粉ミルクの缶のアレンジを考えよう。再利用やリメイクの仕方

粉ミルクの缶のアレンジを考えよう。再利用やリメイクの仕方

地域の資源回収などでの捨て方

粉ミルクの空き缶の処分を考えたとき、捨て方だけでなくアレンジして再利用する方法はないかと考えているママもいるかもしれません。今回の記事では、粉ミルク缶の再利用の方法やおもちゃにリメイクする方法、捨て方のマナーについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

粉ミルクの缶が空いたとき

粉ミルクを使い切るとミルクの缶をどのようにしたらよいか考えることもあるのではないでしょうか。空いた缶の扱い方についてママたちに聞いてみました。

「私は粉ミルクが空になると缶は捨てています。赤ちゃんが成長すると空き缶の数も増えるので、溜まらないようすぐに捨てています」(20代ママ)

「粉ミルクの缶は丈夫にできているので、便利なものにリメイクできないか思い保管してあります。何かよいアレンジ方法があれば知りたいと思います」(30代ママ)

空いた粉ミルクの缶はすぐに捨てているママやリメイクしたいと考えて保存しているママがいました。実際に、粉ミルクの缶をアレンジして再利用する方法にはどのようなものがあるのでしょう。

粉ミルクの缶の再利用方法

粉ミルクの缶を再利用をする場合、どのような使い方があるのでしょう。再利用方法をママたちに聞いてみました。

食品を保存する

粉ミルク缶
iStock.com/Customdesigner

「粉ミルクの缶には密閉式の蓋がついているので、湿気やすいお菓子の保管に使っています。入っているお菓子のパッケージをシールにアレンジして写真を缶の周りに貼ることで、誰にでも中身がわかり使いやすいと思います」(30代ママ)

「粉ミルクの空き缶は小麦粉などの粉類の保存に使っています。缶の口が広いので小麦粉を入れたり出したりする作業がしやすいと感じています」(40代ママ)

粉ミルクの缶は食品を保存するために再利用することもできるようです。粉ミルクをすりきりで量れるようになっているために、他の粉類を計量スプーンで量り取ることにも適しているかもしれません。他には、ときどき使う餅米の保存用に再利用しているというママの声もありました。

ゴミ箱にアレンジする

「我が家では粉ミルクの空き缶をゴミ箱にアレンジして再利用しています。包装紙やマスキングテープを使って缶の周りをきれいに飾ったところ、粉ミルクの缶とわからないくらい見た目もおしゃれになりました。数が多いので家のあちこちに置いて便利に使っています」(30代ママ)

粉ミルクの缶をゴミ箱にアレンジして使っているママがいました。大型の缶はちょっとしたゴミを入れるのにちょうどよいサイズかもしれません。缶の周りに子どもの好きなキャラクターを貼ってゴミ箱にしたら、掃除のお手伝いを喜んでしてくれるようになったという声もありました。

おもちゃにリメイクする方法

粉ミルク缶
iStock.com/Freer Law

粉ミルクの缶はおもちゃにリメイクすることもできるようです。実際に空き缶を使っておもちゃを作ったママに、作り方を聞いてみました。

知育玩具にリメイク

「粉ミルクの缶の蓋を外し、穴を開けた厚紙を貼って型はめパズルにリメイクしました。1つの缶に1つずつ、丸や三角、長細い穴などを開け、中に入れるパーツはフェルトと綿を使って立体的に作りました。何回か遊ぶうちにどこに何が入るかわかるようになり、毎日楽しそうに使っています」(40代ママ)

粉ミルクの缶をリメイクして知育玩具を作ることもできるようです。蓋に小さな穴を開けて中に端を結んだロープなどを入れれば、簡単にひっぱって遊ぶおもちゃにアレンジできるかもせん。蓋を外して玉入れゲームにしたというママの声もありました。

太鼓にアレンジ

「粉ミルクの空き缶は太鼓のおもちゃにアレンジして使っています。缶を裏返してスチールの部分を叩くようにすると、にぎやかな音が鳴るので、子どもも嬉しそうに遊んでいます。缶の周りには子どもが選んだシールを貼るなど、親子で太鼓づくりも楽しめます」(30代ママ)

スチールでできた粉ミルクの缶は叩くと音が鳴るので、太鼓のおもちゃにアレンジすると楽しく遊べるかもしれません。缶の中に小さな布や紙を貼ることで音を変えれば、いくつかセットにしてドラムのように楽しむこともできそうです。

転がすおもちゃにアレンジ

「私は空いた粉ミルクの缶を、赤ちゃんが転がして遊ぶおもちゃにアレンジしました。缶の中に鈴や積み木を入れると転がしたときにさまざまな音が鳴るので、赤ちゃんがハイハイしながら嬉しそうに追いかけています」(20代ママ)

粉ミルクの缶には外れにくい蓋がついているために、中に物を入れて転がすおもちゃにアレンジすることができるようです。スチール素材の缶であることで、硬い物を入れて転がすと音がはっきり聞こえて楽しいかもしれません。

粉ミルクの缶の捨て方

粉ミルクの缶をさまざまにアレンジして使った後や数が多いときには、ごみとして捨てることもあるようです。粉ミルクの缶の捨て方について、ママたちに聞いてみました。

地域のルールにあわせて捨てる

「粉ミルクの缶を捨てるときには、地域のごみの捨て方のルールを確認して捨てるようにしています。私の住む地域ではスチール缶は資源回収に出すことになっているので、回収日にまとめて捨てています」(20代ママ)

粉ミルクの缶の捨て方は住んでいる自治体によってさまざまかもしれません。素材によって捨て方が違う場合は、缶のラベルを見て蓋や缶それぞれの捨て方を確認して捨てるとよさそうです。

ほしい人に譲る

「粉ミルクの缶は保育園や小学校の工作に使えると近所のママに聞いたので、捨てる前にほしい人がいないか確かめるようにしています。しっかりした缶のためか家で使いたいという人もいるので、声をかけると喜ばれることもあります」(40代ママ)

粉ミルクの缶の捨て方としてほしい人に譲るという方法もあるようです。食品の保存もしやすい缶なのでさまざまな方法で利用できるかもしれません。ママのなかには、粉ミルク缶を譲ることで、近所の人とのコミュニケーションも取れたという声もありました。

粉ミルクの空き缶を有効利用しよう

子供達とたわむれるママ
iStock.com/monzenmachi

粉ミルクの缶の捨て方や利用の仕方をさまざまに工夫しているママがいました。丈夫で湿気の入りにくい缶は食品入れに再利用したり、ごみ箱にアレンジしたりすると便利かもしれません。子どもが喜ぶおもちゃにリメイクするなど、空き缶を有効利用できるとよいですね。

2019年03月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧