パパの部屋として用意したスペースや使い方。ママが意識したこと

パパの部屋として用意したスペースや使い方。ママが意識したこと

書斎やワークスペースなどパパの部屋づくり

パパのなかには、自宅での仕事用として書斎など部屋を用意したいと考える方もいるのではないでしょうか。今回は、パパ専用の部屋はあるのかやパパの部屋として用意したスペース、インテリアにこだわったり一人の時間を楽しんだりなどパパの部屋の使い方とパパの部屋作りでママが意識したことを体験談を交えてご紹介します。

子育て中の家庭ではパパ専用の部屋はある?

子育て中の家庭では、パパが一人の時間をすごす部屋はあるのでしょうか。ママたちに、自宅のなかにパパ専用の部屋があるかを聞いてみました。

パパの部屋がある

30代ママ
我が家では、自宅を新築するときに夫の部屋を作りました。うちの夫はときどき自宅でも仕事をすることがあるので、集中できる個室があると短時間で取り組めると言っていました。

パパ専用の部屋を用意している家庭があるようです。仕事の他にも、パパが一人の時間を楽しむスペースとして専用の部屋を用意したというママの声もありました。

パパの部屋はない

20代ママ
うちは部屋の数が少なく、1部屋が狭い間取りなのでパパの部屋は用意していません。夫は『今は家族で同じ部屋ですごす方が楽しい』という考えのようで、子どもといっしょにリビングで遊んだり読書をしたりすることを楽しんでいるようです。

パパが自分の部屋を必要と感じていない場合もあるようです。ママのなかからは、将来家を建てるときにパパの部屋を用意したいが、今はパパの部屋がない状況だという声も聞かれました。

パパの部屋として用意したスペース

パパの部屋を用意した場合、家のなかのどのスペースをパパの部屋として使っているのでしょうか。パパたちに、どのようなかたちで部屋を用意したのかを聞いてみました。

専用の部屋

40代パパ
家を建てるときに3畳の洋室を作り、そこを自分の部屋にしています。家具を置いたら狭いかもしれないと思いましたが、普段はリビングで家族とすごす時間が長いので、自分には十分な広さだと感じています。

家の建設時に自分の部屋を作ったパパがいるようです。他にも、子どもが小さいうちは、将来子ども部屋として使う予定の部屋を自分の部屋として活用しているというパパの声もありました。

リビングや寝室の一角

30代パパ
リビングの一角を自分の部屋として使うために衝立を置いて、スペースを区切りました。机と椅子、本棚をレイアウトして使っています。

リビングの一角を間仕切りし、パパのスペースにするやり方もあるようです。パパのなかからは、寝室の奥に背の高い本棚を置いて間仕切りにして自分専用のスペースとして使っているという声も聞かれました。

ガレージや土間

ガレージの工具代
Nattapat.J/Shutterstock.com
20代パパ
ガレージの壁面に棚を置いて自分専用のスペースとしても使っています。折りたたみ式のテーブルと椅子も用意すると、一人になって考え事をしたいときなどにも便利です。

ガレージの壁面を専用のスペースとして使ったというパパの声もありました。他にも、広めの土間に間仕切りをしてパパの部屋を作ると、靴を履いた状態で立ち寄れるので気軽に友だちを招待しやすくなるかもしれませんね。

パパの部屋の使い方

パパの部屋はどのような使い方ができるのでしょうか。実際に、パパたちに専用の部屋の使い方を聞いてみました。

書斎

書斎で仕事をするパパ
iStock.com/visualspace
40代パパ
自分の部屋を書斎として使っています。自営業をしていることもあり、お世話になっている方へのお礼状を書いたり書類をまとめたりと仕事に関することをメインにすごすことが多いです。

仕事をするための書斎として部屋を使っているパパがいるようです。他にも、読書をするために机や椅子、本棚と手元を照らすライトを用意して使っているというパパの声もありました。

趣味の部屋

20代パパ
私の趣味は自転車なので、自転車を整備したり組み立てたりするためのスペースとして使いました。インテリアのひとつとしても楽しみたいので、部屋の壁面にディズプレイ用のパーツを取りつけて自転車を飾って楽しんでいます。
30代パパ
音楽を聴くことが趣味なので、リラックスできる座り心地のよい椅子を置いて音楽鑑賞の部屋として使っています。独身時代から使っているオーディオにヘッドホンをつなげたり、お店のように部屋にレコードやCDをディスプレイしたりするのも楽しいです。

パパの趣味を楽しむための部屋としての使い方もあるようです。飾り棚を設置してコレクションを飾ったり楽器を演奏するためのスペースとして使ったりと、パパが一人の時間を楽しむために使うとリフレッシュにもつながるかもしれませんね。

パパの部屋作りでママが意識したこと

パパ専用の部屋を作るとき、どのようなことを意識したのかをママたちに聞いてみました。

インテリアはパパの趣味に任せる

40代ママ
我が家はナチュラルな雰囲気のインテリアで統一していますが、夫の部屋は本人の趣味に任せています。夫が好きなアメリカンヴィンテージ風の家具や照明を用意して、好きなようにレイアウトするのが楽しいようです。

パパの部屋のインテリアは、夫に任せているというママがいました。パパの好みで壁紙やドアノブなどをリノベーションし、少しずつ隠れ家的なスペースになっていく様子をいっしょに楽しんでいるというママの声もありました。

掃除はパパが担当する

30代ママ
部屋の掃除は私の担当ですが、プライペートな空間なので夫の部屋は本人に掃除してもらうことにしました。休日や帰宅時間が早かった日を利用し、夫のよきタイミングで掃除しているようです。

パパの部屋の掃除は本人に担当してもらうのも、ママのやさしさかもしれませんね。ママのなかからは、子どもがパパの部屋に入ったときに触ると危ないものは片づけるようお願いしたという声も聞かれました。

パパがくつろげる部屋を用意しよう

赤ちゃんとパパの部屋
iStock.com/kohei_hara

パパが専用の部屋を持っているかは、家庭によってさまざまなようです。家のなかにパパ専用の個室がない場合でも、リビングやガレージの一角をパパの書斎や趣味のスペースとして用意したという声もありました。

パパの好みのインテリアを配置し、仕事が終わった後や休日に一人の時間を楽しむ部屋を用意できるとよいですね。

2019年06月26日


1

    Z
    パパの部屋を作るのってすごく大事なんじゃないかな?と思います

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧