家族で泊まるホテルを選ぶとき。プールで遊ぶなどのすごし方

家族で泊まるホテルを選ぶとき。プールで遊ぶなどのすごし方

家族で楽しめるホテルの選び方

家族で泊まるホテルを選ぶとき、プールや貸切の露天風呂があるなどさまざまな種類のホテルがあり、どこに泊まろうか悩むママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、家族で泊まるホテルの選び方や、温泉に入るなどホテルでのすごし方の他に、ホテルに行くときに意識していることについて体験談をご紹介します。

家族でホテルに泊まるとき

旅行など家族で泊まるホテルを探すとき、数多くのホテルのなかからどのホテルを選ぼうか迷うママやパパもいるのではないでしょうか。

ママたちに話を聞くと、家族で泊まるホテルはどのようなことをポイントに選んだらよいのかや、子どもとホテルでどのようなことをしてすごしたらよいのかなど気になる方がいるようです。

そこで今回は、家族で泊まるホテルについてママやパパたちの体験談をお伝えします。

家族で泊まるホテルを選ぶときのポイント

フロント
dotshock/Shutterstock.com

家族で泊まるホテルはどのようなことをポイントに選んでいるのかママたちに聞いてみました。

ホテルに泊まる目的

40代ママ
私は、ホテルを選ぶときは旅行の目的を考えるようにしています。観光目的の旅行の場合はホテルですごす時間は短くなるので最低限の設備があるホテル、ホテルでゆっくりしたいときは、プールや温泉などの施設が充実しているホテルを選びます。
目的にあわせてホテルを選ぶようにしているママがいるようです。他には、家族の誕生日を祝うために泊まるホテルを選ぶときは、バースデーケーキの用意などのサービスの内容を確認して選んだというパパの声もありました。

子ども向けのサービス

30代ママ
子どもとの旅行は荷物が多くなってしまうので、おむつや離乳食を用意してくれるプランがあるかを確認してホテルを選びます。以前、客室にベビーベッドを用意してもらえたり、温泉にベビーチェアがあったりしたホテルでは、快適にすごすことができました。
家族で泊まるホテルを選ぶときは、子ども向けのサービスや設備があるかも大切なポイントのようです。ママのなかからは、子ども向けのサービスがあるホテルは、子連れの宿泊客が多いので、周りの人に気を使いすぎずにゆったりとすごせるように感じるという声も聞かれました。

ホテルの立地

30代パパ
家族旅行で泊まるホテルは、周辺に観光スポットや商業施設があるかをポイントに選びました。旅行中は徒歩と電車の移動になるため、子どもが疲れたら一度ホテルに戻って休んだり、ホテルの周辺に飲食店が多かったりと便利でした。
旅行中の移動がしやすいように、観光スポット周辺のホテルを選んだパパがいました。他には、リフレッシュのために、普段とは違った自然豊かな場所にあるホテルを選ぶというママの声もありました。

ホテルでのすごし方

ホテルライフを満喫したいと考えるママやパパもいるかもしれません。家族でホテルに宿泊するときは、どのようなことをしてすごしたらよいのでしょう。

温泉を楽しむ

20代ママ
1泊2日で家族旅行をしたときは温泉のあるホテルを選びのんびりとすごしました。貸切の露天風呂に家族みんなで入り、景色を眺めたのはよい思い出になりました。
温泉や露天風呂に入り日頃の疲れを癒すのもよさそうです。ママのなかには、普段ホテルに泊まることはあまりないが、普段がんばっているご褒美として露天風呂つきの客室で贅沢にすごしたという声もありました。

ホテルのプールで遊ぶ

30代ママ
先日1泊2日の家族旅行で宿泊したホテルでは、滞在中のほとんどの時間をプールですごしていました。大きな波の出るプールやウォータースライダーなどさまざまな種類のプールがあったので、子どもも大人も疲れるまで遊びました。
プールがあるホテルの場合は、プールで遊んですごすのも楽しそうですね。ママのなかからは、雨で元々予定していたことができなくなってしまったときに、ホテルのプールで遊んだという声も聞かれました。

アクティビティを楽しむ

アクティビティ
Suzanne Tucker/Shutterstock.com
40代ママ
3泊4日で沖縄へ家族旅行をしたときに泊まったホテルでは、マリンスポーツやクラフト体験など数多くのアクティビティが用意されていました。ホテルから出ることなく、さまざまなアクティビティを楽しむことができて充実したホテルライフでした。
ホテルによってさまざまなアクティビティを用意されている場合があるようです。他には、ホテルのお仕事体験やアスレチック、乗馬などのアクティビティを楽しんたという声もありました。

家族でホテルに行くときに意識していること

家族でホテルに滞在するときはどのようなこと意識したらよいのでしょう。ホテルに行くときに意識していることをママたちに聞いてみました。

余裕をもって行動する

30代ママ
我が家は、ホテルに行くときは時間に余裕をもって行動するようにしています。特に朝食がビュッフェの場合は時間帯によって混みあい、席に案内されるまで待ったり料理を取りにくかったりしするので、朝食の時間にあわせて朝の身支度をするようにしています。
時間に余裕をもって行動することを意識しているママがいるようです。他には、子どもがいると急にトイレに行きたくなるなど予定通りにはいかないことが起こるかもしれないので、余裕をもってスケジュールを立てるように心がけているという声もありました。

お願いすることは事前にホテルに伝えておく

40代ママ
ホテルに宿泊するときはなるべく快適にすごしたいので、事前にホテルに電話をして用意しておいてもらいたいものを伝えておくようにしています。事前に連絡をしておくと客室に入ったときにはすでに用意されているので、ホテルに行ってからの手間や時間がかかりません。
事前にホテルに連絡をして、お願いしたいことを伝えているママがいるようです。ホテルの備品には数が限られている場合もあるので、事前にお願いしておくとよいかもしれません。

ママのなかには、誕生日や記念日のサプライズを事前にホテルにお願いしておいたという声もありました。

家族で楽しめるホテルに泊まろう

ベッドではしゃぐ家族
Rawpixel.com/Shutterstock.com

家族で泊まるホテルを選ぶときは、宿泊の目的や子ども向けのサービスがあるかなどをポイントにするとよいようです。ホテルでは、プールで遊んだり家族で貸切の露天風呂に入るなど温泉を楽しんだりするとよいかもしれません。

ホテルにお願いしたいことを事前に連絡しておくなどして、家族て楽しく快適に泊まれるとよいですね。

2019年12月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧