子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

ベビーのフォーマルウェアはどう選ぶ?男の子、女の子それぞれのアイテム

ベビーのフォーマルウェアはどう選ぶ?男の子、女の子それぞれのアイテム

待望の赤ちゃんが生まれたら、お宮参りにお食い初め、初節句とお祝い事がたくさん待っています。そこで必要なのが、ベビー用のフォーマル服。大切なわが子の初めての晴れ姿、かわいく着飾ってあげたいですよね。男女別のフォーマル服の種類や、選び方のポイントをご紹介します。

結婚式やお祝い事で活躍するベビーフォーマル

赤ちゃんがフォーマル服を着るタイミングとして最初に挙げられるのは、退院するときかもしれませんね。必ずではありませんが、晴れて家族の待つ自宅に帰るということで、正装させるご家庭もあるようです。

その後も、お宮参り、お食い初め、初節句のタイミングがベビーフォーマルの出番。また子連れで結婚式に招待された場合にも、ベビー用のフォーマルが活躍します。

ベビーフォーマルの種類(男の子)

まずは男の子用のベビーフォーマルからご紹介しましょう。男の子用のフォーマル服は、赤ちゃんらしいかわいらしさと、男の子らしい凛々しさが魅力的ですよね。

袴と聞くと着付けが大変そうなイメージですが、ロンパースタイプのベビー袴なら、普段着せているカバーオールと同じように楽に着せることができます。内股の部分とサイド部分がスナップになっており、お座りができない赤ちゃんにも優しい作りになっています。足袋風の靴下と合わせれば、本格的な和の正装スタイルになるかもしれませんね。

スーツ

ベビー用のスーツは、フォーマルな場面からちょっとしたおでかけ着としても利用できるので、活用の幅が広がるアイテムです。黒や紺といったスタンダードなカラーだけでなく、チェック柄やストライプなどバリエーションも豊富。見た目はスーツでも、実はひとつながりになったロンパースタイプというものもあります。

タキシード

ベビー用のタキシードは、大人っぽいコーディネートが完成します。燕尾服スタイルのジャケットにパンツ、スタンドカラーのシャツと蝶ネクタイで、本格的な紳士スタイル。

それぞれアイテムを揃えなくても、1セットになっているものもあります。また寝返りがまだの赤ちゃんは、着脱がしやすいカバーオールタイプのタキシードが便利でしょう。

ベビーフォーマルの種類(女の子)

女の子のフォーマル服
PicMy/Shutterstock.com

女の子の赤ちゃんのフォーマル服は、ワンピースやドレスで女の子らしくドレスアップさせてあげましょう。

ドレス

赤ちゃんが裾のふんわりと広がった、華やかなドレスを着ているとかわいらしいですよね。チュール素材やレース素材を使ったものや、お花モチーフなどを贅沢に使ったドレスもあります。

ワンピース

さまざまなタイプが揃うワンピースもかわいく仕上がります。後ろのファスナーが大きく開くタイプのものが、着替える際に便利でしょう。股下のスナップがついた、ボディスーツ付きのワンピースもあります。お腹とお尻をすっぽり包み込むので、スカートのめくれも気になりません。

ベビーフォーマルの選ぶポイント

もちろん見た目も重要ですが、赤ちゃんとママが快適にすごせるベビーフォーマルであることが優先的かもしれません。選び方のポイントをしっかり押さえておきましょう。

サイズ

ベビーフォーマルは普段着と比べると着る機会も少ないので、出来るだけ長く着せたい思うところですが、大きすぎると袖から手が出なかったりします。ベビー服のサイズをよく確認したうえで選びましょう。

いろんなシーンを想定する

どんなときに着せるか、着せたいときの季節など、さまざまなことを想定したうえでベストなフォーマルウェアを決めるようにしましょう。また、1度しか着ないようならレンタルサービスも選択肢に入れるといいかもしれません。

着心地

赤ちゃんはまだ自分の意見を言葉にして伝えることができません。赤ちゃんが動きづらそうにしていないか、着ていて心地よくすごせるかどうかは、ママがよく見極めてあげましょう。

オムツが替えやすい

フォーマル服を着る場合は外出していることが多いので、普段慣れない場所でのオムツ替えが必要になります。オムツ替えには、股がボタンになっているカバーオールタイプや、上下セパレートタイプが便利でしょう。

かわいさだけを重視して買ってしまい、実際はオムツ替えがしにくかったと後悔しないよう、オムツ替えしやすいデザインかどうかも忘れずにチェックできるといいですね。

素材

デリケートな肌の赤ちゃんのため、刺激の少ない素材のものを選びましょう。綿素材のものなら通気性もいいので、汗っかきの赤ちゃんも安心かもしれません。

合わせておしゃれな小物たち

小物をひとつ投入するだけで、フォーマル感やおしゃれ度がグッとアップします。

ネクタイ

シンプルなシャツに合わせるだけで、セレモニースタイルが完成。簡単に取り外しできるだけでなく、アジャスターで調整可能なものは長く使えるのでひとつあると便利です。

手持ちの服で間に合わせる場合でも、足元にフォーマルシューズを合わせるだけでちゃんとした正装スタイルに見えます。色は、何にでも合わせやすい黒を選ぶといいかもしれません。

ヘアバンド

まだ髪の量が少ない赤ちゃんでも、ヘアバンドをつけたらコーディネートのアクセントになります。肌に優しい素材のものや、新生児用のものなど種類も豊富。材料を揃えることができるなら、ママが自分で手作りすることもできます。

ベビーフォーマルを楽しもう

フォーマル服
Christina_summer/Shutterstock.com

赤ちゃんはあっという間に大きくなってしまいます。ベビーのフォーマルスタイルができるのは今だけ。1着でも持っていれば、急なお呼ばれにも困りません。

カーディガンなどの上着をプラスしてカジュアルダウンさせれば、おでかけ着としても使えそうですね。赤ちゃんの時期に限られたおしゃれを、ママもいっしょに楽しんでみませんか。

2018年01月12日

子ども服の関連記事
  • 乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

  • 子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、ゴムが食い込むなどの女の子のパンツを選ぶときの悩みやパンツの種類、ゴム部分がきつくてかゆいときのサイズなどの選び方、選ぶときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧