もうすぐクリスマス。「サンタさんはいる?」と聞かれたときどう答える

もうすぐクリスマス。「サンタさんはいる?」と聞かれたときどう答える

対応の仕方や子どもの夢を大切にするアイディア

クリスマスが近づくと、子どもに「サンタさんはいるの?」と聞かれるママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、サンタさんがいるのかと聞かれたときの対応の仕方や、サンタさんについて伝えるためのアイデア、楽しいクリスマスを迎える工夫について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

「サンタさんはいる?」と聞かれたとき

クリスマスが近づくと「サンタさんは本当にいるの?」と子どもに聞かれることがあるかもしれません。どのような場面で聞かれたのかをママたちに聞いてみました。

5歳児のママ
子どもといっしょにクリスマスツリーを用意しているとき「サンタさんって本当にいるのかな?」と聞かれました。ツリーに飾るサンタクロースのオーナメントを見て、ふと疑問に思ったのかもしれません。
7歳児のママ
クリスマスイブに「これからサンタさんがプレゼントを届けてくれるから早く寝ようね」と話したとき「サンタさんは本当にいるんだよね?」と尋ねられました。小学生になって半信半疑になったようです。
クリスマスの準備をするときなどに、子どもにサンタさんのことを聞かれることがあるようです。他には、サンタさんにプレゼントをお願いするときに「本当にいるの?」と聞かれたというママの声もありました。

子どもに聞かれたときの対応の仕方

子どもに「サンタさんはいる?」と聞かれた場合、どのように対応するとよいのでしょう。ママたちに対応の仕方を聞いてみました。

夢をこわさないように答える

サンタクロースの影
iStock.com/Marta Ortiz
6歳児のママ
子どもはサンタさんを信じたいと思いながら「サンタさんはいる?」と聞くのではないかと感じています。子どもに聞かれたときは夢をこわさないように気をつけて対応しました。
サンタさんのことを聞かれたときに、子どもの夢をこわさないように対応しようと考えたママがいました。「サンタさんは忙しくてなかなか会えないけれど、遠い北の国にいるみたいだよ」と子どもが夢を見続けられるように話したというママの声もありました。

真剣に答える

5歳児のママ
私たちは子どもの質問には常に真剣に答えようと思っています。サンタさんのことを子どもに聞かれたときは「ママもパパも会ったことはないけれど、世界のどこかにサンタさんがいると信じているよ」と一生懸命話しました。
子どもにサンタさんについて聞かれたときに、ママやパパの考えを真剣に伝えることも対応の仕方のひとつかもしれません。質問に答えるときには、子どもの目を見ながら真剣話すようにしているというママの声もありました。

嘘をつかない

8歳児のママ
子どもには嘘をつかないようにしようと夫婦で話しているので、サンタさんについて聞かれたときも正直に答えようと思いました。「サンタさんが住んでいる村があるそうだから、プレゼントを届けてくれるのは、きっとサンタさんだと思うよ」と話しています。
夫婦で子どもへの対応の仕方を話しあって、嘘をつかないように気をつけているママがいました。言葉を選びながら質問に答えることで、子どもも夢をもちながら自然に真実にたどりつけそうです。

サンタさんについて伝えるときのアイデア

クリスマスシーズンに入ると、子どもとの話のなかにサンタさんの話題が出ることがあるかもしれません。サンタさんについて伝えるときのアイデアを、ママたちに聞いてみました。

絵本を見ながら伝える

クリスマスに絵本を読む赤ちゃん
iStock.com/M-image
5歳児のママ
クリスマスシーズンには親子でクリスマスの絵本を見ながらサンタさんの話をしています。サンタさんがプレゼントを配り終わって冷たくなった足を温める絵本を見ながら「サンタさん、ゆっくり休めるといいね」と子どもと話しました。
クリスマスが近づくと書店にさまざまな絵本が並ぶので、子どもといっしょにサンタさんの絵本を選んでみてもよいかもしれません。クリスマスシーズンには、サンタさんの絵本の読み聞かせを毎晩子どもが楽しみにしているというママの声もありました。

サンタクロース村の映像をいっしょに観る

6歳児のママ
クリスマスシーズンには、フィンランドのサンタクロース村の映像を子どもといっしょに観ることにしています。サンタさんが世界中から届く手紙に返事を書く様子やトナカイたちがのんびりと暮らす様子を、子どもも興味深そうに観ていました。
サンタクロース村の映像を観て、サンタさんやトナカイの話をしているママもいるようです。雪に包まれたもみの木や郵便局などの映像を使えば、子どもにサンタさんのことを伝えやすいかもしれません。

夜空を見ながらサンタさんの話をする

7歳児のママ
クリスマスの頃の天気のよい夜には、子どもといっしょに夜空の星を見ながらサンタさんの話をしています。ときどき光る飛行機のライトがサンタさんが乗ったソリにも見え、子どもも私も「もしかしたらサンタさん?」と思うことがあります。
クリスマの頃の澄んだ夜空を見ていると「本当にサンタさんがいるかもしれない」と感じることがあるかもしれません。子どもが「サンタさん、待ってるからね!」と呼びかけたときに、鈴の音が聞こえたような気がしたというママの声もありました。

楽しいクリスマスを迎えるための工夫

家族で楽しいクリスマスを迎えるためには、どのような工夫をするとよいのでしょう。実際にママたちが行っていることを聞いてみました。

サンタさんへの贈り物をいっしょに用意する

8歳児のママ
クリスマスイブにはサンタさんに贈る飲み物とクッキーを子どもといっしょに用意しています。子どもが「サンタさんが喜んでくれるといいね」と言って、カードに心をこめてお礼のメッセージを書いていました。
クリスマスイブにサンタさんへの贈り物を子どもといっしょに用意しているママがいました。ママが心をこめてクッキーを用意する姿を見ることで、子どももサンタさんへの感謝の気持ちをもつことができそうです。

ママやパパもサンタさんを信じる心をもつ

9歳児のママ
毎年クリスマスが近づくと、サンタさんへの手紙を家族で書いて送っています。手紙の内容を子どもと相談しながら書いているとサンタさんの存在が身近に感じられ、私も夫も子どもと同じくらい返事が待ち遠しいです。
サンタクロース村のサンタさんに子どもといっしょに手紙を書ていると、ママやパパもサンタさんが本当に存在していると思えるかもしれません。毎日サンタさんからの返事を待ちながらすごすことができると、クリスマスがいっそう楽しくなりそうです。

クリスマスに家族でサンタさんの話をしよう

イルミネーションを見る親子
iStock.com/Satoshi-K

クリスマスシーズンになって「サンタさんはいるの?」と子どもに聞かれたときに、夢をこわさなように答えようとしているママがいました。子どもといっしょにサンタさんへの手紙を書くことで、クリスマスをより楽しめるかもしれません。

クリスマスが近づいたら絵本や映像を見ながら、家族でサンタさんの話をしてすごすことができるとよいですね。

2019年12月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧