげたりすることで、子どもの気持ちを落ち着かせているというママの声がありました。声をかけるときはママ自身も感情的にならないように、深呼吸をしてから話すようにしているママもいるようです。

投げられた物や叩かれた人の気持ちを代弁する

40代ママ
1歳の娘がおもちゃを投げたり叩いたりしたときは、「おもちゃが痛いって言ってるよ~」と悲しい表情を見せています。私が悲しい表情をすると子どもの手が止まることがありました。
投げられた物の気持ちを伝えることで対処しているという声がありました。すぐには理解しなくても、ママが繰り返し言うことで少しずつ伝わるかもしれません。

場所を移動する

20代ママ
子育て支援センターでお友だちとおもちゃの取りあいになり、突然相手のお友だちを叩こうとしたことがありました。止めに入ると周りの物を投げ始めたので、一旦支援センターの外に出て、景色を見るようにしたところしばらくすると本人も落ち着いたようです。
外出先で物を投げる、叩くなどの様子がみられたときに1歳の子どもが落ち着くまで、場所を移動したというママの声がありました。自宅の場合は、廊下や庭に出て気分を変えるようにしているママもいるようです。

1歳児の気持ちに寄り添って対応しよう

ママと子供
Syda Productions/Shutterstock.com
1歳の子どもが物を投げる、叩くなどの癇癪は遊んでいるときや食事中、外出中などさまざまなシチュエーションで起こるようです。理由については、子どもがママの反応を見たいから、言葉で伝えられないからなどの考えが聞かれました。

実際に物を投げる、叩くなどの様子が見られるときは子どもの気持ちを受け止めてあげる、物の気持ちを代弁する、場所を移動するなどの対策を取るとよいかもしれません。1歳児の癇癪は、子どもの気持ちに寄り添いながら対応できるとよいですね。

2020年02月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧