子どもが浴衣を着るときの髪型。長さ別アレンジや便利なアイテム

子どもが浴衣を着るときの髪型。長さ別アレンジや便利なアイテム

かわいくセットするためにママたちが工夫したこと

夏のおでかけで子どもが浴衣を着るとき、髪型も華やかにアレンジしてあげたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。くるりんぱなどを応用した、簡単にできるアレンジに挑戦したい場合もあるかもしれません。今回は髪の長さ別のアレンジや、あると便利なアイテムについて体験談をまじえてご紹介します。

子どもが浴衣を着るときに工夫したい髪型

盆踊りや花火大会などで着ることのある浴衣。和装の華やかさが子どもの新たな一面を見せてくれて、ママやパパにとっても夏の楽しみのひとつではないでしょうか。

子どもの髪型を毎日アレンジするのは大変かもしれませんが、浴衣を着るときなど特別な場面では、華やかに仕上げてあげたいと思うママもいるでしょう。

今回はショートヘア、ミディアムヘア、ロングヘアの長さ別の髪型アレンジを実際にママたちが工夫したポイントとあわせてご紹介します。

ショートヘアの子どもの髪型アレンジ

ショートヘアでも、カチューシャやヘアピンなどのアイテムを活用するとかわいくアレンジができるでしょう。

カチューシャ

頭につけるだけでかわいくなるカチューシャは、ショートヘアのアレンジに便利なアイテムです。

リボンやお花などのモチーフがついているものや和柄の布で作られたカチューシャもあるので、浴衣の色や柄にあわせて選んだというママの声がありました。

ヘアピン

お花などのモチーフがついたヘアピンも、髪をとめるだけで浴衣にあう華やかなアレンジになるでしょう。

片側のサイドの髪をねじってとめ、アシンメトリーな髪型にしたり、前髪のセンター部分だけをアップにしてとめるポンパドールにするなど、子どもの髪の長さにあわせてさまざまな工夫ができるようです。

ボブ・ミディアムヘアの子どもの髪型アレンジ

花飾りと浴衣の女の子
© YY&L - Fotolia

あごから肩までの長さのボブヘアや、肩につくくらいの長さのミディアムヘアは、アレンジのしやすい長さでしょう。

髪をおろしたダウンスタイルのまま一部をアレンジしたり、ハーフアップやアップスタイルにしたり、さまざまなアレンジに挑戦しやすいです。

ピンに大きなモチーフがついているものを選んだり、おろした髪の毛先をヘアアイロンで巻いたりするなど、幅広いアレンジを楽しめそうですね。

サイド編みこみ

髪の分け目を6対4ほどにし、少ない方のサイドを編みこみにしてピンなどでとめると、大人っぽい雰囲気になるようです。分けた髪の両方を編みこみにすると、顔周りが華やかな印象になりそうです。

編み込みを細かく編んでくずれにくくしたというママもいました。

ハーフアップ

アップスタイルとダウンスタイルの両方を取り入れたハーフアップは、手軽にできてかわいくみえるのがよいですよね。くるりんぱのアレンジを取り入れるとおしゃれに見えるので人気のようです。

基本のくるりんぱだけでも、ねじれた部分やトップの立体感がおしゃれな雰囲気になり、簡単にできるのがよいですね。

くるりんぱを2つ作ったり、かわいいバレッタでとめるなど、ボブ・ミディアムヘアのアレンジでさまざまな応用を楽しんでいるママがいるようです。

ギブソンタック

ギブソンタックは、一見難しそうに見えるかもしれませんが、くるりんぱを応用することで簡単にできるようです。

ミディアムヘアでもアップスタイルにでき、浴衣姿にも似合う髪型でしょう。

ロングヘアの子どもの髪型アレンジ

ロングヘアでは、おだんごやポニーテールなどアップスタイルのアレンジを楽しんでいるママが多いようです。

おだんご

おだんご
iStock.com/louddubclub

おだんごを作りたい位置で髪を縛り、結び目の毛をゴムに巻きつけてピンでとめ、おだんごを作ったというママがいました。

一度縛った髪を三つ編みにしてから巻きつけたり、ピンでとめにくい場合はシュシュをつかって固定するなど、ママたちはさまざまな工夫をしているようです。

ポニーテール

シンプルなポニーテールは、普段は髪型のアレンジをしないというママやパパでも、挑戦しやすいかもしれません。

高い位置で縛って元気なイメージにしたり、サイドに寄せて縛って大人っぽくまとめたり、縛る位置を工夫するだけでもさまざまな印象にできそうですね。

大きなモチーフがついたヘアゴムで華やかに飾ったり、ヘアアイロンで毛先を少し巻いてみたり、アレンジの方法はたくさんあるようです。

子どもの浴衣の髪型アレンジに便利なアイテム

浴衣にあわせた髪型をアレンジするとき、仕上がりの印象やまとめやすさは、使用するアイテムによっても左右されるでしょう。

実際にどのようなアイテムが便利だったかをママたちに聞いてみました。

存在感のあるモチーフがついたゴム・ピン

30代ママ
子どもはショートヘアなので普段アレンジはしないのですが、浴衣を着せたときはなにかしてあげたいと思い、かわいいヘアピンで髪をとめました。簡単ですが特別感があり、子どもも満足していました
30代ママ
「大きめのリボン飾りがついたゴムを使いました。髪型はシンプルなポニーテールでしたが、ゴムのおかげで華やかな雰囲気になりました。子どもが好きな色のリボンだったのでよろこばれました」(30代ママ)

シンプルなアレンジの場合でも、存在感のあるモチーフがついたゴムやピンは、つけるだけで髪型の印象を変えられて便利だと使っているママがいました。

なかには、モチーフの色を浴衣の柄に使われている色にあわせて決めたり、レトロな浴衣にあわせてヘアアクセサリーも同じテイストのものを選ぶなど、全身のバランスを考えているママもいました。

ビニールのゴム

「子どものすべりやすい髪も、ビニールのゴムならまとめやすかったです。細いので目立ちにくく、ゴムの輪が小さいところも、毛の量が少なめの子どもにはぴったりでした」(30代ママ)

子どもの髪のタイプや量によっては、普通のゴムだと縛りにくい場合があるようです。ビニールのゴムは、細かいヘアアレンジをするときにも役立ちそうですね。

ヘアワックス

30代ママ
「子どもの髪がさらさらしているので、アレンジする前にオイルのヘアワックスを少しなじませていました。まとまりやすくなってアレンジが楽になりました」(30代ママ)

子どもの髪にヘアワックスをなじませて、アレンジしやすくなるよう工夫しているママがいました。子どもの髪がほどけやすい場合や細かいアレンジをしたい場合に、ヘアワックスを使ってみるとよいかもしれません。

浴衣を着るときは髪型もアレンジして全身かわいくしよう

髪を結う浴衣の女の子
iStock.com/Hakase_

かわいい浴衣で着飾ったら、髪型も華やかにアレンジして、全身かわいくセットしてあげたいというママの声がありました。

ショートヘア、ミディアムヘア、ロングヘアとそれぞれの子どもの髪の長さに合わせてアレンジを工夫して楽しんでいるようです。

普段は髪型のアレンジをしないママも、便利なアイテムやくるりんぱなどの簡単な方法を活用して、かわいい髪型アレンジに挑戦してみるとよいかもしれません。

子どもが浴衣を着た日が、子どもにとってもママやパパにとっても、素敵な一日になるとよいですね。

2019年05月20日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧