てぃ先生に聞く!「子どもがお風呂を嫌がる…」その理由とは?

てぃ先生に聞く!「子どもがお風呂を嫌がる…」その理由とは?

「お風呂場に行きたがらない」「髪や顔・体を洗うのを嫌がる」など、子どもとのお風呂は毎日バタバタ。スムーズなお風呂タイムにするにはどうすればよいのでしょうか。今回は「子どものお風呂あるある(=困りごとやお悩み)」について、現役保育士のてぃ先生に解説してもらいました。

[PR] 丹平製薬株式会社

ママやパパたちに聞いた「子どものお風呂あるある」

お風呂は親子のコミュニケーション&リラックスタイム。でも実際は「子どもがお風呂を嫌がって大変」「とにかくバタバタで余裕がない」というママやパパも多いのではないでしょうか。

今回は、そんなママやパパたちのお悩みを解決すべく「子どものお風呂あるある」に隠された子どもの心理をてぃ先生が解説します。

お風呂イヤイヤ!お風呂に行きたがらない

丹平製薬
てぃ先生
子どもがお風呂に行きたがらない理由には、大きく2つあると思っています。

1つは、なぜお風呂に入るのか納得していないこと。子どもはある程度自我が芽生えてくると、大人の都合で指示されるのを嫌がるんですよね。楽しく遊んでいるところを『お風呂入りなさい』と急に中断されたら、そりゃ嫌ですよね。

2つめは、お風呂自体が嫌だというケース。たとえば身体や顔に水がかかるのが怖い場合は、水に慣れさせて恐怖心を取り除いてあげるところからはじめると良いかもしれませんね。

「イヤイヤ」には子どもなりの理由があり、何に納得していないのか、何に対して嫌と感じているのか、まずは子どものサインに耳を傾けることが大切。

その上で、子どもの好きなおもちゃをお風呂場に置いたり、声がけを工夫するなど、子どもが自発的に行動するような環境を作るとよいでしょう。

お風呂イヤイヤ!髪や顔・体を洗うのを嫌がる

また、髪や顔・体を洗うのを嫌がることも。

丹平製薬
てぃ先生
これも先ほどのお風呂に行きたがらない理由と同じで、なぜ洗うのか納得していないことが考えられます。

たとえば、泥汚れなら洗ってきれいになったことがわかりますが、目に見えない汚れだと、何がどうきれいになったのかわからないですよね。

このようなときは『〇〇くん〇〇ちゃんのあたま、いいにおいになってきたよ』のように、『匂い』で伝えてあげると効果的。保育園では手を洗うときに『みんなにおいかいでごらん』と声をかけたりしています。

目で見てわかりにくいことは「匂い」で教えてあげると、きれいになったことを実感しやすいそう。

赤ちゃんのケア優先で、自分の肌はカサカサ

「お風呂あるある」といえば、「赤ちゃんの着替えや保湿が優先で自分のケアは後回し。気づけば肌がカサカサ…」というママも多いのではないでしょうか。

丹平製薬
てぃ先生
子育て中は子どもが最優先で、『子どものために我慢しなきゃいけない』とかママやパパが犠牲になりがちですよね。

もちろん子どもは大事。でも、もしかしたらママが先に保湿を済ませた方がスムーズだったり、気持ちに余裕が生まれることもあるかもしれません。

たまにはママやパパ優先にしてみることで、意外な発見があるかもしれませんね。

入浴しながら保湿ケア!「アトピタ薬用保湿入浴剤」

秋冬は特に乾燥しやすく、日々の保湿では不安になることも。お風呂でも、体をきれいにするだけでなく、肌の保湿ができるとうれしいですよね。

そこでご紹介したいのが親子いっしょに保湿ケアできる「アトピタ薬用保湿入浴剤」。

肌トラブルに悩む赤ちゃんとママに
「アトピタ薬用保湿入浴剤」
丹平製薬
左から「保湿全身ミルキィローション」「保湿全身 ミルキィローション ポンプボトル」「保湿全身泡ソープ」「薬用保湿入浴剤」
「アトピタ薬用保湿入浴剤」は、“カサカサ・かゆかゆ(※)”肌トラブルに悩む赤ちゃんとママのために生まれた保湿入浴剤。入浴しながら、しっしんや荒れ性、あせも等の肌トラブルを防ぎます。

無香料・天然色素使用・防腐剤無添加で、新生児から使えるのもポイント。

皮膚の乾燥によるもの
てぃ先生
子どもとのお風呂は毎日戦場で、それこそ保湿ケアまで手が回らない方は多いと思います。

『アトピタ薬用保湿入浴剤』は入浴しながら親子いっしょに保湿できるのがいいですね。

お風呂でお肌がうるおった後、ローションなどで肌の水分が逃げないようにケアすると、秋冬の肌のカサカサ対策により効果的です。

丹平製薬

お風呂をもっと楽しい時間に

てぃ先生
お風呂は親子のコミュニケーションタイム。赤ちゃんのケアに一生懸命になりすぎるよりも、楽しくお風呂に入る習慣作りをして気がついたらケアもできている状態が理想ですよね。
赤ちゃんや子どもの肌はデリケートな為、乾燥や痒みなど肌トラブルを起こしがち。毎日の保湿ケアがとても大切です。

アトピタ入浴剤は入浴しながら親子で保湿できるので、ママの気持ちにも少しゆとりが持てるかもしれませんね。親子のお風呂タイムに「アトピタ薬用保湿入浴剤」、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

今回、アトピタとKIDSNAのタイアップを記念してキャンペーンを実施中!合計105名の方に抽選で「アトピタの薬用保湿入浴剤」または「てぃ先生の直筆サイン入り本」をプレゼント。

詳細は「てぃ先生タイアップ記念Twitterキャンペーン」でご確認ください。
丹平製薬
アトピタキャンペーンの応募はこちら

2020年11月24日

アンケート

「アトピタ薬用入浴剤」について

Q1. 赤ちゃんのスキンケアシリーズ「アトピタ」はご存知でしたか?
Q2. 「アトピタ薬用保湿入浴剤」はご存知でしたか?
Q3. 記事を読んで「アトピタ薬用保湿入浴剤」にどの程度興味を持ちましたか?
Q4. Q.3の回答理由を教えてください
Q5. その他今回の記事を読んだ感想や、商品に関するご意見などお聞かせください
ご回答いただきありがとうございます!

トラブルの関連記事

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 子どもの便の量や頻度は人それぞれですが、子どもの便秘は放っておくと悪化して、治療が必要な慢性便秘症におちいることも。そこで今回は、子どもの便秘の原因と対策、さらには慢性便秘症になった場合の治療方法について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 「新しい生活様式」が呼びかけられ、長引くマスク生活。マスク着用により、子どもたちに影響はあるのでしょうか?マスク着用の習慣がもたらす健康被害と口呼吸の危険性、マスク選びのポイントやマスクの作り方をまとめました。

カテゴリ一覧