入学式らしい靴下やタイツを選ぼう。ママたちの選び方のポイント

入学式らしい靴下やタイツを選ぼう。ママたちの選び方のポイント

長さなどのママたちが意識したこと

入学式に参加する女の子の、靴下やタイツについて知りたいママやパパもいるのではないでしょうか。色やデザインはどのような種類があるのかや、選ぶときのポイント、長さなどの意識したことも気になるかもしれません。実際に、ママたちが小学校の入学式で子どもに履かせた靴下やタイツについて体験談を交えてご紹介します。

入学式に女の子が履く靴下やタイツ

ソックス
sirtravelalot/Shutterstock.com

入学式に女の子が履く靴下やタイツについて気になることをママたちに聞いてみました。

20代ママ
祖父母から、小学校に入学する娘にお祝いでセレモニーワンピースをいただいたのですが、入学式らしいワンピースにあう靴下やタイツの種類が知りたいです。
30代ママ
入学式で女の子に靴下やタイツを履かせるとき、ママたちが意識したことや工夫したことなどあったら教えてほしいです。
入学式に女の子が履く靴下やタイツでは、デザインの種類やママたちが意識したことなどが知りたい方もいるようです。入学式らしいデザインの靴下やタイツは、どのようなものがあるのでしょうか。 

入学式らしい靴下やタイツのデザインの種類

入学式に、ママたちが実際に履かせた靴下やタイツのデザインの種類を聞いてみました。

無地のもの

30代ママ
小学校の入学式には、娘に無地の黒い靴下を履かせました。スカートスーツとも相性がよく靴下にあわせて黒いローファーを履かせたのできちんとした印象のコーディネートになりました。
無地の靴下を選んだママがいました。無地でシンプルなタイプのものであれば、さまざまな場面で使いやすいかもしれません。

柄があるもの

20代ママ
ピンクのワンピースにあわせて白いレース柄のタイツを選びました。初めて履くレース柄タイツを、娘も気に入ったようで入学式当日履けるのを楽しみにしていました。
レース柄の入ったタイツを選んだママもいるようです。他にも、ハートやチェック柄などさまざまな柄があるので、入学式らしいデザインを取り入れてコーディネートを楽しんでみるのもよいかもしれません。

フリルつきのもの

40代ママ
娘と入学式の衣装選びで買い物したときに、「これで行きたい!」とフリルのついた靴下を自分で選びました。ふわふわとしたフリルが女の子らしく、足元も華やかになりました。
フリルのついた靴下は女の子らしいコーディネートできそうです。セレモニー衣装にフリルのデザインがあしらわれていたので、足元もフリルつきの靴下をあわせて統一感のあるコーディネートにしたというママの声も聞かれました。

ラメが入ったもの

30代ママ
セレモニー衣装が落ち着いた色とデザインだったので、グレーのラメタイツを履かせました。「タイツかわいい!」とママ友からも好評でした。
入学式の華やかな雰囲気にあわせてラメタイツを選んだママもいるようです。衣装やタイツの色やラメのバランスを考えながらコーディネートすると、入園式にあうものが見つけやすくなるかもしれません。

入学式に女の子が履く靴下やタイツのデザインを選ぶポイント

タイツ
Africa Studio/Shutterstock.com

入学式に女の子が履く靴下やタイツのデザインを選ぶポイントを聞いてみました。

服装にあっているもの

20代ママ
色やデザインなど服装とのバランスを見ながら選びました。購入済の衣装を携帯の写真に保存しておき、見ながら選ぶと決めやすかったです。
靴下やタイツを選ぶとき、服装とのバランスを見ながら決めるとよいかもしれません。衣装を購入するお店で、いっしょに靴下もあわせながら選んだというママの声もありました。 

気候にあった素材

40代ママ
まだ肌寒い時期でもあったので、厚手のタイツを選びました。入学式中も冷えることなくすごせたようなので、厚手のものにして正解でした。
地域によっては、入園式当日はまだ寒い時期でもあるかもしれません。気候にあった素材で、デニールの厚さを意識した、リブやニット素材の靴下やタイツを選んだというママの声も聞かれました。

普段使いできるもの

30代ママ
普段でも着回すことのできるシンプルなデザインの靴下にしました。普段用の靴下を買うとき同様に滑り止めがついたものを選びました。
入園式以外でも使えるように、普段の靴下やタイツを選ぶときに気をつけることを意識して選んだママもいるようです。シンプルなデザインであれば、冠婚葬祭などさまざまな場面で使いやすいかもしれません。

入学式用の靴下やタイツを履くときに意識したこと

入学式用の靴下やタイツを履くときに意識したことを聞いてみました。

靴下がずり下がらないかチェックする

20代ママ
入学式には、普段履くことのないニーハイソックスを履かせたのでずり下がらないか事前に履いて確認しました。立ったり座ったりの動作をして確認したので、当日も安心して履かせることができました。
ニーハイソックスを履いたときに、靴下が下がらないかを事前に確認したママもいるようです。靴下の場合、長さを揃えることも意識して履かせた、子どもにも高さをあわせるように教えたというママの声も聞かれました。

タイツを自分で脱ぎ履きできるようにしておく

30代ママ
自分で脱ぎ履きできるように履き方を教えて、当日までに何度かタイツも履かせてみました。学校のトイレも、自分でスムーズに着脱できたようでよかったです。
タイツの履き方を事前に教えておくというママもいるようです。自分できちんと履けるように、履く機会を増やしたり事前に練習をしておくのも大切かもしれませんね。

入学式に靴下やタイツでトータルコーディネートを楽しもう

トータルコーディネート
Africa Studio/Shutterstock.com
入学式に履かせる女の子用の靴下やタイツには、さまざまなデザインがあるようです。セレモニー衣装の色やデザインとのバランス、気候にあった素材、普段使いできるかなどをポイントに選んでいるママたちがいました。

靴下やタイツを履かせるときには、ずり下がらないかの確認や長さを揃える、子どもが自分で脱ぎ履きできるように意識したというママたちの意識するとよいかもしれません。ママたちの体験談を参考に、小学校の入学式に素敵なトータルコーディネートができるとよいですね。

2020年01月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧