ワンプレートのおせちを作ろう。ママたちが用意した人気のレシピや盛りつけ方

ワンプレートのおせちを作ろう。ママたちが用意した人気のレシピや盛りつけ方

お正月には、近頃人気のワンプレートのおせちを作ろうと考えるママもいるかもしれません。今回の記事では、ワンプレートのおせちを作るときに用意したものや簡単な定番おせちや離乳食おせちなどのレシピ、盛りつけるときのポイントについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

ワンプレートのおせちを作ろう

古くからお正月の料理とされているおせちは、重箱に盛りつけるものが定番のようですが、最近はワンプレートにおしゃれに盛りつけるおせちも人気があるようです。

一人分ずつ盛りつけることができるワンプレートのおせちは、見た目が華やかなだけでなく、子どもに食べやすくアレンジできるかもしれません。ママたちはワンプレートのおせちをどのように作っているのでしょう。

ワンプレートのおせちを作るときに用意したもの

ワンプレートのおせちを作るとき、どのようなものを用意するとよいのでしょう。ママたちに聞いてみました。

プレート

「おせち用に四角い陶器のプレートを用意しました。お正月なので白いプレートに赤い手毬の絵が描かれた、和風のおしゃれなプレートにしました」(20代ママ)

「我が家では木製の小型のお盆をおせちのプレートに使いました。黒塗りのお盆を使うと、かまぼこやエビなどの色が引き立つように思いました」(30代ママ)

人気のワンプレートのおせちを作るために、お正月の雰囲気にあうプレートを用意したママがいました。プレートには陶器や木製、和風や洋風などさまざまな種類があるようなので、作りたいおせちのイメージにあいそうなプレートをを考えて選ぶとよいかもしれません。

小皿や小鉢

おせち
iStock.com/yumehana

「ワンプレートにおせちを一品ずつ盛りつけるため、小皿を何種類か用意しました。プレートに置いたときに華やかに見えるように、さまざまな色や形の小皿を選びました」(40代ママ)

「おせちをプレートに乗せるために、子どもの好きなミカンの中身をくり抜いて小皿のかわりにしてみました。ほのかにミカンの香りもして、子どもにも人気でした」(20代ママ)

プレートの上に乗せて使えるよう小皿を用意したママもいるようです。汁気の多いものを入れるために深さのある小鉢を用意したり、プレートとは違う色の豆皿を用意したりと選び方も工夫するとよいかもしれません。

お正月らしい小物や飾り

「ワンプレートのおせちを華やかにするために、小さなお正月飾りをいくつか用意しました。我が家では和紙で作った折り鶴や凧、南天の葉などが人気の飾りです」(30代ママ)

おせちのプレートを飾るために、お正月用の小物を用意したママがいました。おせち料理や小皿だけではなく、お正月らしい飾りをプレートの上に散りばめることで、簡単に華やかなおせちになりそうです。

ワンプレートのおせちのレシピ

ワンプレートのおせちのレシピにはどのようなものがあるのでしょう。ママたちに、おせちのメニューやレシピを聞いてみました。

定番のワンプレートおせちのレシピ

「我が家では田作りや黒豆、お煮しめ、伊達巻などの定番のおせちをワンプレートにして作りました。きんとんはさつまいもを使い、プレートに乗せやすいようにスイートポテトほどの硬さにしたところ、子どもにも食べやすかったようです」(30代ママ)

定番のメニューを並べて人気のワンプレートおせちを作ったママがいました。煮物に入れるにんじんやしいたけを花形に飾り切りすると、簡単にお正月らしい雰囲気になるかもしれませんね。

洋風のワンプレートおせちのレシピ

ローストビーフ
iStock.com/gyro

「ローストビーフやチーズ入りの卵焼きなどを作って、洋風のワンプレートのおせちにしました。レンコンやカボチャは煮物にすると汁気が多くなりプレートに盛りつけにくいと思ったので、乗せやすくするために素揚げをして塩で味つけをしました」(20代ママ)

洋風のメニューで作るワンプレートのおせちも人気があるようです。材料を煮つけるのでなく揚げたり焼いたりと調理方法を工夫することで、プレートに乗せやすいおせちになるかもしれません。

離乳食のワンプレートおせちのレシピ

「離乳食後期の子どもも食べられる簡単なワンプレートのおせちを作りました。おもちのかわりに鮭フレークで小さなおにぎりを作り、茶碗蒸しは出汁だけで味つけをして大き目のお猪口に入れました。鶏ひき肉で一口サイズのつくねを作ったら、手づかみでおいしそうに食べてくれました」(30代ママ)

離乳食後期の赤ちゃんや子どものおせちをワンプレート用にアレンジしたママもいました。大人用のおせちを取りわけて作る場合は、味つけをする前に取り出して、手づかみしやすい形や大きさにして作ったというママの声もありました。

プレートにおせちを盛りつけるコツ

ワンプレートおせち
iStock.com/yumehana

プレートにおせちを盛りつけるとき、簡単にきれいな仕上がりにするためにはどのようなコツがあるのでしょうか。

少量ずつ盛りつける

「ワンプレートにおせちを盛りつけるときは、一品を一口で食べられる量にすることを意識しています。一つの小皿に少量ずつ盛りつけることで、見た目も上品で食べやすいおせちになりました」(30代ママ)

ワンプレートのおせちを作るときには、プレートの上にさまざまな料理が散りばめられるように、それぞれを少量ずつ盛りつけるとよいかもしれません。少量ずつにすることで、プレートに乗る料理の種類が増え、豪華なおせちに見えたというママの声もありました。

彩りを豊かにする

「私はおせちをワンプレートに盛りつけるときに彩りにポイントをおいています。プレートの色とそれぞれの料理の色で華やかな絵を描くようなつもりで盛りつけています」(20代ママ)

彩りをよくすることもワンプレートに盛りつけるコツといえるかもしれません。ママのなかには、お正月らしさを出すために和紙の千代紙で作った小物を置いたという声もありました。

高さを考える

「平らなプレートを使っておせちを盛りつけるときは高さもポイントと考えています。手前に低いものを並べ、奥に行くほど高さのある小鉢を使うなど工夫をすると、料理も取りやすくなりました」(40代ママ)

平らなプレートにおせちを並べるときは、高さで変化を出すとおしゃれな雰囲気になるかもしれません。子ども用にワンプレートのおせちを作るときは、手が届きにくい奥にあるものを小鉢に入れると、子どもからも見えやすく、手に取って食べやすかったというママの声もありました。

ワンプレートのおせちを作ってお正月をすごそう

パパママ子ども
iStock.com/JohnnyGreig

人気のワンプレートおせちの作り方は、ママたちによってもさまざまなようです。盛りつけ方を工夫するだけでも簡単にワンプレートのおせちが作れるかもしれません。

定番のレシピをアレンジしたり離乳食用のメニューを並べたりして、家族で楽しめるワンプレートのおせちを作り、楽しいお正月をすごせるとよいですね。

2018年09月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ