【まめと私】第60回 今更とりこに!サバ缶の魅力

【まめと私】第60回 今更とりこに!サバ缶の魅力

<毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第60話です。

横峰沙弥香
まめと私60話_横峰沙弥香
子ども達が寝付くまでの時間ってなにかとバタバタしがちで
しかもそのバタバタの内容が説明不可能
そういう忙しさってじわじわと身体にくる

最近は子どもたちの体力もついてきて
やっとの事で子どもたちが寝付いた後はもう心身疲労困憊、
自分の夕食なんてどうでもいいやという気持ちになってしまっていることも多いです。

子どもと一緒に食べればいいじゃん、なんて昔は思っていましたが
2歳のゆめこが絶賛自分でやりたい期なもので
食べている途中の事故防止や片付けなどで
自分の食事をとる隙がないのです。

そんなある晩、ふと目についたサバ缶を
苦し紛れにトマトジュースとコンソメで煮込んでみました。
どこかのレシピサイトで見た気がする、その記憶だけが頼りだったのですが
あまりに美味しくて驚きました

炒めた玉ねぎを加えても美味しい
キャベツのみじん切りなんかを入れても素敵!

しかも栄養があるというのだから嬉しいものです。

パスタやお米とも相性がいいため
アレンジしながら楽しんでいます。

喜んで食べる私の姿を見て
興味を持ったらしいまめとゆめこも今ではすっかりサバ缶の虜!

これはいざという時のための非常食として買い込んでいたものだったのですが
サバ缶の味に慣れてくれたことで結果よかったとも思います。

非常時に食べるものが初めてだと子どもはなかなか食べられないかもしれない
特に偏食なまめは初めて見る食べ物に対する警戒心が半端ないですし……
いつなにが起こってもなんでも食べられるように、という意味でも
缶詰やインスタントものなどたまには取り入れて
気楽に献立を回していこうと思いました(ガッツポーズ)
No Image

横峰沙弥香

まめと私の記事一覧(バックナンバー)

イラストレーター。2015年に生まれた3歳の息子まめくん(愛称)とのほっこりかわいらしいエピソードを連載。2017年8月に第二子ゆめこさん(愛称)を出産し、連載にも登場し横峰家の子育てや家族のエピソードを執筆。Instagramでは30万人以上のフォロワーで人気沸騰中。新刊に「まめ旅inハワイ」(光文社)を発売中!

ブログ:まめらいふ
Instagram:@sayakayokomine

2019年10月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧