卒園式のパパのネクタイの選び方。小物使いや結び方の工夫など

卒園式のパパのネクタイの選び方。小物使いや結び方の工夫など

パパたちが選んだネクタイやコーディネート

卒園式のパパのネクタイを選ぶとき、シルバーや白、ピンクや赤など色の選び方や蝶ネクタイなどのデザインでもよいのかといったことが気になる方もいるかもしれません。今回の記事では、卒園式のネクタイの選び方や服装とのあわせ方、結び方やネクタイピンなどの小物使いの工夫をパパたちの体験談を交えてご紹介します。

卒園式のパパのネクタイを選ぶとき

卒園式のパパのスーツにあわせるネクタイを考えたときに、どのようなものを選べばよいのか、ネクタイの色や柄などの選び方で悩むこともあるかもしれません。パパのなかには、卒園式にふさわしいネクタイのマナーや、スーツとのコーディネートが気になるという声もありました。

そこで、卒園式のネクタイ選びのポイントや、パパたちが実際に選んだネクタイなど聞いてみました。

卒園式のネクタイ選びのポイント

卒園式のネクタイを選ぶ場合に、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。ネクタイ選びのポイントをまとめてみました。

色や柄

卒園式のネクタイは、シルバーダークカラーなど落ち着いた色のネクタイを選ぶとよいようです。ネクタイの柄も、同系色のストライプなど控えめな柄を選ぶとよいかもしれません。パパのなかには、白のネクタイを選ぶと来賓者のように見えることから、白以外の色を選ぶように配慮したという声もありました。

素材

卒園式は式典なので、ネクタイの素材はフォーマルな場にふさわしいシルクを選ぶとよいかもしれません。卒園式は3月にあることから季節感を楽しめるウールツイード素材のネクタイをコーディネートしたというパパの声もありました。

デザイン

どんなシーンでも使うことができる先端が三角形の結び下げ式のネクタイの他には、リボン型の蝶ネクタイのデザインもあるようです。園の雰囲気やルールなどにあわせてデザインを選べるとよいかもしれません。

スーツとネクタイのあわせ方

カラフルなネクタイ
iStock.com/serts

スーツにあわせるネクタイの色やコーディネートが気になるパパもいるのではないでしょうか。実際に、パパたちがスーツにあわせて選んだネクタイを聞いてみました。

黒のスーツにあわせたネクタイ

「子どもの卒園式はママの服装にあわせてブラックスーツを着たのですが、ネクタイはシルバーのネクタイをあわせてシックなコーディネートを意識しました」(40代パパ)

「下の子のお宮参りにのときに用意した深い赤色のネクタイを選びました。ちょうど子どもの制服の蝶ネクタイと似た色だったので、『いっしょだね』と子どもも嬉しそうでした」(20代ママ)

黒のスーツにあわせたネクタイは、シルバーや深みのある赤色のネクタイを選んでいるパパがいるようです。パパのなかには、白のネクタイをあわせてみたら結婚式に出席する印象に見えたので別の色にしたという声や、シルバーに色が似ている光沢のある薄ピンクのネクタイを選んだという声もありました。

紺のスーツにあわせたネクタイ

「紺のスーツにはボルドーのネクタイをあわせました。深みのある赤色は適度な華やかさも演出でき、顔周りがぐっと引き締まったように思います」(30代パパ)

「僕はスーツと同系色の紺ベースに深い赤のシックなストライプのネクタイをあわせました。赤の差し色がさり気ないポイントになって、おしゃれな着こなしになったと感じました」(20代パパ)

紺のスーツには、差し色としてボルドーなど赤系のネクタイや、同系色の紺色のネクタイをあわせたパパもいるようです。スーツと同系色のネクタイをあわせるときは、さり気ないピンクなどの差し色が入ったデザインを選ぶようにしたというパパの声もありました。

グレーのスーツにあわせたネクタイ

ネクタイ
iStock.com/Wavebreakmedia

「グレーのスーツには、白の小紋柄が控えめに入った紺色のネクタイをコーディネートしました」(30代パパ)

「卒園式のスーツがグレー系だったので、顔周りが引き締まるように黒系のストライプのネクタイをあわせました。ママに『雰囲気がキリッとしたね』と好評でした」(40代パパ)

グレーのスーツには、紺や黒のネクタイをあわせているパパもいるようです。グレーのスーツはどのような色とも相性がよいようなので、ママや子どもの服装にあわせてネクタイの色を決めるのもよいかもしれません。

ネクタイをつけるときに意識したこと

ネクタイをつけるときに、選び方の他にも考えておきたいポイントはあるのでしょうか。ネクタイピンなどの小物や結び方について、パパたちに聞いてみました。

ネクタイピンやチーフをあわせる

「紺に細いピンクのストライプ柄が入ったネクタイに、シルバーのネクタイピンとカフスボタンをあわせてさり気ないおしゃれを楽しみました。子どもも興味津々で『かっこいいね』と褒めてくれました」(20代パパ)

「ネクタイとお揃いのシルバーカラーのチーフを胸元にあわせました。チーフをあわせることで、胸元にも色味が加わり、卒園式にふさわしい華やかさが演出できたと思います」(30代パパ)

ネクタイといっしょに、ネクタイピンやチーフをコーディネートすると、華やかな印象になるようです。ネクタイピンの他にもネクタイリングなどもあるようなので、小物使いを工夫して、さり気ないおしゃれを楽しむのもよいかもしれません。

結び方にも気を使う

「ネクタイの結び目が潰れてしまうと格好悪いので、結び方にも気をつけています。鏡を見ながらシャツとのバランスも考えてネクタイを締めるようにしています」(40代パパ)

「結び目を作るときに2回巻きつけるダブルノットという結び方をしました。ネクタイの結び目のボリュームが出るので、首周りがおしゃれな雰囲気に仕上がりました」(30代パパ)

ネクタイの結び方を整えたり、結び方を工夫したりしているパパもいるようです。ネクタイの結び方にはさまざまな種類があるようなので、普段とは違う結び方を卒園式前に練習してみるのもよいかもしれません。

卒園式にふさわしいネクタイをあわせよう

着替えをさせるパパ
iStock.com/kohei_hara

卒園式のパパのネクタイの色や柄は、落ち着いた雰囲気のものを選ぶとよいかもしれません。パパたちは、スーツの色やシャツの白色にあわせてシルバーや薄ピンク、深い赤系などの色を選んでいるようでした。

ネクタイピンなどの小物使いや結び方を工夫しながら、卒園式にふさわしい素敵なネクタイをあわせられるとよいですね。

2018年11月09日

イベントの関連記事

カテゴリ一覧