子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食はいつから?ビーフンの離乳食時期別の進め方とアイディア

離乳食はいつから?ビーフンの離乳食時期別の進め方とアイディア

離乳食のビーフンはいつから始めればよいのか、離乳食初期・中期・後期・完了期別に解説していきます。

離乳食を始めるときに食材別のスタート時期や形状・硬さ、さらに進め方の目安などどう進めていくのか悩むママもいるのではないでしょうか。厚生労働省や自治体の資料を参考にしながら、ママたちによる、いつから離乳食に取り入れたのか、メニュー例や保存方法などの体験談について紹介します。今回はビーフンです。

ビーフンを離乳食で始める前に

離乳食に取り入れるときは、ビーフンは米粉でできているので離乳食初期のお粥に慣れてきた頃から安心して使うことができそうです。下ごしらえや冷凍保存もしやすく、食べ方にもいろいろな工夫ができるようです。

いつから食べさせてよい?

離乳食の開始時期の目安としては、

・授乳の間隔があき、タイミングも一定になってきた
・食物に興味を持つようになってきた
・スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる

などがあげられるようです。

進め方の目安

離乳食初期(5~6カ月)

食事のタイミングは、体調やご機嫌が良いなど子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始めましょう。

離乳食中期(7~8カ月)

離乳食を開始して1カ月を過ぎた頃から、1日2回食で食事のリズムをつけていくようになるでしょう。

離乳食後期(9~11カ月)

生後9カ月頃から、授乳やミルクがメインではなくなる子が増えてくるかもしれません。1日3回食に進めていくなど、大人と同じ食生活が始まる時期といえるでしょう。


離乳食完了期(12~18カ月)

1日3回の食事のリズムを大切にすることが、生活リズムを整えるきっかけの一つと言えそうです。

出典:「Ⅱ離乳編」/厚生労働省

目安の量

赤ちゃんの離乳食
Africa Studio/shutterstock.com

調理用計量スプーンの大さじは15ml、小さじは5mlです。1mlを約1gとして考えれば、量の目安にできそうです。

離乳食初期(5~6カ月)

調理形態の目安は、なめらかにすりつぶした状態
子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始める

離乳食中期(7~8カ月)

調理形態の目安は、舌でつぶせる硬さ(豆腐くらい)
1回当たりの目安量は50~80g

離乳食後期(9~11カ月)

調理形態の目安は歯ぐきでつぶせる硬さ(バナナくらい)
1回当たりの目安量は80~90g

離乳食完了期(12~18カ月)

調理形態の目安としては、歯ぐきで噛める硬さ(肉団子や茹で卵の白身くらい)
1回当たりの目安量は80~90g

ビーフンを使った離乳食のメニュー

ビーフンのとろとろ野菜煮

「7カ月の頃に作ったメニューです。ビーフンをやわらかくなるまで茹でて細かく刻みます。にんじん、玉ねぎ、白菜の細かく切ったものとビーフンを鍋に入れて煮込みます。コンソメで味付けをして出来上がりです。水溶き片栗粉を加えて口当たりをなめらかにすると、初めてでも食べやすいようでした」(20代ママ)

お粥やすりつぶした野菜を食べることに慣れた頃、初めてビーフンを与えたというママが多くいました。

焼きビーフン

「11カ月頃に、ビーフンを子どもが食べやすい長さに切って茹で、ピーマン、にんじん、ほうれん草、キャベツを細かく切り、フライパンで炒めてコンソメで味付けをしたものを与えていました。子どもが茹でた料理に飽きていたので、炒めてみたら喜んで食べてくれました」(30代ママ)
 
後期から完了期の離乳食は、子どもが離乳食に飽きてくる頃かもしれません。子どもに喜んで食べてもらえるように調理をしているママもいるようです。


保存方法

初期・中期

「茹でたビーフンを細かくして、お粥やすりつぶした野菜といっしょに小分けして冷凍していました。製氷皿を使ってだし汁や野菜スープを加えて冷凍保存しておくこともありました」(30代ママ)

離乳食が始まった頃の初期・中期は1日の食事の回数や、1回の量も多くないので、冷凍保存しても多く作らなかったという声もありました

後期・完了期

「ビーフンを茹で子どもが食べやすい長さにしたものと、野菜などを組み合わせて冷凍保存していました。また、冷凍保存できるレシピを何食か作り置きしておき、もう1品欲しい場合などにサッと出せるようにしておきました」(20代ママ)

食事のタイミングに子どもを待たせることなく料理を出せるように、すぐに食べられる状態に調理してから冷凍保存しているママもいるようです。

気をつけていた点

茹で加減

「ビーフンは袋の表記の茹で時間でも子どもには硬めなので、やわらかくなるまでよく茹でるように気をつけていました」(20代ママ)

離乳食として使用することを考え、いつもよりやわらかめに茹でるなど、子どもが食べやすいように気をつけているママが多いようです。

調理時

「離乳食初期に与えるときは、クタクタになるまでやわらかく茹でたビーフンを細かく刻んだり、食べやすいように、片栗粉でとろみをつけ、後期・完了期はビーフンがやわらかくなりすぎないように、調整をしながら調理をしていました」(30代ママ)

離乳食を進めるときに、子どもの様子を見ながら食べやすいように調理をしているママが多いようです。

ビーフンを離乳食で取り入れてみよう

ビーフンの離乳食
Natee K Jindakum/Shutterstock.com

ビーフンは食事の様子を見ながら、茹で時間や長さに気をつけて食事に取り入れていけるとよさそうです。離乳食の時期が進めば大人のメニューから取り分けて調理することもできるでしょう。家族と同じようなメニューをいっしょに食べることで食事の楽しさを伝えてあげられるとよいですね。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

※記事内で使用している参照内容は、2017年12月7日時点で作成した記事になります。

2017年12月07日

レシピの関連記事
カテゴリ一覧