【体験談】抱っこ紐の選び方や種類について。快適に使える抱っこ紐を選ぼう

【体験談】抱っこ紐の選び方や種類について。快適に使える抱っこ紐を選ぼう

赤ちゃんのことを考えた選び方やママ目線の選び方

出産を控えたママは抱っこ紐の選び方が知りたい場合もあるでしょう。赤ちゃんの首がすわり、セカンド抱っこ紐を考えているママもいるかもしれません。今回は、ママたちが使っていた抱っこ紐の種類や、赤ちゃんのことを考えた抱っこ紐の選び方、ママ目線での選び方についてご紹介します。

どのタイプの抱っこ紐を使っていた?

抱っこ紐には、腰ベルトがついた抱っこ紐とスリングの2種類があるようです。どちらの抱っこ紐を選べばよいか悩むママもいるかもしれません。

先輩ママが使っていた抱っこ紐の種類について聞きました。

腰ベルト

30代ママ
腰ベルトの抱っこ紐を使っていました。スリングより安定感があり、長時間抱っこもしやすいと思い選びました。
30代ママ
腰ベルトの抱っこ紐を使っていました。先輩ママがおすすめしてくれたメーカーのものを選びました。パパでも簡単に装着することができて、安定感があり良かったです。
腰ベルトの抱っこ紐を使うママは、安定感や使いやすさを重視しているようです。抱っこ紐を使う時間が長い場合は、腰ベルトの抱っこ紐を選ぶとよいかもしれません。

スリング

スリングで抱っこされる赤ちゃん
iStock.com/stock_colors
30代ママ
抱っこ紐を新品とおさがりで2つ用意し使いましたが、途中からスリングに変えました。子どもを抱っこしていないときに、バッグに収納しやすく、使わないときに持ち歩きしやすかったので、圧倒的に便利だと感じていました。
30代ママ
長女のときにスリングを使っていて慣れていたので、次女が生まれたときは新生児期からスリングを使っていました。
子どもが歩きたがるようになったり、ベビーカーをよく使ったりするときは、収納しやすいスリングが便利なようです。スリングは、包むように抱っこできるため、新生児のときによく使ったという声もありました。

赤ちゃんのことを考えた抱っこ紐の選び方

赤ちゃんのことを考えて抱っこ紐を選ぶときは、どのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。ママたちに選び方を聞きました。

月齢

30代ママ
新生児からずっと使える抱っこ紐を選びました。
20代ママ
首がすわる前とそれ以降の抱っこ紐は分けて使いました。新生児期は、ヘッドサポートや座部クッションがついているものを選び、セカンド抱っこ紐は、疲れにくさや安定感を重視しました。
赤ちゃんの月齢を考えて抱っこ紐を選ぶママが多いようです。新生児期は横抱きできる抱っこ紐を選び、首がすわってからは縦抱きできる抱っこ紐に変えるママもいました。新生児用のインサートの着脱ができ、月齢に合わせて使える抱っこ紐は、長く使えそうですね。

素材

抱っこ紐
moonrise - stock.adobe.com
20代ママ
赤ちゃんはよく汗をかくので、メッシュ素材の抱っこ紐を選びました。春に生まれて、暑い時期に抱っこ紐をよく使うようになるだろうと考えて選びました。
赤ちゃんは汗っかきなので、抱っこ紐でママと密着していると、熱がこもりやすいかもしれません。抱っこをしているときも、赤ちゃんが快適に過ごせるように、素材を重視して選ぶとよいでしょう。

抱き方

20代ママ
いろいろな抱き方ができるものを選びました。新生児から使えるように、横抱きできることも重要でした。
対面抱きや横抱きのほかに、前向き抱っこやおんぶなどができる抱っこ紐があるようです。おんぶをしながら家事をすることが多かったので、いろいろな抱き方ができる抱っこ紐は重宝したという声もありました。

ママ目線の抱っこ紐の選び方

ママ目線の抱っこ紐の選び方にはどのようなことが挙げられるのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

体の疲れにくさ

30代ママ
体が疲れないよう、肩紐にある程度クッション性があるものにしました。
20代ママ
腰ベルトが太く、しっかりとした作りをしている抱っこ紐を選びました。肩や腰が疲れにくく感じました。
赤ちゃんを長時間抱っこしていると、腰や肩が疲れたり、痛めたりすることもあるでしょう。肩紐や腰ベルトなど、抱っこ紐の作りを重視して選ぶと、体が疲れにくいようです。ママたちの話を参考に選べるとよいかもしれません。

使いやすさ

20代ママ
生まれてすぐは通販で購入したスリングを用意したのですが、練習してもうまく使えませんでした。赤ちゃんが泣いているときにすぐに抱っこできなかったので、使いやすいものを選びなおしました。
抱っこ紐を通販で購入したけれど、使いこなせなかったというママがいました。使いやすいかどうか、実際にお店で試してから購入してもよいかもしれません。

色や柄

30代ママ
男女兼用できるような色の抱っこ紐を選びました。抱っこ紐はパパも使うため、色や柄を重視しました。
抱っこ紐をパパと兼用する場合もあるでしょう。抱っこ紐のなかには、かわいらしい色や柄のものもありますが、パパが抵抗なく使えるものを選ぶと、積極的に赤ちゃんを抱っこしてくれるかもしれませんね。

赤ちゃんとママが快適に使える抱っこ紐を選ぼう

抱っこ紐で散歩する家族
iStock.com/Satoshi-K
抱っこ紐には、腰ベルトのついた抱っこ紐とスリングがあるようです。使いやすく安定感がある抱っこ紐を使いたい場合は、腰ベルトのついた抱っこ紐を選ぶとよいでしょう。

スリングは、コンパクトで収納しやすいため、ベビーカーを使うことが多いママに向いているかもしれません。

抱っこ紐を選ぶときは、赤ちゃんの月齢や抱っこ紐の素材を考えて選ぶママがいました。ママ目線で抱っこ紐を選ぶときは、体が疲れにくく、使いやすいものを選ぶとよいようです。

先輩ママの選び方を参考に、赤ちゃんとママが快適に使える抱っこ紐を選べるとよいですね。

2020年03月07日

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧