子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

ママたちが実践!話題のサービスでオリジナルフォトブックを作ってみた

ママたちが実践!話題のサービスでオリジナルフォトブックを作ってみた

数あるフォトブックサービスの中でも、リーズナブルかつ高品質な仕上がりが多くのママたちから支持されている「しまうまプリントフォトブック」。今回は、日々さまざまなシーンで写真を楽しんでいるママたちにフォトブックを実際に作成してもらい、仕上がりや使用感をレポート。フォトブック活用アイディアもあわせて紹介します。

しまうまプリントシステム株式会社

子どもの成長や思い出をおしゃれに残したい

「思い出をカタチに残せる」ところが魅力のフォトブックですが、みなさんはどのようにフォトブックを活用していますか?特別な記念日や何気ない家族の日常、子どもの日々の成長など、シーンに合わせてよりオリジナリティーあふれるフォトブックを作りたいママもいるのではないでしょうか。

わたしならこう使う!「我が家のオリジナルフォトブック」

そこで、普段から写真を撮る機会が多いママたちに、しまうまプリントのフォトブックを体験してもらいました。

思い出をカタチに!ワンコイン以下で作れるカジュアルフォトブック

毎日の成長の記録を

古屋真衣さん(@mai_furuya
子ども こうたろうくん(1歳0ヶ月)
    けんたろうくん(3歳)
親子
古屋さん
母が、わたしが生まれたときからの写真をアルバムにまとめてくれていて、それがとても嬉しかったんです。自分の子どもにも同じように、思い出を形に残してあげたいと思っています。

そう話す古屋さんは、普段からスマホで撮った子どもの写真を現像してアルバムを作っているそうです。

フォトブックを作るのは今回がはじめて。
「子どもたちの毎日の成長」をテーマに作成してくれました。

赤ちゃんはじめてのお散歩写真

こうたろうくん、はじめての公園散歩。
なかなかカメラの方を見てくれず…「目線くださーい!」のショットです。

お腹に写真を抱える男の子

おなかに抱える写真は1歳の誕生日記念。
ママの手作り王冠をかぶって「ハイチーズ!」
「ふぅー」の口元は、ケーキのロウソクを吹き消すところだったのかな?

ちなみに右上はクリスマスイベント、左上は風船をポンポンして遊ぶ日常のシーン。

兄弟の写真でフォトブック

そっくりな2人。兄弟の写真。
おんなじ表情をしてるね。

古屋さん
カメラ目線のものより、ふとした瞬間の自然な表情を写真に残しています。

2人の視線の先には何があるんだろ…。子どもたちとの会話にもつながりそうな写真ですね。

誕生日の写真を見る男の子
こうたろうくんは、フォトブックを絵本感覚で楽しんでいたそうです。
古屋さん
特に0,1歳の頃は成長が早く、毎日が『はじめて』の連続。はじめての寝返りやはじめてのお座り、はじめてのハイハイハイなど、次々と生まれる『はじめて』を、さっとフォトブックとして記録できるのは、手軽でとてもいいなと感じました。

成長記録と一緒に思い出も残せるところがポイントですね。

プレゼントにピッタリのサイズ感も気に入っています。

両親や祖父母へのプレゼントとしても喜ばれそうなフォトブック。将来子どもにプレゼントするのも素敵ですね。

写真に添えるちょっとした一言を考えたり、作る工程も充実した時間だったと話してくれた古屋さん。写真に言葉が添えてあるだけで、見返したときにより思い出がクリアに蘇りそうです。

子どもの成長の記録をフォトブックに

子どもの絵や工作の記録として

伊藤理香さん(@rvan2711
子ども よあんくん(3歳)
ママと子ども
伊藤さん
保育園から持ち帰ってくる絵や工作がしだいに増えてきて、捨てることもできないし、かといって全部とっておくわけにもいかず困っています。

そんな伊藤さんには、「子どもの絵や工作の記録」をテーマにフォトブックを作ってもらいました。

子どもの工作でフォトブック

保育園で毎年作ってくる年賀状。
そしてママの似顔絵。

子どものお絵かき作品をフォトブックに

お絵かきが大好きだというよあんくん。
写真とセットのレイアウトで、また違った雰囲気に。

子どものお絵かき作品をフォトブックに

手形かな?足形かな?
思いっきり「絵の具ペタペタ」を楽しんだ様子が感じられます。

子どものお絵かき作品をフォトブックに

なんとも言えない色合いとにじみ、くしゃっとした質感のアーティスティックな作品。

左の写真は近所の猫ちゃんだそう。

テーマをあえてはずした写真を差し込むアイディアもおしゃれですね。バリエーションも増えそうです。

伊藤さん
旅行や行事などの写真でフォトブックを作ったことはあったのですが、子どもの作品っていう発想はなくて新しい発見。思わずママ友にも紹介しちゃいました。

手頃な価格なのに、画質も綺麗で大満足。個人的にはマットな手触りが気に入っています。

子どもたちの作品って、言葉では言い表せないオリジナルな魅力がありますよね。「一生懸命描いたんだね」「どんな気持ちで作ったんだろう」そう思うとなかなか捨てられないし、かといってこれ以上保管する場所もない…。

特にこれから年度末にかけては、保育園や幼稚園で作った一年分の絵や製作物など、大量の作品を持ち帰ってくるシーズンでもあります。保存アイディアとして、フォトブックを上手に活用してみるとよいかもしれませんね。

子どもの作品をフォトブックで保存

ママの趣味もおしゃれに保存

伊原久美子さん(@kumiko.i_935
子ども ゆずちゃん(0歳11ヵ月)
パパ 勇太さん
家族写真

子どもが産まれてから写真を撮る機会が増え、フォトブックは普段から利用しているという井原さん。

そんな井原さんの趣味は料理。

伊原さん
SNSにアップするのももちろん楽しいのですが、どうしても流れていってしまうので、何か違った形で残せないかな?と思っていました。

そこで井原さんには「ママの趣味(料理)」をテーマにフォトブックを作ってもらいました。

オムライスの写真

オムライスは家族みんなの大好物

家族の食卓
伊原さん
メニューは家族のリクエストが中心。健康や彩りのバランスにも気を使っています。
食卓風景

料理に合わせた”うつわ”にもかなりのこだわりが。

食卓風景
伊原さん
フォトブックは、スマホの写真とはまた違った味わいがあり、新鮮さを感じました。SNSにアップするだけでは物足りない、でも料理ブログはちょっとハードルが高い…そんなときに、フォトブックは手軽でいいですね。
レシピを書き込めば、オリジナルのレシピブックにもなります。ママの趣味として楽しんだレシピブックを、将来子どもにプレゼントするのも素敵ですね。
ママの趣味にもおすすめ!フォトブック

入園の特別な思い出にも

子どもの成長記録からママの趣味まで、さまざまなシーンで活躍してくれるフォトブックですが、最後に、これからの卒園シーズンにおすすめの使い方を紹介します。

運動会やお遊戯会、遠足など、園生活では思い出とともに写真もたくさん増えたのではないでしょうか。卒園シーズンには、お友達と写真をプレゼントし合う場面もあるかもしれません。

そこでご紹介したいのが、写真ではなくフォトブックをプレゼントするアイディア。あえて空白のページを作れば寄せ書きも楽しむことができ、思い出をより色濃く残せそうです。

ちょっとしたママ友との写真交換には手頃な価格でコンパクトサイズのフォトブック、両親や親戚へのプレゼントには、ちょっとリッチな仕上がりのプレミアムタイプフォトブックにするなど、使い分けてもよいかもしれませんね。

アイディア次第で無限の可能性を秘めた、しまうまプリントフォトブック

いかがでしたでしょうか。しまうまプリントフォトブックの魅力は、なんといってもワンコイン以下で1冊から注文可能な手軽さ。マタニティフォトやペットの写真、子どものお弁当記録として…など、アイディア次第で新しい可能性をまだまだ広められそうです。ぜひ今回の記事を参考に、フォトブックライフをもっとライトにカジュアルに楽しんでみてはいかがでしょうか。

さまざまなシーンで活躍!ワンコイン以下で作れるカジュアルフォトブック

2019年02月12日

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事