保育園のバレンタイン事情。贈り物やお返しで意識しておきたいこと

保育園のバレンタイン事情。贈り物やお返しで意識しておきたいこと

バレンタインならではのおやつや給食は?

保育園に通う子どもから、先生や友だちにバレンタインの贈り物をしたいと言われ、考えるママもいるかもしれません。今回の記事では、バレンタインの給食やおやつ、贈り物を禁止しているなど保育園のバレンタイン事情と、保育園児がバレンタインの贈り物やお返しを手作りする場合に意識しておきたいことなどをご紹介します。

保育園児のバレンタインで気になること

バレンタインが近づくと、お店にはチョコレートや贈り物がたくさん並び、子どももワクワクした気分になるかもしれません。保育園に通う子どものいるママに、バレンタインで気になることを聞いてみました。

20代ママ
保育園年長の娘は、先生やお友だちにバレンタインの贈り物をしたいと言っています。ルールや気をつけることなど、トラブルにならないために意識しておきたいことについて知りたいです。
30代ママ
家庭料理の参考になると思い、保育園のバレンタインメニューについて知りたいです。バレンタインの日の給食やおやつに特別メニューを出している保育園では、どのような工夫がされているのでしょうか。
ママのなかには、バレンタインの贈り物で気をつけておきたいことや、バレンタインにちなんだ給食やおやつにはどのようなものが出るのか気になる方もいるようです。

今回は、保育園のバレンタイン事情や保育園児がバレンタインの贈り物やお返しをするときに意識しておきたいこと、用意するプレゼントについてご紹介します。

保育園のバレンタイン事情

バレンタイン
sarsmis/Shutterstock.com

バレンタインの日に、保育園では特別メニューを出したり贈り物のルールを決めていたりするのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

バレンタインの給食やおやつは

40代ママ
娘の通う保育園では、毎年バレンタインにちなんだ特別メニューが出ます。今年は給食にハート型のゆかりご飯と、ハートの形をしたマカロニのスープ、おやつにいちごムースが出ました。フルーツポンチやパフェの年もあり、給食に何が出るのか子どもも楽しみにしているようです。
バレンタインの日の給食やおやつでは、ハートやピンク色を基調とした献立にするなど、趣向をこらしている保育園もあるようです。バレンタインにちなんだ特別メニューで、子どもたちも給食やおやつの時間を、楽しく幸せな気持ちですごすことができそうですね。

贈り物はしてもよい?

20代ママ
娘の通う保育園では親や子ども同士のトラブルを避けるため、チョコレートなど贈り物のやり取りを禁止しています。ルール化されていると、親も気を使う機会が減るのでありがたいです。
20代ママ
うちの子の保育園では、贈り物のやり取りに関してルールはありませんが、トラブルにならないように気をつけています。お友だち同士では、保育園の帰り道や自宅で渡すなど、周囲に気遣いながらやり取りする家庭が多いようです。
贈り物に関するルールは、園によって決まっていたり、決まっていなかったりするようです。子どもや親同士の間でトラブルにならないように、渡す場所を考えるなど、周囲への配慮を忘れないことが大切かもしれません。

バレンタインの贈り物やお返しで意識したこと

保育園児がバレンタインの贈り物やお返しをするときに、意識しておきたいことについてママたちに聞いてみました。

保育園のルールを守る

30代ママ
贈り物を園に持参してもよいか、事前に先生に確認しました。園ではルールを設けているわけではないが、トラブルにならないよう配慮してほしいとのことでしたので、帰り道や自宅で渡すようにしました。
20代ママ
保育園のルールでは、贈り物のやり取りは禁止しているとのことだったので、子どもに説明して、渡せないことを納得してもらいました。代わりに、パパやおじいちゃんに渡して喜んでもらい、満足した様子です。
バレンタインの贈り物やお返しをするときには、保育園のルールのなかで楽しめると、子どもにとってもよい思い出になるのではないでしょうか。子ども同士は仲良しでも普段やり取りのない家庭の場合は、先生に相談したところ、連絡帳に挟んで渡してもらえたというママの声もありました。

予算や相場を考えて用意する

40代ママ
バレンタインデーに娘の友だちから、チョコレートや雑貨などいろいろといただき、金額を考えるとお返しが大変だと感じることがありました。受け取った側がお返しに気を使うことがないようにと思い、子どもの年齢にみあった金額のなかでプレゼントをいっしょに考えています。
バレンタインに高価な贈り物をもらうと、返ってお返しなどの気を使わせることもあるようです。バレンタインの贈り物の金額は、相場を確認しつつ、贈った相手に気を使わせないように配慮することも大切かもしれません。

親同士が親しい場合は、バレンタインではいくらまでと事前に予算を決めてやり取りしているというママの声もありました。

保育園の子どもと用意したバレンタインギフト

バレンタインの贈り物
Jeanette Dietl/Shutterstock.com

保育園に通う子どもと、どのような贈り物を用意したのかママたちに聞いてみました。

手作りのお菓子

40代ママ
手作りのチョコレートを、年長の娘と作りました。チョコレートを湯煎して型に流し込み、トッピングをする作業など、娘も楽しい時間をすごせたようです。
30代ママ
手作りに抵抗のあるママもいるかもしれないと思い、市販のものを用意してラッピングを子どもと楽しみました。個包装の市販のチョコレートをかわいい袋に入れてリボンをつけるだけで、簡単でおしゃれな贈り物になり子どもも喜んでいました。
子どもといっしょに手作りのお菓子づくりをしたというママや、手作りを避けてラッピングを子どもと楽しんだというママの声がありました。贈るだけでなく、プレゼントを用意する時間も楽しめるのは素敵ですね。

お菓子以外のもの

20代ママ
チョコレートや甘いものを子どもにあげたくないママもいると思い、紙粘土で手作りしたお菓子に手作りのカードを添えて渡しました。
子どもに甘いお菓子をあげたくないママに配慮して、手作りのカードや雑貨をあげたというママの声がありました。折り紙でお花とお菓子を作るなど、小さな子どもならではのバレンタインのやり取りを楽しんでいるというママもいました。

保育園児ならではのバレンタインを楽しもう

バレンタインの女の子
Yuganov Konstantin/Shutterstock.com

バレンタインに贈り物のやり取りを禁止しているかどうかは、保育園の方針によってさまざまなようです。なかには給食やおやつメニューでイベント感を楽しんでいるようだというママの声もありました。

バレンタインの贈り物やお返しを渡すときは、園のルールを守りながら、贈る友だちやママの負担にならないように意識することも大切かもしれません。友だちや先生に贈り物をしたいという子どもの気持ちを大切に、贈り物やカードを手作りするなど、子どもといっしょにバレンタインを楽しめるとよいですね。

2020年01月23日

専門家のコメント
21
    とーち先生 保育士
    以前勤めていた保育園では、先生達から気持ちばかりのバレンタインチョコを頂いてました。


    0歳クラスはまだ食べれないことも多いので、赤ちゃん向けのお菓子だったり。。

    お返しは息子と一緒にクッキーを作りました!お菓子作りも機会がないと中々しないので、親子でクッキングを楽しむ事ができました♪

    友達にあげるならば、アレルギー等に気をつけて気持ちばかりのお返しをするかもしれません。

    そして、そのお友達のお母さんにも手紙を一言添えるかも。アレルギーひどい子は触るだけでも、ダメなので。。
    なつまる先生 保育士
    園ではアレルギーの子もいるので、バレンタインのお菓子を持ってくるのは禁止していました!
    園外でお迎えのときなどにやり取りしていた子たちはいたみたいですけど!
    給食のおやつの時間にはハートのチョコクッキーなどが出ることもありましたよ♡
    ぽんた先生 保育士
    先生個人にあげるなら、手紙とか、折り紙で手作りしたものの方が気をつかわせないかなと。お菓子などを、あげるなら、先生方皆さんでーという感じの方が先生ももらいやすいと思いますよー。ひとりだけ何かもらうと、お返しも考えなきゃですし。。
    あゆみ先生 保育士
    私の園ではアレルギーの子がいることもあり、園内での交換は禁止していました!お菓子をもらった、もらえない、というトラブルなどもあるので…。
    楽しいイベントなので、それぞれのルールをしっかり守りながら楽しめると良いですよね。
    さと先生 保育士
    昔はバレンタインと言えば必ず女性から男性へチョコレートを送る文化でしたが今は変わってきていますね。
    仲の良い人やお世話になってる人に何かおしゃれなものを送って楽しむ人が増えているように思います。

    園内で子どもだけでチョコレートなどのお菓子を送るのは禁止の園が多いと思います。
    またアレルギーやチョコレートを食べさせない家庭方針もありますので食べ物でないものを送る方がトラブルを防ぐことができますね。
    お菓子のイラストや折り紙のついた手作りのポストカードなども子どもらしくて可愛いのではないでしょうか♡
    すみっこ先生 保育士
    勤めていた幼稚園、通っている幼稚園共に特にルールはないです。降園後のことなので、ご自由にどうぞ~という感じです。 娘なのですが、お友だちに『友チョコ』をもらい、ホワイトデーにお返しをしたことがあります。園児だと特に手作りだと抵抗のある方もいると思うので、市販のお菓子を可愛い袋に入れて渡しました✨
    あーちん先生 保育士
    保育園ではおやつでハート型のクッキー、ココアゼリーなどでした!子どもたちも喜んでいました!

    4.5歳になるとチョコレートをお友達と交換したいということもありそうですね。保育園ではなく、園外で子どもと保護者の方と一緒にあげられるといいと思います!
    おはぎ先生 保育士
    勤めていた所はアレルギーの心配、他のお友達が欲しくなるなどで禁止していました。必要なもの以外は持ってこないが原則だったので‥
    ただ、アレルギー関係なく手作りの贈り物はちょっと避けてますというご家庭も何割かいらっしゃったので子供達の気持ちでお手紙とかがいいと思います。
    まあ先生 保育士
    働いている保育園ではアレルギーなども考慮して、交換したり持ってきたりするのは禁止でした。送迎時に個人的にやり取りしている子たちはやっぱりいますよね。おやつでクッキーなどが出たのでバレンタインデー気分は味わえました♥
    かいまな先生 保育士
    わたしの働いていた園では、保育園でのおやつのクッキーがハート型になったりしていましたよ!
    バレンタインなので、クラスの女の子が男の子にあげたいと言っていましたが、基本的におうちからおやつなどを持ってくることを禁止していたので、お迎えの時など保育園の外でやってもらうようにお願いしていました。
    じゅん先生 保育士
    バレンタインは、今、企業でも禁止にしている所が多いです。ホワイトデーのお返しが大変なので、辞めた方がいいと思います。子どもの気持ちを大切にすると言うのであれば、気持ちだけを先生に伝えたらいいと思います。
    まゆ先生 保育士
    園内に持ってくるのは禁止ですが降園後の交換やプレゼントはあったようです。バレンタイン作るんだ〜。○○ちゃんにあげるんだ〜。という話は聞いていました。アレルギーに気をつけて園外でやり取りする分には子どもたちも楽しそうなのでいいと思います。
    なえ先生 保育士
    保育園での受け渡しは、賛否両論ありますよね。アレルギーのことももちろんだし、そもそもあげたりもらったりするのもNGだったりします。
    例えばカバンにつけているキーホルダーを見て、それかわいいね!いいなーーといったら、じゃああげるよ!同じの他にも持ってるし!みたいなやりとりが子ども同士であって、あとで親御さんから「つけていたキーホルダーがなくなったんですけど」とクレームがくることも。そういったことから、物の受け渡しを園でするというのは禁止にしているところが多いと思います。仲の良い人同士でのやりとりなら、個人的に会って受け渡すのが1番ですね!
    みき先生 保育士
    アレルギーの子もいるので、子ども同士で渡さないよう配慮していました。
    親のいる前で親と一緒に渡すなど、配慮も必要かとおもいます。せっかくのバレンタインのイベント楽しみたいですよね♫
    ひよこ先生 保育士
    保育園だと、もらえた子ともらえなかった子でトラブルになったり、あげたはずなのになくなったり、誰のか分からないのが落ちていたり…ということが予想されるので、降園後にしてください と事前にお知らせする保育園が多かったです。
    せっかくやり取りするなら、お互い気持ちよくやり取りしたいですよね◡̈♥︎
    はなこ先生 保育士
    園によって様々だと思います!
    アレルギーの子がいたり、もらえない子がいたりしたらかわいそうだとか色々あるので、近年は園での交換は禁止です。というところが多いのではないでしょうか?
    幼稚園だと終わった後に公園やお友達のお家で交換などできますが、保育園だとお迎えの時間もバラバラなのでなかなか難しいですよね。
    園のルールなどをしっかり確認さた上でできるといいですね!
    でぶいも先生 保育士
    保育園でのチョコレート交換は、登降園時に親御さんと一緒の時だけオッケーになっていました。担任に作ってきてくれる子もいて、お母さんと一緒に可愛くデコレーションやラッピングをしていてあって、それも素敵な親子の触れ合いだなと感じました。
    ぺち先生 保育士
    園では、プレゼントやお手紙の交換が禁止だったので、バレンタインも何も交換などなかったです。幼稚園が終わった後、個人的に交換したい子は交換をしていました。せっかくの行事なので、楽しめるといいですね!
    いちぽ先生 保育士
    保育園や幼稚園だと園内ではバレンタインは禁止しているところもあるのではないでしょうか。
    うちはトラブルの元になるので禁止にしていました!
    せおみ先生 保育士
    年長になるとあの子に渡したい。という想いがでてくるようですね。働いていた時も渡している子がいました。園で決まりは定められていなかったのですが、もらえる子ともらえない子がいるので分かりやすくは控えた方が良いのかな。と思いました。
    りお先生 保育士
    園によって対応が違いそうですよね。

    持ってくること自体を禁止している園も有れば、先生からチョコレートをもらうという園もあり。

    先生からもらえる園はいいですが、持ってくること自体を禁止している園で有れば、まず持ち込むことがダメですよね。
    園とは離れたところでの受け渡しになります。
    そこまでしても渡したい!!、とお子さんが言うので有れば、保護者の方とコンタクトを取って園の外でということになるかと思います。

    バレンタイン、親も大変だな、、と最近思います💦
おすすめユーザーのコメント
2
    YK
    意外と自分の園のルールがどうなってるのかって知りませんね… 贈るとしてもアレルギーが心配なので、シールとかのちょっとしたものかな
    YSK
    娘が通っていた保育園はバレンタインのチョコの受け渡しはNGでした。
    子ども同士で受け渡しをしてアレルギーの子が誤って食べてしまったりを防ぐため、とのことだったので退園後に保護者同士が渡すならOKでした!

イベントの関連記事

カテゴリ一覧