内祝いに贈りたい1万円のお返し。カタログギフトやお菓子のセットなど

内祝いに贈りたい1万円のお返し。カタログギフトやお菓子のセットなど

結婚や出産祝いのお返しをしよう

結婚や出産の内祝いに1万円のお返しを考えているママや、内祝いにお菓子などのおすすめを知りたいママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、1万円の内祝いを選ぶときのポイントやママたちが選んだアイテム、内祝いを贈るときに気をつけたことなどについて、体験談を交えてご紹介します。

1万円の内祝いを用意したいとき

結婚や出産のお返しとして1万円の内祝いを用意したいと考えるときに気になることについて、ママたちに聞いてみました。

30代ママ
結婚式に出席できなかった友人から、結婚祝いをもらいました。1万円のお返しを考えていますが、どのようなものを選ぶとよいか悩んでいます。
20代ママ
親戚から出産祝いをいただきました。1万円の予算で内祝いを贈りたいのですが、贈るときのマナーなどがあれば知りたいです。
結婚や出産の内祝いで1万円程のお返しを選ぶとき、どのようなものを選ぶとよいのかや贈るときのマナーについて知りたいママもいるようです。1万円の内祝いを選ぶときのポイントやマナーを知ることができると、より心を込めた贈り物ができるかもしれません。

そこで今回は、1万円で内祝いを選ぶポイントやママたちが実際に贈ったアイテム、内祝いを贈るときに意識したことについて、体験談を交えてご紹介します。


1万円の内祝いを選ぶポイント

1万円の予算で内祝いを用意したいとき、どのように選ぶとよいのか気になるママもいるかもしれません。1万円の内祝いを選ぶポイントについて、ママたちに聞いてみました。

相手の家族構成で選ぶ

家族
Monkey Business Images/Shutterstock.com
30代ママ
出産祝いをいただいた親戚のうちには、育ち盛りの子どもがいます。家族みんなで食べられるものだと喜んでもらえるかなと思いながら選びました。
30代ママ
結婚祝いをくれた叔母は夫婦二人で暮らしているので、食べ物を贈っても食べきれないかもしれないと考えました。叔母夫婦の趣味などを思い出しながら選ぶようにしました。
内祝いを贈るときは、相手の家族構成を考えながら選ぶというママもいるようです。相手の生活スタイルを想像しながら選ぶと、より気持ちのこもった贈り物になるかもしれません。

普段買わないようなものを選ぶ

30代ママ
1万円の内祝いだと、さまざまなものから選ぶことができると考えました。普段欲しいなと思うけれど、わざわざ買うほどでもないかなと感じるような、少し高級なものを選ぶようにしました。
日常で買うことはないけれど、あったらよいなと感じられる少し高級な品物を選んだママもいるようです。内祝いを贈られたというママのなかには、普段は手が届かない高級食品が届いて、家族中で喜んで食べたという声もありました。

1万円の内祝いに選んだアイテム

1万円の内祝いを選ぶとき、実際にママたちがどのような品物を選んだのか気になる方もいるかもしれません。ママたちが選んだ1万円の内祝いのアイテムについて聞いてみました。

カタログギフト

30代ママ
さまざまな趣味をもつ方に贈る内祝いだったので、どれを選ぶとよいか迷ってしまいました。カタログギフトにすると贈った相手が自分の好みにあわせて選ぶことができるので、気兼ねなく贈ることができると考えました。
1万円の内祝いにカタログギフトを選んだママもいるようです。ママのなかからは、カタログギフトにはモノだけではなく、さまざまなシーンで使える体験型のギフトも含まれているので、相手の趣向にあわせて楽しんでもらえるかもしれないと考えて選んだという声も聞かれました。

詰めあわせギフト

30代ママ
仲のよい友人夫婦への内祝いに、お米の詰めあわせギフトを選びました。さまざまな有名銘柄のお米を食べ比べることができるギフトに、友人も喜んでくれました。
30代ママ
子どものいる友人や職場の同僚に、お菓子の詰めあわせギフトを選びました。個包装されているお菓子セットを選ぶと、食べやすくてよかったといってもらえました。
1万円の内祝いに詰めあわせギフトを選んだママもいるようです。他にも、海鮮セットやお肉の食べ比べセット、スープセットなど、詰めあわせギフトにはさまざまな種類のものがあるようなので、贈る相手の好みや家族構成にあったものを選ぶことができそうですね。

季節の果物

マンゴー
Valentyn Volkov/Shutterstock.com
20代ママ
内祝いを贈るのが夏だったので、季節の果物を贈りました。自分では買うことが少ない珍しい果物にとても喜んでもらえたようです。
季節の果物を1万円の内祝いに選んだママもいるようです。他にも、何回かに分けて季節ごとの果物を届けてくれるサービスを利用したというママの声もありました。

内祝いを贈るときに気をつけたいこと

内祝いを贈るときのマナーについて知りたいママもいるかもしれません。内祝いを贈るときに気をつけたいことについて、ママたちに聞いてみました。

お礼は早めに伝える

20代ママ
お祝いをいただいたら、まずはお礼の電話をするようにしました。その後で、相手の好みなどを考えながらお返しを選ぶようにするとよいと思います。
お祝いをいただいたときは、お返しを考えるよりさきにお礼の電話をすることも大切なようです。他にも、近況報告をかねてお礼状をしたためたというママの声もありました。

のしをつける

30代ママ
結婚祝いをいただいたお返しという形になると思ったので、のし紙は内のしにしました。配送で届けてもらう際にも、内のしであれば汚れなどがつかないのでよいと考えました。
内祝いを贈るときにはのし紙をつけるとよいようです。配送せずに持参する際は、外のしでもよいかもしれません。

水引の下には贈り主の名前を書くとよいようです。出産の内祝いの場合は、赤ちゃんの名前を書くようにしているというママの声もありました。


贈る時期に気をつける

20代ママ
結婚祝いのお返しが遅くなるのはよくないかなと考えました。結婚式から1カ月以内を目安に贈るようにしました。
30代ママ
内祝いは1カ月を目安にと考えていましたが、出産後の慣れない生活でバタバタしてしまいました。出産後2カ月はすぎないように気をつけて贈りました。
内祝いを贈る時期に気をつけるようにすることも大切なようです。ママのなかからは、お祝いをいただいてから1カ月以内に贈るようにするとよいという声も聞かれました。

相手のことを考えて内祝いを選ぼう

プレゼント
eggeegg/Shutterstock.com

結婚や出産の内祝いとして1万円のお返しを用意するときは、相手の家族構成を踏まえたり普段は買わないような品物を選んだりするというママもいるようです。内祝い選びに迷うときは、お店などでおすすめを聞いてみるのもよいかもしれません。

カタログギフトやお菓子の詰めあわせなど、贈る相手のライフスタイルや好みを考えながら、心を込めた内祝いを贈れるとよいですね。

2020年03月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧