子どもとお正月遊びを楽しもう。家族で楽しむ過ごし方

子どもとお正月遊びを楽しもう。家族で楽しむ過ごし方

遊びを通してお正月をより身近に感じよう

お正月遊びは、子どもに日本の文化を伝えられるよい機会。今年のお正月は、子どもとお正月をより身近に感じる遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。お正月の定番の遊びはもちろん、歌や手遊び、ゲームなど、子どもと楽しめる遊びや過ごし方をまとめました。

子どもとお正月ならではの遊びを楽しもう

日本の文化であるお正月、おせちやお年玉などを心待ちにしている子どももいるのではないでしょうか。年末に帰省をして、祖父母や親戚と集まってすごす家庭もあるでしょう。

お正月は、子どもに日本の文化や伝統を伝えられるよい機会かもしれません。子どもと遊びを楽しみながら、自然に伝えられると嬉しいですよね。

今回は、お正月ならではの遊びや楽しみ方をご紹介いたします。

子どもと楽しめるお正月遊び

お正月に子どもと楽しめる遊びといえば、何を思い浮かべますか?お正月をめいっぱい楽しめる遊びをご紹介します。

昔遊び

こま
iStock.com/mykeyruna

年末年始は、祖父母や親戚に会う機会も多いのではないでしょうか。お正月の伝統遊びには、凧あげやコマまわし、福笑い、羽子つきなどたくさんの種類があります。

昔遊びにくわしいおじいちゃんおばあちゃんと遊べば、とても盛り上がりそうですよね。遊びのなかで、昔のお正月について話を聞くのもおもしろそうです。

歌や手遊び

お正月の歌や手遊びは、用意もいらず簡単に遊ぶことができるのが嬉しいポイントです。

おもちやみかんをモチーフとした手遊びや、お正月や冬をテーマとする歌を子どもとうたって楽しんでみてはいかがでしょうか。

歌詞のアレンジを子どもといっしょに考えるのも、盛り上がりそうですね。

ゲーム

人数が集まる機会には、すごろくやボードゲーム、カードゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

家族対抗のチーム戦で行うのも盛り上がりそうです。ひらがなのかるたや百人一首を使った、坊主めくりは、誰でも簡単に楽しむことができそうですね。

折り紙遊び

いつもの折り紙遊びも、お正月ならではのアイテムを子どもといっしょに作れば、よりお正月を身近に感じられるのではないでしょうか。

折り紙遊びを通して、お正月や干支の由来を話すと興味を持って聞いてくれそうですよね。

作った折り紙を飾ったり、プレゼントしたりするのもよいかもしれません。

番外編!お正月の楽しみ方

遊び以外にも、お正月の過ごし方や楽しみ方は、豊富にあります。お正月遊び以外の楽しみ方をご紹介します。

初詣や挨拶まわりに行く

T.TATSU/Shutterstock.com

お正月の初詣や挨拶まわりを予定している場合は、着物を着てお出かけするのもよいかもしれません。

挨拶の礼儀や、初詣のマナーなどは事前におさらいしておくとよさそうです。おみくじを引いて、今年はどんな年になるかな?と運試しをするのもよいでしょう。

書初めをする

新年の目標や願いを込めて、書き初めをするのもよいかもしれません。子どもが小さい場合でも、ママやパパのサポートがあれば、書初めにチャレンジすることができそうです。

今年はどんな1年にしたいか、家族で話し合うのもよいですね。

家でゆっくり過ごす

お正月は、特別番組が豊富にあります。楽しいテレビ番組を見ながら、家族でゆっくりくつろぐのもよいですね。

残ったおせちやおもちのアレンジ料理を子どもといっしょに作って楽しむのもよいかもしれません。

お正月を身近に感じながら過ごそう

iStock.com/visualspace

お正月の過ごし方には、おせちやお年玉、初詣などさまざまな楽しみ方があります。今年は、お正月の遊びを子どもといっしょに楽しんでみてはいかがでしょうか。

遊びを通して、子どもにお正月の文化や伝統をさり気なく伝えていけるとよいかもしれません。

家族でお正月を身近に感じながら、すてきな新年をすごせるとよいですね。

2020年01月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ