結婚記念日にお花のプレゼント。予算や選び方と喜ぶ渡し方

結婚記念日にお花のプレゼント。予算や選び方と喜ぶ渡し方

結婚記念日に妻へ贈った花のプレゼント

結婚記念日に妻へのプレゼントとしてお花を贈ろうと考えたとき、予算の相場やどのような種類の花がよいのかなど気になるパパもいるかもしれません。今回の記事では、花言葉や色などの花の選び方と、花束などフラワーギフトの種類の他に、メッセージカードを添えるといった渡し方についてご紹介します。

結婚記念日にお花をプレゼントしたいとき

結婚記念日にお花をプレゼントしたいと考えているパパもいるのではないでしょうか。パパたちに、結婚記念日に贈るお花について気になることを聞いてみると、お花の選び方や渡し方について気になる方がいるようです。

パパのなかには、相場や予算が知りたいという声もありました。

そこで今回は、結婚記念日に妻へ贈るお花の選び方や渡し方についてパパたちの体験談をお伝えします。

結婚記念日に贈るお花の選び方

結婚記念日に贈るお花を選ぶとき、どのお花を選んだらよいのか迷うパパもいるのではないでしょうか。結婚記念日に妻へお花を贈ったことのあるパパたちに、どのようなことをポイントに選んだのか聞いてみました。

花言葉を意識する

30代パパ
花屋さんに結婚記念日のプレゼントとして妻に渡すことを話したところ、選ぶポイントになるようにと花言葉を教えてくれたので、自分の気持ちにあった花をプレゼントに選びました。妻に渡すときに花言葉もいっしょに伝えると、とても嬉しそうな表情をしてくれました。
妻へ伝えたい気持ちにあった花言葉のお花を選ぶことで、普段なかなか口にできない気持ちを伝えることができるかもしれません。お花そのものに花言葉がある以外に、本数や色によって花言葉があるお花もあるようです。

結婚記念日に贈るお花を選ぶときは、お花屋さんなど専門家に相談してみるとよいかもしれませんね。

思い出のあるお花を選ぶ

結婚式のブーケ
iStock.com/o_sa
20代パパ
結婚式のときのブーケに使ったガーベラをメインにした花束を作ってプレゼントしました。花の色も結婚式と同じ色をチョイスしたところ、妻は「結婚式を思い出すね」と喜んでくれました。
結婚記念日に妻へ贈る花束には、2人にとって大切な思い出にまつわるお花を選ぶのも素敵かもしれませんね。パパのなかには、プロポーズしたときに渡したお花と同じお花をプレゼントしたという声もありました。

お手入れのしやすさを考える

40代パパ
妻はあまりマメな方ではないので、お手入れのしやすい花を選ぼうと思いました。花屋さんで希望の予算と色、手入れのしやすさなどを相談して決めました。
妻の性格を考えてお手入れのしやすいお花を選んだパパがいるようです。他には、花瓶に入れ直さずにそのまま飾れる花を選んだというパパの声も聞かれました。

結婚記念日に贈ったフラワーギフトの種類

結婚記念日にお花をプレゼントするときどのような形で贈ると、妻に喜んでもらえるのか気になるパパもいるようです。実際に贈ったフラワーギフトの種類をパパたちに聞いてみました。

花束

40代パパ
私は結婚記念日のプレゼントには花束を用意しています。毎年、結婚年数分のバラと白いかすみ草で作った花束を贈るのですが、花束を見てあらためて結婚してからの年月の長さを感じました。
結婚年数分のバラの花束を贈るのは素敵なアイデアかもしれませんね。パパのなかからは、花束は予算にあわせて作ってもらえるので、無理なく毎年贈りやすいという声も聞かれました。

フラワーアレンジメント

30代パパ
プレゼントした花をすぐに飾れるようにフラワーアレンジメントを結婚記念日のプレゼントに選びました。花を生けることが苦手な妻は「お花がきれいに飾れて嬉しい」と喜んでくれました。
花瓶などに生ける必要のないフラワーアレンジメントは、そのまま飾れて喜んでもらえそうなフラワーギフトのひとつかもしれません。パパのなかには、飾る場所をイメージしてフラワーアレンジメントを選んだという声もありました。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー
iStock.com/key05
40代パパ
かわいらしくアレンジされたプリザーブドフラワーを妻への結婚記念日プレゼントに選びました。プリザーブドフラワーは水やりなどの手間がなく長期期間飾っておくことができるようで、仕事や家事で忙しい妻へのプレゼントにぴったりと感じました。
簡単なお手入れで長期間楽しめるプリザーブドフラワーは、生花とはまた違った美しさがあり喜んでもらえるかもしれません。プリザーブドフラワーには、ガラスのケースに入っていたり壁掛けができたりとさまざまな種類があるようなので、妻の好みなどを考えて選ぶことができそうです。

結婚記念日に贈るお花の渡し方

結婚記念日にお花を贈るのは気恥ずかしいと感じたり、どのように渡したらよいのか悩んだりするパパもいるかもしれません。結婚記念日にお花を贈るときどのように渡しているのかパパたちに聞いてみました。

メッセージカードを添えて渡す

20代パパ
私は結婚記念の花にメッセージカードを添えて渡しています。メッセージカードには「いつも優しい笑顔に癒されているよ」と普段なかなか言えない言葉を書きました。
気恥ずかしくて口では言えない言葉や、普段から思っている感謝の気持ちなどをメッセージカードにしたためて渡すと、気持ちがより伝わりやすいかもしれません。パパのなかには、手紙を添えて渡したという声もありました。

直接渡す

30代パパ
結婚記念日は平日だったので、家に帰ったタイミングで「いつもありがとう。これからもよろしくね」と花束を手渡しました。妻は驚きながらも嬉しそうに受け取ってくれました。
花束を直接渡すのもよいかもしれませんね。パパのなかからは、ロマンチックな演出をしたいと考え、レストランで食事をするときにお花を渡したという声も聞かれました。

結婚記念日にお花をプレゼントしよう

結婚記念日の夫婦
iStock.com/Satoshi-K

結婚記念日にプレゼントするお花を、花言葉や思い出などを考えて選んでいるパパがいました。フラワーギフトには、花束やフラワーアレンジメントなどさまざまな種類があるようなので、相場や予算の他に、妻の好みや色などを考えて選ぶとよいかもしれません。

お花を渡すときは、メッセージカードを添えるなどして気持ちも伝え、素敵な結婚記念日になるとよいですね。

2019年12月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ