子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年06月15日

【調査】子どもが生まれてからの「夫婦の寝室」は一緒、別どちらがいいのか?

【調査】子どもが生まれてからの「夫婦の寝室」は一緒、別どちらがいいのか?

子どもが生まれる前と生まれてからでは夫婦の寝室スタイルが変わったという話をよく聞きます。今回は、各家庭、生活環境は異なるので、それぞれのスタイル別にメリットを紹介し、自分たちの家庭に合った寝室のありかたを考えてみました。

寝室スタイルを考える

子どもが生まれてから夫婦の寝室が別々になったという家庭は少なくないようです。

理由はいろいろとある思いますが、どのスタイルが良いのだろう……?と考えたことはないですか。

親子全員いっしょ、ママと子どもがいっしょ、パパと子どもがいっしょ、パパとママがいっしょ……家庭によって考え方が違うと思いますが、それぞれどのような良さがあるのか具体的に挙げて考えてみたいと思います。

それぞれのスタイルとメリット

親子でいっしょ

【コミュニケーションがとれる】
隣にいることですぐに会話ができ、スキンシップなどのコミュニケーションが十分とれることが大きいようです。また、同じ空間にいるとつながりを感じられるというのもこのスタイルの良さでしょう。

【災害や体調不良の際に安心】
地震などの災害が発生したときや夜中の急な子どもの発熱など体調の変化が起こったとき、すぐに気づくことができます。

一人だと不安や焦ってしまうこともパパとママがそろっていれば安心かもしれません。

【子どもが両親の愛情を感じる】
近くにパパとママ両方が居てくれることで子どもは安心感を得られるようです。小さな子どもの成長は、パパとママどちらか一方ではなく、両方の愛情がとても大事になってきます。親子でいっしょの寝室は、子どもがパパとママ両方の愛情を感じられることが大きなメリットだと思います。

パパだけ別

【パパが睡眠不足にならない】
子どもの夜泣きや授乳、子どもの寝相の悪さや寝言などで起こしてしまい、睡眠を妨げないようにするためにパパのベッドは別室という家庭も多いようです。

子どもが小さいときは寝室を分けることで、パパの仕事に支障をきたさないようにできるという点が良いのではないでしょうか。

ママだけ別

【生活リズムに合わせて】
ママが働いている場合、出勤時間が早いママだけ寝室が別で、パパと子どもがいっしょに寝ている家庭もあるようです。パパとママで生活リズムが違うときは、生活リズムに合わせて部屋を考えることも合理的なスタイルかもしれません。

【子どもがパパにも頼れるようになる】
子どもは、いっしょに過ごす時間が長いママを求めがちになりますが、パパといっしょに寝るとパパの存在もより大きくなり、身近に感じることにつながると思います。ママだけでなく、パパと子どもがいっしょの寝室はパパへの信頼も強くなるかもしれません。

子どもだけ別

【子どもが自立する】
日本では子どもだけ別の寝室というのは少ないようですが、海外ではこの考え方が中心のようです。

近くに親がいると何かあったときにすぐに手を差し伸べてもらえる環境になってしまいます。しかし、親と別の部屋の場合、細かいことにすぐには気づかず、かかわってもらえないため、子どもが自分で何とかしようと思う気持ちが生まれます。

海外で子どもだけ別の寝室にするスタイルが中心なのは、子どもに早くから自立心を身につけてほしいという思いからのようです。

【夫婦の時間ができる】
子どもができると、どうしても子どもの世話に時間をとることになります。

ママと子どもの時間が増えて夫婦間の会話やコミュニケーションが減るとよく聞きますが、子どもだけ別の寝室にすることで夫婦の時間が増えます。

それぞれの家庭では

実際の寝室事情と感じているメリットをまとめてみました。

親子でいっしょ

【安心感があります】
うちは二人の息子がいますが、泣いたときも、パパママのどちらか目が覚めたほうが対応するというような協力ができます。
なにより、子どもが全員いっしょだと嬉しそうです。(30代/4・2歳のママ)

【いずれ、子どもたちは巣立っていくことを考えて】
子離れをギリギリまでしたくなかった私たち夫婦は、親子全員いっしょのスタイルをとりました。休日は、みんなでゴロゴロ過ごしたり、コミュニケーションがとれて楽しかったです。

また、朝に子どもの体調が確認できるのも良かったです。毎朝、子どもの顔色をチェックできたことは安心材料でした。 (40代/20・16・14歳のママ)

基本的には夫婦と息子たちで別々。時々ふとんを運んで家族4人で寝る

子どもが別だと、夫婦でゆっくり話ができます。

息子たちの寝相が悪いので、子どもだけ別のスタイルはぐっすり眠ることができます。子どもの寝室は、寝る前に兄弟で笑いあったり小声で話している声が聞こえてきて楽しそうにしているので、子どもだけの寝室に良さを感じています。(30代/8・6歳のママ)

パパだけ別

パパが音に敏感なこと、また仕事の関係で就寝時間が不規則なためこの形態にしました。

パパもぐっすり眠れて、みんなもストレスなく過ごせるようになったので良かったと思います。(40代/6歳のママ)

家族のライフスタイルに合わせて

夫婦の寝室にはいろいろなかたちがあり、それぞれ魅力があると思います。

生活環境や子どもの性格、家庭状況も考えて家族に合った寝室のあり方を選んでいけると良いでしょう。

家族の関連記事
  • 授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中は傷やしこり、張りや熱を帯びるなど、たくさんの痛みが伴ったりしますよね。ときには乳腺炎や白斑が発症して、痛いのに「授乳しなきゃ」頭を悩ませるママも多いはず。「病院に行ったり、マッサージしたほうがいいの?」「この痛みはいつまで続くの?」そんな授乳中のトラブルの疑問に対して、他のママたちはどんな症状をどのように乗り越えていたのか聞いてみました。

  • 【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    <毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第13話です。

    横峰沙弥香

  • 子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの足に合った靴下のサイズや実寸選びでができていますか?「どんな靴下を選べばいいの?」「年齢別にどのくらいの大きさが目安なの?」など知りたいことがたくさん。今回はそんなママの悩みを少しでも解消できるよう、子どもの靴下選びで目安になるサイズと、靴下の役割をふまえた上での購入ポイントをご紹介します。

  • 子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    みなさんはお子さんの誕生日にどのようなメニューを用意していますか?毎年同じようなメニューが続いてしまい、何か違うメニューを用意してあげたいと考えるママも多いのではないでしょうか。今回は、誕生日メニューの決め方や実際に子どもたちが喜んだ誕生日メニューはどのようなものなのか、ママたちの体験談からご紹介したいと思います。

  • 育児中にもらえる手当てや種類。手続きに必要なものや申請方法

    育児中にもらえる手当てや種類。手続きに必要なものや申請方法

    何かとお金がかかる育児、国や健康保険組合から支給される手当てはとてもありがたいものです。しかし、育児中の手当ては申請しないともらえないものばかり。知らないと損をしてしまうことになります。そこで今回は、育児期間中にもらえる手当ての種類やいつ申請すればいいのかをわかりやすくまとめてみましたので、育児中の方は是非参考にしてみてください。

  • 教育費っていくらかかるの?子どもの教育にかかる費用の総額を算出

    教育費っていくらかかるの?子どもの教育にかかる費用の総額を算出

    大切なわが子と出会えた喜びだけでなく、これから先きちんと育て上げられるのか不安に感じている人も多いことでしょう。子どもが大学を卒業するまでいくら教育費を用意しておけばよいのか、総額を計算したくてもやり方がわからないという方は少なくないかもしれません。教育にかかる費用を、文部科学省のデータからいっしょに読み解いていきましょう。

カテゴリ一覧