幼稚園の修了式の子どもと親の服装。修了式のマナーや流れ

幼稚園の修了式の子どもと親の服装。修了式のマナーや流れ

ママたちの体験談

幼稚園の修了式では、どのような服装を選べばよいのか迷うママたちもいるかもしれません。今回は幼稚園の修了式はどのようなマナーがあるのか、ママたちの体験談も交えて紹介します。

幼稚園の修了式について

幼稚園の修了式はだいたい3月20日前後に行われることが多いでしょう。

修了式の内容は卒園証書の授与があり、園長先生や来賓の方の挨拶があるようです。そのあとは卒園児が歌をうたったり、卒業制作を発表したり、親への感謝の言葉を伝えるなど園によって異なるようです。

修了式にはママとパパが出席することが多いようですが、おじいちゃんやおばあちゃんが参加するケースも増えてきているようです。

園によっては席数が限られている場合があるので、おじいちゃんやおばあちゃんも出席する場合は、事前に園に確認しておくとよいでしょう。

幼稚園の修了式の流れ

幼稚園の修了式は、だいたい1時間くらいで終了することが多いようですが、特に幼稚園の場合は修了式のあとに謝恩会へと続くこともあるようなので確認しておきましょう。

謝恩会は、先生たちに感謝の気持ちを伝えるために、食事をしながら出し物をすることが多いようです。

卒園児の保護者が中心となって行うのが一般的です。修了式のあとは準備であわただしくなりますが、ほかのママたちといっしょに協力して行いたいですね。

幼稚園の修了式の服装

子供用のスーツ
iStock.com/popovaphoto

幼稚園の修了式での服装はどのようなものがよいのでしょうか。

子どもの服装

30代ママ
娘といっしょに洋服屋に行って、娘が自分でタータンチェックのスーツを選びました。入学式でも着れるような、すこしフォーマルなものを選びました。

女の子の場合は修了式の服装を自分で選びたがる、という声が複数ありました。

20代ママ
蝶ネクタイの短パンのスーツにしました。あまり流行に関係ない飽きの来ないデザインにして、2年後の弟の卒園式にも使いまわそうと思って買いました。

スーツを新調するならば、あとで弟や妹が着れるようなデザインを考えておくと使いまわしできそうですね。

30代ママ
写真屋さんの撮影のセットで、好きな服が1日借りれるので、本人が気に入ったクラシカルなワンピースにしました。靴まで貸してくれるので便利でした。小学校の入学式も同じサービスを使いましたが、毎回違う服が楽しめるので、娘も喜んでいました。

写真屋での撮影のオプションとして、衣装が借りれるサービスを行っているところもあるようです。

購入する必要もなく、そのときの流行りや好みに合わせて選べるので便利かもしれませんね。

親の服装

naka - stock.adobe.com
30代ママ
ネット通販で探していたところ、卒園式の親の服装というカテゴリーがあったので、その中にあるものから選びました。私の場合はパンツスタイルがよかったので、グレーのパンツとジャケットのセットアップを選びました。

最近は、ネット通販で修了式の服装を選ぶ親も増えているようです。種類も豊富にあり、隙間時間にチェックできるので、忙しいママたちも時間に関係なく選びやすい、という声がありました。

20代ママ
ママ友といっしょにモールの中を巡って探しました。ちょうど卒業式・入学式のフェアをやっていて、必要なものをまとめて購入することができました。私はベージュのスーツのセットアップで、ママ友は黒のパンツスタイルのスーツのセットアップを選びました。試着しながら選ぶことができて、パンツの場合は裾上げもしてもらえるので、お店で選べてよかったと思いました。

通販が楽だというママたちもいますが、お店に行って試着をしてから買いたい、と思うママも多いようです。ショッピングモールやデパートでは、時期によって修了式や入学式に必要なもの一式を催事場で行っている場合も多いようなので、実際に見たり試着したいときには行ってみてもよいかもしれませんね。

幼稚園の修了式での挨拶

幼稚園の修了式では、代表の保護者が挨拶することが多いようです。

挨拶をする場合はその内容も自分で考えることになりますが、長くなりすぎないように注意しましょう。だいたい1000文字を超えないようにすると、ちょうどよい長さになるようです。

幼稚園生活でお世話になった先生方全員に、お礼が伝えられるような内容を意識するとよいでしょう。

そのために構成は、お世話になった先生方への感謝を述べ、運動会やお泊り保育などの幼稚園の思い出を交えて、幼稚園生活を終えることについての今の心情を伝え、結びの言葉へとつなげるとよいようです。

挨拶文ををプリントして、練習しておくと本番のときにリラックスして読めそうですね。緊張すると早口になりがちになるので、ゆっくり、はっきりと読むように気を付けるとよいようです。

思い出に残る幼稚園の修了式にしよう

パパにシャツを着せてもらっている男の子
iStock.com/kohei_hara

幼稚園の修了式は、子どもが人生で一番最初に迎える卒業となります。

幼稚園の修了式は親も子どももフォーマルな服装を選ぶとよいでしょう。お世話になった先生への感謝の気持ちとともに出席し、思い出に残るようにしたいですね。

2019年12月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧