子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

生後3ヶ月のギャン泣きはいつまで?お風呂や寝る前などよく泣く場面とママたちの対処法

生後3ヶ月のギャン泣きはいつまで?お風呂や寝る前などよく泣く場面とママたちの対処法

生後3ヶ月の赤ちゃんのギャン泣きはいつまで続くのか気になるママもいるかもしれません。今回は、ギャン泣きはいつまで続いたのかやお風呂や寝る前などの赤ちゃんがよく泣く場面、泣く理由やギャン泣きしたときの対処法をママたちの体験談を交えてご紹介します。

生後3ヶ月のギャン泣きはいつまで?

生後3ヶ月の頃に、赤ちゃんがギャン泣きをすることで悩むママもいるのではないでしょうか。実際に、生後3ヶ月の頃のギャン泣きはいつまで続いたのか、ママたちに聞いてみました。

「いつまでギャン泣きするのか悩んでいましたが、うちの場合は4ヶ月頃から少しずつ落ち着いてきました」(20代ママ)

「生後3ヶ月頃によく泣くことがありました。ギャン泣きがいつまで続くのか困っていましたが、5ヶ月の頃には治まってきたように感じます」(30代ママ)

生後3ヶ月の頃のギャン泣きがいつまで続くのかが気になっていたママもいるようです。ママたちに聞くと、赤ちゃんが大きくなるにつれて落ち着いたという声もありました。ギャン泣きがいつまで続くのかは、赤ちゃんによってさまざまかもしれません。

生後3ヶ月の赤ちゃんがよく泣くのはどんなとき?

生後3ヶ月の赤ちゃんが、実際にどんなときによく泣いていたのかをママたちに聞いてみました。

夕方

「夕方、子どもと家に2人でいるときによく泣いていました。いつも決まった時間帯に泣くことが多かったので、黄昏泣きなのかと思いました」(20代ママ)

「日中機嫌よく過ごしていても、夕方の決まった時間帯にギャン泣きすることがありました」(30代ママ)

夕方になるとよく泣くと感じたママもいるようです。昼間外出しているときは機嫌がよかったのに、夕方帰宅するとよく泣いていたというママの声もありました。お昼寝が短いときなど、夕方に眠くなることで泣く赤ちゃんもいるのかもしれません。

お風呂

iStock.com/Image Source

「お風呂が好きではないのか、お風呂に入れているときによく泣いていました」(40代ママ)

「機嫌がよいときにお風呂に入れるようにしていましたが、服を脱がせてお風呂へ連れていくとよく泣いていました」(30代ママ)

生後3ヶ月の頃、お風呂の時間によく泣いていたというママの声もありました。湯船に浸かるときに泣いたり、頭にシャワーをかけるとギャン泣きしたりと、赤ちゃんによってお風呂で泣くタイミングはさまざまなようです。

寝る前

「寝る前になるとよく泣く子でした。いつまでも泣き止まないと、私も眠いので困ってしまいます」(30代ママ)

「生後3ヶ月の頃は、昼も夜も、寝る前になると毎日ギャン泣きでした。いつまでも抱っこしていると腕が疲れてしまい、家の中にいても抱っこ紐を使うこともありました」(20代ママ)

生後3ヶ月の赤ちゃんは寝る前に泣くことがあるようです。他にも、外出先でのお昼寝や、ママの実家に泊まったときなど、普段と違う場所で眠くなったときによく泣くことがあったというママの声もありました。

ママたちが考える生後3ヶ月の赤ちゃんが泣く理由

生後3ヶ月の赤ちゃんが泣く理由にはどのようなことが考えられるのか、ママたちに聞いてみました。

お腹が空いた

「オムツが汚れていないときは、お腹が空いたときに泣くことが多かったです。授乳する回数を増やしたり、1度の授乳時間を長めにとったりして対応していました」(20代ママ)

「授乳時間を決めていましたが、ギャン泣きするときは授乳の時間が近いことが多かったので、お腹が空いて泣いているのかと考えました」(30代ママ)

生後3ヶ月の赤ちゃんがお腹が空いているときに泣くことがあると考えるママもいるようです。お腹が空いているときに、しゃっくりなどでうまくおっぱいが飲めないときに泣いたというママの声もありました。

寝ぐずり

iStock.com/yu-ji

「生後3ヶ月になって、寝ぐずりをすることがありました。眠いのになかなか眠れないときによく泣いているように感じました」(40代ママ)

「寝る前になるとよく泣くので、寝ぐずりなのかなと思いました」(30代ママ)

生後3ヶ月の赤ちゃんがよく泣く理由のひとつに、寝ぐずりを考えるママもいるようです。眠いとすぐに寝られていた赤ちゃんが、生後3ヶ月になってからは、眠そうにしながらぐずり泣きすることが続いたというママの声もありました。

甘えたい

「泣いているときに抱っこしたり、体を触ったりすると落ち着くこともあったので、甘えたくて泣くこともあるのかなと思いました」(30代ママ)

「料理や洗濯などで子どもの傍を離れているときに泣いていると、抱っこしてほしかったり、かまってほしかったりするのかもしれないと考えました」(20代ママ)

甘えたい気持ちから赤ちゃんが泣くこともあると考えるママもいるようです。泣いている赤ちゃんに体を密着させたり、スキンシップを取ったりすると落ち着くこともあるかもしれません。

生後3ヶ月の赤ちゃんがギャン泣きしたときの対応

生後3ヶ月の赤ちゃんがギャン泣きしたとき、ママたちはどのような対応をしていたのでしょう。

授乳する

「子どもが泣いたときは授乳していました。お腹がいっぱいになると機嫌がよくなったり、そのまま眠ったりすることもありました」(20代ママ)

「子どもがギャン泣きしたときは授乳することもありました。子どもが自分で口を離すまでゆっくりと授乳の時間を作ると、泣き止んで笑ってくれました」(30代ママ)

生後3ヶ月の赤ちゃんがギャン泣きしたときに、授乳をしたというママもいるようです。泣くたびに授乳をしてもよいのか気になるときは、授乳する間隔を気にかけるなどの工夫をしていたというママの声もありました。

外出する

「子どもが昼間に泣いたときは、散歩に出かけて外の風に当たるようにしていました。外の空気や景色に子どもの気が向いて泣き止むこともありました」(40代ママ)

「子どもが寝ぐずりして泣いたとき、気分転換にドライブすることもありました。車の揺れが心地よいのか、そのまま眠ってくれることもありました」(20代ママ)

ママたちは、赤ちゃんが泣いたときに外出することもあるようです。抱っこ紐やベビーカー、車などで外出すると、赤ちゃんとママの気分転換にもなるかもしれませんね。

おもちゃで気をそらせる

「お風呂で泣くことが多かったので、お風呂用のおもちゃを見せて気をそらせました。湯船に沈めたおもちゃが飛び出してくる様子を見ると、泣き止んで笑ってくれました」(30代ママ)

「ベビーカーに取りつけていたおもちゃがお気に入りで、目で追っているうちに泣き止むことがあったので、外出時はいつも持っていきました」(20代ママ)

生後3ヶ月の赤ちゃんが泣いたときは、おもちゃを使って気をそらすというママもいました。赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを使うと、泣いたときも機嫌がよくなることがあるかもしれませんね。

生後3ヶ月のギャン泣きは赤ちゃんに合わせた対応を

iStock.com/Yuji_Karaki

生後3ヶ月の赤ちゃんのギャン泣きがいつまで続くのか悩むママもいるかもしれません。赤ちゃんが大きくなるにつれてギャン泣きの回数が減るなど、いつの間にか落ち着く場合もあるようです。

生後3ヶ月の赤ちゃんがお風呂や寝る前によく泣くときには、おもちゃを使ったり外出したりといろいろな対処法を試してみてはいかがでしょうか。赤ちゃんが泣くときは様子を見ながら対応できるとよいですね。

2018年07月04日

家族の関連記事
カテゴリ一覧