子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

寒い季節の子ども用パンツには、裏起毛タイプを選ぼう。合わせ方や活用方法

寒い季節の子ども用パンツには、裏起毛タイプを選ぼう。合わせ方や活用方法

寒い季節の子ども服の中で、特にパンツに悩むママもいるかもしれません。あたたかい素材はさまざまな種類がありますが、その中で裏起毛タイプのパンツについて、ママの体験談を交えて選び方や活用方法を紹介致します。

裏起毛の子ども用パンツがほしい

寒さを感じる季節は、保温性の高い子ども服を着させてあげたいと思う反面、どのような素材を選んだらよいかと気になるかもしれません。子ども服のメーカーは、さまざまな素材の子ども服を展開しており、あたたかい素材のひとつとして裏起毛があるようです。裏起毛で作られた子ども用のパンツについてまとめました。

裏起毛の特徴

裏起毛とは、洋服の裏地部分の表面を毛羽立たせる仕上げをしたものです。

素材

服の素材
APugach/Shutterstock.com

裏起毛に使われる素材には、綿やポリエステル、またはその両方を混ぜて使用していることが多いようです。特殊な加工によって繊維の毛羽立ちをよくさせて、生地のボリュームを増し空気を多く含ませるため、着たときにあたたかく感じるといわれます。

よく使われるアイテム

裏起毛を使ったアイテムは、トップスであれば冬のパーカーやトレーナーに使われていて、ボトムスでも裏起毛を施したロングパンツやジーンズなどもあるようです。

裏起毛の子ども用パンツをはくシチュエーション

子ども用の裏起毛パンツが活躍するシチュエーションとはどのようなものがあるのでしょうか。

アウトドア、スポーツ

寒い時期のアウトドアでの活動やスポーツのときには、あたたかい服装をさせたいというママもいるかもしれません。寒い場所で体を動かす場合には、裏起毛が施されたパンツが子どもにとっては寒さを感じにくく、大人にとっても安心のようです。裏起毛はモコモコしていて動きにくいという印象があるかもしれません。ただ、表地を伸び縮みしやすい生地を採用したり、あたたかさをキープしながら起毛の長さを短めに抑えたりして、動きを妨げず、またすっきりとした見た目になるよう工夫をしている製品もあるようです。

部屋着やパジャマ

家庭によっては、就寝時はエアコンを切って寝る場合もあるかもしれません。その際に子どもの眠りを寒さが妨げないように、裏起毛のパジャマを選ぶママもいるようです。また、赤ちゃんの部屋着に、オールインワンタイプの裏起毛服を着させている場合もあるようです。

裏起毛の子ども用パンツの合わせ方

裏起毛の子ども用パンツは、他のパンツよりもあたたかさを重視して作られています。裏起毛を施していないパンツの場合、下にタイツやレギンスなどを合わせて保温力を高めるママもいるかもしれませんが、裏起毛の場合は一枚で着させるという場合が多いようです。また、パンツに合わせるものとして、上下ともに裏起毛の子ども服だと暑いと感じる子どももいるかもしれません。裏起毛パンツには、寒さの厳しい場所、近所のお出かけ先、部屋の中とシーンを考えて、合わせるトップスやアウターなどを選ぶとよさそうです。

裏起毛の子ども用パンツの活用方法

雪の中で遊ぶ子ども
iStock.com/JGalione

裏起毛の子ども用パンツを履かせたことのある、ママに活用方法を聞いてみました。

初めての雪遊びで活躍

「息子が小学校に上がった年の冬、初めて家族でスキーに出かけました。普段比較的あたたかく雪も少ない場所に住んでいるため、何を着せようか悩みながら子ども服のお店を訪問。そこで裏起毛のパンツを見つけました。息子に試着させたところ、表地に伸縮性があって、サイズもぴったりだったため購入しました。スキー場ではそり遊びを楽しみましたが、一日外にいても”パンツのおかげで寒くなかった”と言っていました」(6歳男の子のママ)

赤ちゃんのお出かけ用に購入

「赤ちゃんが1カ月検診を迎えたときが外出デビューとなりました。そのときは真冬でとても寒く、検診場所まではバスで行くために防寒対策が必要と思い、赤ちゃん服のお店でいろいろと探した結果、裏起毛素材を選びました。赤ちゃんの服は上下つながったロンパースが多いので、裏起毛のロンパースを購入。バスの中や室内は暑くなるかもしれないと思い、ロンパースの中は薄着にして、脱ぎ着しやすくしました」(1歳女の子のママ)

保育園の送り迎えに着用

「娘の保育園への送り迎えには自転車を使用しています。冬の時期はできるだけ寒さ対策をしていますが、風にもあたるので娘も辛そうです。保育園の中はあたたかいようなので、登園時の防寒対策が悩みでした。そんなとき、タイムリーにママ友から裏起毛のナイロンパンツをおさがりにもらったのです。当時はサイズが娘には少し大きめだったのですがそれが逆によく、ボトムスの上に重ねてはくことができて、送り迎えのときの寒さ対策に重宝しました」(4歳女の子のママ)

子ども用パンツに裏起毛を取り入れて

雪と戯れる親子
iStock.com/JGalione

寒さが厳しいときの子ども用パンツには、裏起毛タイプを取り入れてみてはいかがでしょうか。外出先や室内など、シチュエーション別で使い分けることで、子どもが快適に過ごすことができるかもしれません。表地の素材との組み合わせでは、裏が起毛のものでも動きやすくなっているようなので、試着ができる場合は試着をして、子どもに合った1本を見つけるとよいかもしれませんね。

2018年08月01日

子ども服の関連記事
カテゴリ一覧