子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食後期のロールパンの進め方。簡単にできるアレンジレシピ

離乳食後期のロールパンの進め方。簡単にできるアレンジレシピ

離乳食後期にロールパンを取り入れようと考えたときに、形状や進め方の目安、子どもが食べやすい工夫などに悩むママもいるのではないでしょうか。厚生労働省の資料を参考にしながら、ママたちに聞いた子どもが食べやすくなるように簡単にできるアレンジレシピをご紹介します。

離乳食後期の進め方

離乳食の後期になると、食事の回数や食べられる食材も増えてくる頃でしょう。大人用の食事から取り分けができるレシピも増えて調理の手間が減る半面、作る回数が増えるとレシピもマンネリ気味になったり、子どもの食べ物の好き嫌いや遊び食べが始まったりと新しい悩みが出てくることもあるようです。

基本的な離乳食後期の進め方について、厚生労働省の資料を参考に紹介していきます。

離乳食後期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後9カ月から11カ月頃が離乳食後期とされています。授乳やミルクがメインではなくなる子が増え、1日3回食に進めていくなど、大人に近い食生活が始まる時期といえるでしょう。調理形態は歯ぐきでつぶせる硬さ(バナナくらい)がよいようです。

離乳食の量の目安

離乳食後期の1回あたりの食事量の目安は以下の量と言われています。
  
穀類:全がゆ90g~、軟飯80g
野菜・果物:30g~40g
魚:15g
肉:15g
豆腐:45g
卵:全卵1/2個
乳製品:80g

子どもの離乳食で困ったこと、わからないこと

スプーンとフォーク
Justyna Troc/Shutterstock.com

離乳食で困ったこと

厚生労働省が出している資料の中には離乳食で困ったこととして、次のような内容が挙げられています。
  
食べるものの種類が偏っている / 28.5%
  
食べる量が少ない / 20.6%
  
食べるのをいやがる / 13.1%
  
作り方がわからない / 6.6%
  
(回答数:2722)

食べるものの種類が偏っていることや、食べるのをいやがることで悩んでいる方が多いと出ています。
  
離乳食に慣れてくる後期は、食材によって好き嫌いが出てきたり、食事にもむらが出てきたりする子どももいるようです。食事のバランスが偏っていると思っていても、調理するときにどんな工夫をしたらよいのか、分からずに困っているママもいるようです。

離乳食でわからないこと

困ったことの次に、離乳食のことでわからないことについても厚生労働省が出している資料より紹介します。
  
食べる適量がわからない / 46.4%
  
食べさせてよいものがわからない / 15.6%
  
離乳の進め方がわからない / 14.9%
  
離乳食の作り方がわからない / 9.0%
  
(回答数:5223)

食べる適量や、食べさせてよいものがわからないと考えている方が多いようです。
  
離乳食後期になると食材の硬さや食べる量も変わってきますが、子どもが食べやすい食材のアレンジ方法がわからずに迷ってしまうママもいるようです。
  
子どもの好き嫌いや食べむらによって、この時期の離乳食の進め方に悩みを持つという意見を多くのママが挙げていました。
  
ロールパンはアレンジによって手づかみ食べの練習などに取り入れやすそうです。ママたちはロールパンを食べやすくするために、どんな工夫をしているのでしょう。

離乳食の後期のロールパンのアレンジレシピ

ロールパン
Azonman/Shutterstock.com

ロールパンを離乳食後期に、どのような工夫をして取り入れていたのかをママたちに聞いてみました。3つのレシピとアレンジ方法をご紹介します。

ロールパンのフルーツバーガー

「ロールパンをそのまま食べさせてみたところ、パンの皮が薄くて口の中で噛み切れないようで、パサついた食感も気になるのか口から出すときもあり、食べるのを嫌がるようになりました。どうしたらロールパンを食べやすくできるのか悩んでいました。
  
そこで舌触りが滑らかになるような食材を使ってパサつきを抑えて食べやすくなるようにと、水を切ったヨーグルトを使ってフルーツサンドを作りました。
  
ロールパンを横半分に切り、上の部分は皮を取ります。半分に切ったパンに、ヨーグルトといちごやキウイフルーツ、バナナなど子どもが喜びそうな果物を和えたものを挟みます。
  
ロールパンの間にヨーグルトを入れたことでパサつきが抑えられて、口に入れても気にせずに食べてくれるようになりました」(30代ママ)

ロールパンラスク

「ロールパンを自分の手で掴んで食べたがっていたのですが、子どもの手に対してパンが大きくて食べずらそうにしていました。
  
手づかみ食べに慣れさせたいと考えていたので、子どもが食べやすそうなロールパンの離乳食レシピを考えて作ってみました。
  
ロールパンを薄く輪切りにしたものを、耐熱皿に平たく並べて電子レンジで両面を1分つづ温めます。少し冷まして程よい硬さになったらビニール袋に入れます。ビニール袋にきなこをまぶしてロールパンと混ぜ合わせたらでき上がりです。
  
ロールパンを薄くスライスしているので、子どもの手でも掴みやすくなり、手に持って口に運ぶ動作がスムーズになりました。手軽に作れて主食にもおやつにもなるので、よく作っていました」(20代ママ)
  
厚生労働省の資料でも、手づかみ食べを重要としています。食べ物を目で確かめて、手指でつかんで、口まで運び口に入れるという目と手と口の協調運動により、スプーンやフォークを上手に使えるようになるようです。

卵と野菜のロールパンサンド(食べる量が少ない)

「初期の頃は野菜を好んでたくさん食べてくれましたが、後期になると野菜だけを調理したものでは食べてくれなくなることが多くなり、食事の偏りが心配でした。
  
野菜をバランスよく食事に取り入れるにはどうしたらよいのか考え、ロールパンに具を挟んだレシピを作ってみました。
  
大きめのみじん切りにして茹でたにんじんと、粗みじん切りのきゅうり、刻んだ茹で卵を混ぜ、少量の牛乳と粉チーズで味付けをしたものを3等分にしたロールパンに切り込みを入れて挟みます。
  
大好きなロールパンに野菜を挟んで食べさせてみると、いつもと見た目や味付けが違うので、たくさん食べてくれるようになりました。
1つのレシピでバランスを取ることができるのでよく作っています」(30代ママ)

ロールパンを離乳食に取り入れていこう

食事をする赤ちゃん
milmed/Shutterstock.com

ロールパンは皮の部分やパサついた食感が子どもには食べにくく悩みにつながっていることがわかりました。離乳食後期には子どもが食べやすいように他の食材と組み合わせたレシピを考えて工夫すると取り入れやすいようです。

ご紹介したママたちのレシピやアレンジ方法を参考にロールパンを使った離乳食が進められるとよいですね。

出典:Ⅱ離乳編/厚生労働省

※記事内で使用している参照内容は、2018年1月24日時点で作成した記事になります。
  
※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2018年01月25日

レシピの関連記事
カテゴリ一覧