【調理法別】丼ものに合う付け合わせの簡単レシピ

【調理法別】丼ものに合う付け合わせの簡単レシピ

丼ものに合う付け合せを作って献立を充実させよう

簡単に作れて子どもにもよろこばれる丼ものですが、付け合わせには何を作ればよいか迷うママもいるかもしれません。彩りや栄養バランスを考えたおかずやスープなどの付け合わせを用意したいですよね。今回は丼ものを作るときの付け合わせについて、ママたちの体験談や、献立が充実するようなレシピをご紹介します。

丼ものを作るときはどのような献立にしている?

丼ものの献立を作るときに、ママたちはどのような付け合わせを用意しているのでしょうか。

20代ママ
お肉がメインの丼ものを作ることが多く、野菜は他のもので補いたいので、簡単なサラダを用意したり、野菜を入れたスープや味噌汁などをいっしょに作ります。丼ものをお弁当に入れるときは、付け合わせには傷みにくい食材を使い、汁が漏れないように水分が出にくいおかずを入れています。
20代ママ
丼ものの献立のときは、付け合わせに葉物野菜でおひたしや和え物を作ったり、根菜で煮物を作ります。一汁三菜を意識して丼ものは主菜と考え、あっさりとした味つけの副菜を2品と汁物を作るようにしています。

丼ものの付け合わせには、野菜を使った汁物やあっさりとした味つけのおかずを作っているというママの声がありました。付け合わせを工夫することで、味も栄養もバランスのよい献立を作れそうですね。

お弁当に付け合わせのおかずを作るときは、その日の気温や食べる時間を考え、傷みにくい食材を選ぶとよさそうです。

丼ものに合う付け合わせを作るときのポイント

キッチン
iStock.com/undrey

丼ものの付け合わせを作るときは、どのような点を意識すればよいのでしょうか。

栄養バランスを考える

丼ものは肉や魚、卵を使った料理が多いので、野菜をメインに使ったおかずを付け合わせると、丼ものだけでは不足が心配な栄養も補うことができるかもしれません。

きのこや海藻、豆腐などを使っても栄養バランスのとれた献立になりそうです。

彩りを工夫する

丼ものは茶色っぽい色合いになりがちなので、付け合わせには赤・黄・緑の野菜を意識して取り入れると食卓も華やかになりそうです。

トマトやパプリカ、ほうれん草やにんじんなど、彩りのよい野菜はたくさんあるので、子どもの好みに合わせて選ぶとよいかもしれません。

あっさりとした味つけのものを選ぶ

丼ものはご飯に合うようにこってりとした味つけのものが多いので、付け合わせにはあっさりとした味つけのおかずを用意するとよいでしょう。

サラダや酸味のあるおかずを用意すると、よい箸休めになりそうです。

汁物を添える

丼ものは味の濃いものが多いので、のどが乾くと感じることもあるかもしれません。丼ものといっしょに味噌汁やスープなどの汁物を添えてみてはいかがでしょうか。作る丼ものに合わせて具材や味つけを選ぶとよいでしょう。

作った汁物をスープジャーなどに入れて、丼もののお弁当といっしょに添えてもよろこばれそうです。

丼ものに合う付け合わせの簡単レシピ

丼ものに合う付け合わせの簡単レシピを調理法別にご紹介します。

【和え物】中華風春雨サラダ

  1. にんじん、きゅうり、ハムを細切りにする
  2. 春雨をお湯で戻し、食べやすい長さに切る
  3. 醤油、酢、砂糖、ごま油、鶏ガラスープを合わせておく
  4. ボウルに1~3を入れて和え、全体が混ざったら白ごまを加えて和える

酸味のきいた味つけが食欲をそそりそうなサラダです。時間があれば冷蔵庫で30分ほど休ませるとさらに味が馴染むでしょう。

つるつるとした食感を子どももよろこんで食べてくれるかもしれません。

【和え物】ほうれん草とにんじんの白和え

  1. 豆腐をキッチンペーパーで包み、重石をして水切りする
  2. にんじんを細切りにし、ほうれん草は食べやすい大きさに切る
  3. 2を茹で、冷ましたら手で絞って水気を切る
  4. ボウルに1を入れ粗くつぶし、3と醤油、砂糖、すりごまを加えて和える

和風の丼ものに合いそうな、豆腐を使って簡単に作れる和え物です。にんじんとほうれん草の彩りが丼ものの献立を明るくしてくれそうですね。

どこか懐かしくなるような優しい味つけで、よい箸休めになりそうです。

【炒め物】きのこのバターソテー

きのこのバターソテー
kikisora - stock.adobe.com
  1. きのこを食べやすい大きさに切る
  2. フライパンにバターを溶かし1をしんなりするまで炒め、醤油で味をつける
  3. 器に盛りつけ、お好みで刻んだパセリをふる

ハンバーグ丼を作るときにおすすめな、きのこを使った簡単な炒めもののレシピです。

ハンバーグの付け合わせにはにんじんグラッセが定番かもしれませんが、栄養豊富なきのこをバターで炒めたきのこのソテーを添えてみてはいかがでしょうか。

こりこりとした食感で、子どもも楽しんで食べてくれそうですね。

【蒸し物】なすのおひたし

  1. なすを皮つきのままで食べやすい大きさに切る
  2. 耐熱容器に1を入れ、ラップをかけてレンジで3分ほど加熱し、水気を切る
  3. 2にポン酢を加え、和える
  4. 器に盛り、おろしたしょうがとかつお節を乗せる

あっさりとした味つけなので、こってりとした照り焼き丼やかき揚げ丼の付け合わせにも合うでしょう。お好みでごま油を少量かけて、風味をつけてもおいしくなりそうです。

レンジで簡単に調理できる付け合わせのレパートリーがあると、忙しいときにも便利ですね。

【汁物】豆腐とわかめのかきたま汁

  1. 鍋にだし汁を入れ、煮立ったらわかめとさいの目に切った豆腐を加える
  2. 再び煮立ったら味噌を溶かし入れる
  3. 卵を溶き、お箸に沿わせて鍋に流し入れる
  4. 卵が浮いてきたら全体を優しくかき混ぜる

卵をつかった優しい味のお味噌汁です。お好みでねぎなどの薬味を加えてもよいかもしれません。

うなぎ丼など魚を使った丼ものにも合いそうです。

丼ものに合う付け合わせを用意して、おいしくバランスのよい献立を作ろう

ママと食事する男の子
iStock.com/electravk

今回は、ママたちが丼ものを作るときにどのような献立にしているのかや、丼ものに合う付け合わせを作るときのポイントとあわせて、簡単にできる丼ものに合う付け合わせのレシピをご紹介しました。

丼ものの付け合わせには色の鮮やかな野菜や海藻、豆腐などの食材を使うと献立が充実し、栄養バランスも整うかもしれません。

丼ものとの組み合わせを考え、あっさりとした味の付け合わせを用意すると、丼もののおいしさも引き立たせてくれそうです。

丼ものに合う付け合わせを用意して、味も栄養もバランスのとれた献立ができるとよいですね。

2020年04月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

関連記事

カテゴリ一覧