お宮参りのスーツの色選び。春夏秋冬の季節で考える父親と母親別の選び方

お宮参りのスーツの色選び。春夏秋冬の季節で考える父親と母親別の選び方

お宮参りのときにスーツを着ていこうと考えているパパとママの中には、グレーやネイビーなどのスーツの色で悩んでいる方もいるかもしれません。今回の記事では春夏秋冬別で紹介する父親母親のスーツの選び方、スーツスタイルにあう髪型について、ママたちの体験談をもとに紹介します。

お宮参りのときの親の服装はどうした?

赤ちゃんのお宮参りのとき、どのような服装を選べばよいのか悩んでいるパパやママもいるのではないでしょうか。神社で参拝や祈祷をしたり、家族で記念写真を撮影することを考え、スーツを着ることを考えている方もいるかもしれません。スーツを着ると決めた場合でも、スーツの色や素材をどのように選べばよいのか迷うこともあるようです。お宮参りにスーツを着て行ったパパとママは、どのような目線でスーツを選んだのでしょうか。

母親のお宮参りのときのスーツの色

ママたちはお宮参りのときに、どのような色のスーツを選んだのでしょうか。季節別にご紹介します。

春夏

神社
iStock.com/holgs

「お宮参りが春だったので、重い印象にならないよう明るいグレーのパンツスーツを着用しました。ジャケットの中のブラウスは、襟元にフリルのついた華やかなものにしました」(30代ママ)

「春の季節にあわせて明るい色を着たいと考えていたので、ピンクベージュのスーツを着ました。上の子の入園式のときに購入したものなので、季節的にも雰囲気はぴったりでした」(30代ママ)

「夏の暑い時期のお宮参りだったので、スーツのスカートにと半袖のブラウスをあわせました。暑いのでジャケットは着ませんでした」(30代ママ)

春や夏のお宮参りのときは、重い印象にならないよう明るいグレーやベージュ、白やピンクなどのスーツを選んだというママの声がありました。暑い時期は、スーツのボトムとブラウスやシャツをあわせて着るようにするのもよいかもしれません。華やかさもありながら落ち着いた雰囲気のコーディネートを選べるとよさそうです。

秋冬

「落ち着いた色あいのネイビーのスーツを選びました。赤ちゃんを抱っこしていても動きやすいように、パンツスーツにしました」(30代ママ)

「冬のお宮参りだったので、白のパイピングが入った黒のスーツを着用しました。スカートの中には厚手のタイツを履き寒さ対策しました」(30代ママ)

「寒い季節だったので、ダークグレーのツイードのスーツを着ていきました。ツイードは生地が厚手なので、あまり寒さも感じませんでした」(30代ママ)

秋冬には落ち着いた色のスーツを選ぶようにしたというママの声がありました。ブラックやネイビー、ダークグレーなどの色はタイツやコートともあわせやすいかもしれませんね。

父親のお宮参りのときのスーツの色

パパたちは、どのようなスーツの色を選んでお宮参りに参加したのでしょうか。体験談を聞いてみました。

春夏

スーツの男性
© sakura - Fotolia

「春用の軽い素材でできた、ネイビーのビジネススーツを着ていきました。ママがピンク系のスーツだったので、僕はネクタイをピンクにしてあわせてみました」(30代パパ)

「夏のお宮参りだったので、スラックスだけ履いてジャケットは着ませんでした。爽やかな印象になればよいなと淡いブルーの半袖シャツをあわせました」(20代パパ)

春から夏の季節のお宮参りでは、薄手の素材のスーツを着るようにしたというパパの声がありました。シャツやネクタイの色などで季節感を演出できるとよいかもしれません。

秋冬

「秋らしい落ち着いた印象のコーディネートにしたくて、夫婦でダークグレーのスーツであわせました。ネクタイは秋らしくえんじ色のものを選びました」(20代パパ)

「お宮参りの日はフォーマルなブラックスーツを着用しました。寒い日だったので、ジャケットの中にはカーディガンを着てしっかり防寒しました」(30代パパ)

ママとの調和なども考えながら、落ち着いた色のスーツやフォーマル用のブラックスーツを着たというパパの声がありました。寒い時期はジャケットの中にカーディガンやセーターを着るなど、対策ができるとよいかもしれません。

お宮参りでスーツを着るときのママの髪型

お宮参りでスーツを着て行く場合、髪型をどうすればよいのか気になるママもいるかもしれません。ママたちにお宮参りでスーツを着たときの髪型について聞いてみました。

「ショートだったのですが、スーツにあいながらも華やかな雰囲気になるように工夫しました。トップはドライヤーでボリュームがでるようにブローをし、最後はヘアワックスでふんわり感が出るように整えました」(30代ママ)

「肩にかからないぐらいの長さだったのですが、写真を撮るときなどにすっきりしてみえるよう、片側サイドはトップから編み込みをして、耳の後ろあたりでバレッタで留めるようにしました」(20代ママ)

「赤ちゃんの顔に髪の毛がかからないように、お宮参りのときは髪の毛をまとめていきました。両側の髪をねじって、真ん中でバレッタで留めるだけの簡単アレンジでしたが、きれいにまとめられたと思います」(30代ママ)

赤ちゃんの顔に髪の毛がかからないように、ロングヘアの場合はまとめるようにするとよいかもしれません。スーツの雰囲気にあわせて、どのような髪型にすればよいのかいろいろと調べてみるのもよいかもしれませんね。ネックレスなどのアクセサリーの代わりに、ヘアアクセサリーでおしゃれを楽しんだというママの声もありました。

季節にあわせてスーツを選んで

スーツのパパママと赤ちゃん
© milatas - Fotolia


お宮参りに着るスーツは、春夏は白やライトグレーなどの明るめの色を、秋冬やブラックやダークグレーなど落ち着いた色のものを選んだというママたちの声がありました。夏は気温にあわせて、スーツのジャケットを羽織らず、スラックスやボトムスにシャツなどをあわせるようにしてもよいかもしれません。

スーツを着るときの髪型は、コーディネートの雰囲気などにあわせてまとめられるとよさそうです。父親母親、そして子どもと、家族全員の服装の雰囲気をあわせて、素敵なお宮参りをすごすことができるとよいですね。

2018年09月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧