イヤイヤ期の子どもが保育園を嫌がるときはどうする?ママたちが取り入れた対策

イヤイヤ期の子どもが保育園を嫌がるときはどうする?ママたちが取り入れた対策

ママたちがイヤイヤ期に心がけたこと

イヤイヤ期の子どもを保育園に通わせているパパやママのなかには、朝の忙しい時間に保育園に行かないと泣く、帰らないというなどの困った経験をした方もいるのではないでしょうか。今回は、イヤイヤ期の子どもが保育園を嫌がるシーンやママたちが取り入れた対策、心がけたことを体験談を交えてご紹介します。

イヤイヤ期の子どもが保育園を嫌がるシーンは?

leungchopan/Shutterstock.com

保育園に通わせているママやパパのなかには、子どもがイヤイヤ期に入ったことで困る場面が増えたと感じる方もいるようです。イヤイヤ期の子どもが保育園を嫌がるシーンにはどのようなものがあるのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

朝の準備をしない

1歳男児ママ
朝ごはんのイヤイヤは困りました。せっかく朝ごはんを準備しても気にいらないと泣き出すこともありましたし、時間がかかるので食べさせようとすると「自分でやる!」と主張され、どうしようかと毎日頭を抱えていました。
朝の準備が進まないと、ママやパパも困ってしまうかもしれません。忙しい朝に服を着たがらない子どもに対してつい怒ってしまい、保育園に送った後にいつも反省してしまうというママもいました。

保育園に行かないと大声で泣く

3歳女児パパ
毎日、出発前になると「保育園に行かない!」と大騒ぎです。あれこれ工夫しながら、妻と交互に送っていっています。準備はスムーズにしてくれるのに、家を出る直前になって泣くので不思議です。
2歳男児ママ
車で送迎していましたが、保育園の駐車場につくと毎日大泣きしていました。車にしがみついて動かなくて困っていたときに、お友だちのママが声をかけてくれて登園できたこともありました。
子どもに大声で泣かれてしまうと周囲の目も気になってしまい、どのようにしたらよいのか対応に悩んだ経験のあるパパやママもいるようです。周囲のちょっとした声がけで子どもの気持ちが切り替わって助かったという声も聞かれました。

お迎えに行っても帰りたがらない

30代ママ
朝は「保育園に行かない」と駄々をこねるのに、迎えに行けば「帰らない」と大声で泣く時期がありました。イヤイヤ期だとわかってはいましたが、仕事の都合やほかの兄弟もいたので、葛藤の毎日でした。
お迎えに行ってイヤだといわれ、困ってしまうママもいるようです。園によっては帰り際に園庭で少し遊んでいけるところもあるようですが、降園時間が決まっており、子どもを抱えて帰ったことがあるというママもいました。

イヤイヤ期に保育園を嫌がるときに取り入れた対策

szefei/Shutterstock.com

イヤイヤ期の子どもが保育園を嫌がるとき、ママやパパたちはどのような対策で乗り切っているのでしょうか。ママたちの体験談を聞いてみました。

ゲーム感覚で準備をする

3歳男児ママ
朝の準備を嫌がったので、「どっちが上手にご飯を食べられるかな?」「お着替え競争をしよう」などの声をかけ、ゲーム感覚で準備しました。わざと私が負けて大げさに悔しがると、翌日も「ママ、競争しよう!」と楽しそうに準備をしていました。
忙しい朝の準備をゲームにすることで、子どもも遊びとして楽しく取り組めるかもしれませんね。毎朝準備ができたら貼るように、子どもの好きなキャラクターのシールを用意したところ、喜んで身支度するようになったというママの声もありました。

遊ぶ時間を設ける

3歳男児ママ
登園前のイヤイヤがひどいときは、保育園まで子どもといっしょに歩いて行きました。道端に咲く植物をいっしょに観察したり、歩きながら歌ったりすることで、私も子どもも気持ちにゆとりを持つことができました。
パパやママとしっかり遊ぶ時間を設けることで、子どもも満足して保育園に行くようになったという声がありました。帰りに公園で遊んで帰ろうと約束して、保育園に送り出すようにしているママもいました。

お別れは早めに済ます

1歳男児ママ
保育園で先生に引き渡すときは毎朝号泣していました。最初は私も後ろ髪を惹かれる思いでしたが、姿が見えなくなればケロリと遊んでいると聞き、それからは早めにバイバイして園を出るようにしています。
子どもが保育園を嫌がって泣くと、ついついお別れの時間が長くなってしまうというママもいるかもしれません。ママが思い切ってバイバイすることで、子どもも早めに気持ちを切り替えることができそうですね。

保育園に通うイヤイヤ期の子どもに対して心がけたこと

イヤイヤ期の子どもを保育園に通わせているパパやママたちは、子どもが楽しく園に通うためにどのようなことを心がけていたのでしょうか。

子どもの話を聞く

2歳男児ママ
子どもの主張によって叶えてあげられないこともありますが、まずは話をちゃんと話を聞くよう心がけています。イヤだったという子どもの気持ちに寄り添うことは大事なことだなと思っています。
他にも、嫌がって大泣きするときは、できるだけ何もいわず泣き止むのを待つようにしていたママもいるようです。子どもの気持ちを1度受け止めてあげると、スムーズに気持ちを切り替えられたいう声もありました。

保育園の先生との連携を密にとる

2歳女児ママ
保育園の先生にお便り帳などを使って子どもの様子を伝えていました。保育園での様子も教えてもらうことができ、とてもありがたかったです。イヤイヤ期の子どもをいっしょに育ててくれる人がいると思え、私の心の支えにもなりました。
先生と上手に連携をとることで、子どもとの関わりがお互いにスムーズになったという声が聞かれました。先生から保育園でがんばっている様子を教えてもらうことで、家でのイヤイヤにも広い心で向き合えたというママもいました。

完璧を目指さない

3歳女児ママ
娘は私が選んだ服を毎朝嫌がっていたので、自分で選ぶようにしてみました。季節外れでおかしなコーディネートの日もありますが、子どもがそれで満足そうなので、私も少し楽になりました。
親が完璧を目指さず、子どもにある程度任せることで、お互いが少し楽になったと感じるママもいるようです。イヤイヤ期もいつか終わるのだと考えれば、今は完璧ではなくてもよいと思えるかもしれませんね。

体調の変化には注意する

1歳男児ママ
睡眠をたっぷりとるためにも、早寝早起きを心がけました。スッキリと起きた朝は子どもの機嫌もよく、保育園に行く準備もスムーズにできます。
イヤイヤ期の子どもは寝不足や体調不良などを言葉で伝えられず、保育園を嫌がるなどの行動で表すこともあるようです。体調が優れないとイヤイヤの回数が増えるため、子どもの様子がいつもと違うときは早めに休ませるようにしたというママの声もありました。

保育園に通う子どものイヤイヤ期に寄り添おう

szefei/Shutterstock.com
イヤイヤ期を迎えると、保育園に行かないと朝から泣く、帰らないとぐずることもあるようです。時間に追われて焦ってしまうこともあるかもしれませんが、この時期だけのものだと捉えると、広い心で向き合ってあげられそうです。保育園の先生との連携を密にとりながら、イヤイヤ期の子どもの通園をしっかりサポートしてあげられるとよいですね。

2019年11月23日

専門家のコメント
8
    こまち先生 保育士
    我が家は朝ごはんを定番化していて、毎日トーストかおにぎりのどっちか。チーズトーストが好きなのでチーズをのせてもらうお手伝いを、おにぎりは100均の振ると丸いのができる物を渡して自分で作らせています。登園前のグズグズは、親も時間との戦いでイライラしてしまいますよね。。時間に余裕があれば付き合いますが、そうもいかない時は家からクラスまで抱えて行きました(笑)最近は長男が走って、親は自転車で追いかけてというリクエストが頻繁なので、時計にシールをつけたり数字を教えて「長い針がここに来るまでに準備できたらいいよ」って約束をしています。帰らない、には先生を使ったり(笑)少し遠回りだけど電車を見れるルートにしてみたり、朝よりは時間があるので付き合ってあげています。あとは家でのお楽しみを何か考えて誘ってみたりしています。
    ゆう先生 保育士
    イヤイヤ期は子どもが成長するうえで必ず通る道ですよね。乗り越えた時には必ず精神的に成長します。長い目で見たら、子どもにとっても大人にとっても人生のとても短い期間です。永遠に続くものではないと気負わずいてほしいです。
    なつまる先生 保育士
    保育園を嫌がっても それはイヤイヤ期! とりあえず保育園に連れてきちゃいましょ★ いつも仲良くしてるお友達、大好きなおもちゃがあればすぐにご機嫌になるはずです!
    ゆか先生 保育士
    この間まで私の下の子もイヤイヤ期真っ最中でした。今振り返ると3歳に近づくにつれて、私の言うことも聞き入れてくれるようになってきた気がします。 イヤイヤ期真っ最中は、何か1つ度、気に入らなかったら、どこであれひっくり返って怒っていました。 自分の仕事前など、時間がないと心にゆとりもなくなり、子どもを怒ってしまうことも多々ありました。やはり時間のゆとりは心のゆとりなので、ある程度時間にゆとりをもって、関わることが一番大切なのかと思います。 子供がなぜイヤなのか、何がイヤなのか、理解してあげ、「イヤだったね、じゃあこうしようか」とイヤな気持ちを大人が理解し、言葉化して、提案することによって、子どもも、また気持ちが晴れるのではないかと、思います!
    うーちゃん先生 保育士
    朝の登園でのイヤイヤは、ママたちの悩みの永遠のテーマのようで、毎日のように見られる光景です。 ごきげんでの登園にするには、充分な睡眠時間や目覚めからどれだけ大人に余裕があるか、が大きな鍵のような気がします。 それから、夕方帰らない!と困らせているお子さんは、だいたい朝も行きたくない!とごねているので、これはママやパパに対して、注目してほしい、かまって欲しい、という気持ちの現れでもあります。 親子でゆっくり向き合える時間を、5分でもいいので取ってあげて、 『保育園楽しんで来てね! ママもお仕事頑張ってくるからね!』と お話ししてあげて欲しいなと思います。
    なー先生 保育士
    イヤイヤ期は大人は振り回されてしまい、大変ですよね。 なぜイヤイヤ期があるのか、勉強したことがあります。赤ちゃんはお腹の中にいる時に、お母さんが産みやすいように、頭を小さくして生まれようとするそうです。その時に感情を司る前頭葉の部分を小さくしていて、生まれてから成長していくそうです。そこでまだ脳が成長しきっていない時期で、感情がコントロール出来ず、イヤイヤ!ということがあるそうです。 記事やコメントにもありましたが、ゲーム感覚で今だけと思って楽しめると良いですよね。あと保育士も存分に頼ってもらえたら園やおうちでの様子を共有出来て、良いと思います!!
    わい先生 保育士
    イヤイヤ期に保育園に行くの嫌!!と子どもが泣いてしまうと、辛いですね。 でもお母さんと離れて少しすれば泣き止んで遊んでいる子がほとんどです。朝は離れるのが辛くなりますが、泣いて園に連れてきてもらっても大丈夫ですよ。子どもだって大人一緒、仕事に行きたくないと思うことありますよね!?それが子どもは園に変わるだけ大人のように嫌なときもあります♥️でも、大人のように感情をコントロールして嫌でも行く。ができないから泣いてしまうのです。 子どもの嫌な気持ちは受け止めてあげてください。「園に行くの嫌だね。でも、お仕事行かないといけないの。終わったらちゃんと迎えに行くから遊んで待っててね🎵」と言ってあげてください。 また、赤ちゃんのように手もかからなくなり大人にもそれなりに時間ができるようになってきます。それなのに、このイヤイヤ期!!がくるとイラっとしてしまいます。それは、やっとできた時間が!!となるからですね。 子どもはできることも増えますが、まだまだ小さい子です。感情もコントロールできないし、できると思ったことができないし!!子どもたちも頑張って戦ってるんですよ✨頑張れと応援する気持ちで関わってあげてください。
    すあま先生 保育士
    登園を嫌がるとき、降園を嫌がるとき共に、まずはクラス担任に相談することを(私は)オススメします。 登園後・日中・降園前の状態を一番把握しているのは(通常は)クラス担任です。特に問題なく一日を過ごせているようであれば、イヤイヤ期を乗り切るためのテクニックを尋ねてみるのはどうでしょうか?経験豊富な主任の先生や園長先生も、効果的な対処法を知っているはずです…! 日本だけでなく、諸外国の親御さんも子どものイヤイヤ期には大いに困っています(^^;)保育士も対応に苦慮することは珍しくありません。そんな時、ご家庭からの情報が解決のヒントになることもあります。ご家庭と保育園との二人三脚で乗り切っていくのも効果的なプランです…!
おすすめユーザーのコメント
1
    🍀まり🍀
    イヤイヤ期にとことん付き合う。でも、忙しいですよね。 ママの焦りがかなり伝わるみたいなので、なるべくゆとりを持つようにしています。

家族の関連記事

カテゴリ一覧