【小児科医監修】子どもの鼻水、目やにがすごいときは何科に受診すべきか

【小児科医監修】子どもの鼻水、目やにがすごいときは何科に受診すべきか

受診の目安と考えられる病気について

子どもの鼻水や目やにが出るときには何かの病気か心配になるママもいるでしょう。鼻水と目やにがでるときには小児科を受診するべきか、耳鼻科や眼科それぞれの専門機関でみてもらうべきかを解説します。また、鼻水と目やに、熱などの症状を伴うときに考えられる子どもの病気についても併せてご紹介します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

子どもに鼻水、目やにが出始める

子どもの鼻水
iStock.com/RyanKing999
子どもの鼻水や目やにがすごいけれど食欲もあり、元気なときには病院に行くべきか迷う人もいるでしょう。

鼻水や目やにが出るときに考えられる病気と鼻水と目やにで受診するべき目安を詳しく見ていきます。

子どもの鼻水と目やには何科を受診する?

子どもに鼻水や目やに、熱などの症状がみられたときは何科を受診するべきか悩むママもいるかもしれません。

鼻水の症状は耳鼻科目やにがでるときには眼科とそれぞれの専門家を受診した方がよいかと思うかもしれませんが、まずは小児科を受診しましょう。

小児科は子どもの身体全体の専門家です。症状を総合的にみて治療や処方薬を出してもらえるので、子どもの体調がいつもと違うと感じたらまずは小児科に行くことが適切です。

小児科を受診して、もっと専門的な診断や治療が必要だと医師が判断した場合に耳鼻科や眼科の専門医院を紹介されるケースがあります。

鼻水や目やにで受診する症状の目安

子どもは大人のようにまだ免疫力が十分に備わっていないため、体調を崩しやすいです。

鼻水や目やにが出始めるとどの程度で病院に行くべきか迷う人もいるでしょう。

鼻水や目やにで受診する目安をご紹介します。

鼻水

水のような透明でサラサラした鼻水、黄色や黄緑色で粘り気のある鼻水で苦しそうなときは早めに病院に行きましょう。(かぜの初期は透明な鼻水です。)

また、水のような透明でサラサラした鼻水でも熱や咳を伴ったり、症状が長引く場合には受診が必要です。

目やに

目やにと目の充血は子どもによく見られる症状です。

子どもに目やにが出たときには、ガーゼで優しくふき取ってあげるとよいでしょう。目やにの量がいつもより多く、痛みやかゆみを伴う場合目やにだけでなく、白目の充血がひどいときには、ウイルスや細菌が感染している場合が考えられます。

また、花粉などが目に入ってアレルギー反応を起こすと、目やにが大量に出ることがあります。

目やに以外にも痛みやかゆみの症状が見られたり、同じ時期や環境で症状が強く出たり、長引く場合にはアレルギーの可能性もあります。

正しい治療が必要になるので、すぐに受診しましょう。

鼻水・目やに・熱を伴う子どもがかかりやすい病気

体調不良の子ども
iStock.com/JohnnyGreig

鼻水と目やにだけでなく、熱が伴う場合には以下のような病気かもしれません。

咽頭結膜熱(プール熱)

咽頭炎結膜熱は、発熱、目の充血、目やに、のどの痛みなどの症状が出ます。

1日の間に37℃から38℃程度の熱と39℃から40℃の高熱をいったりきたりして4日程度続きます。

夏はプールで感染が広がる場合が多く、プール熱とも呼ばれています。

はしか

鼻水や目やに、熱など風邪の症状に発疹が現れるのが特徴です。

熱は38℃から39℃の高熱が出て、鼻水や目やには3日から4日程度続きます。

発熱して3日から4日経つと熱は37℃代に下がるケースが多いですが、再び高熱になり、目の充血や声のかすれなどの症状が強くなります。

鼻水・目やには出るけれど熱なしの子どものかかりやすい病気

鼻水や目やには気になるけれど、熱なしの場合はどのような病気が考えられるでしょうか。

流行性角結膜炎(はやり目)

流行性角結膜炎は、鼻水や目やに、涙目、目の異物感があります。

リンパ節の腫れなどの症状が現れますが、熱は出ません。

中耳炎

鼻水が黄色や緑、茶色など色のついているときはバイ菌が入っている可能性があります。そのまま放置すると中耳炎になるかもしれないので注意が必要です。

子どもの体調不良のときはまずは小児科を受診しよう

小児科の受診
iStock.com/AzmanL
子どもが体調を崩して、鼻水や目やにが大量に出ると心配になりますよね。

鼻水だけや目やにの症状が目立つと、耳鼻科や眼科とそれぞれの専門家で診てもらった方がよいと思うママは多いかもしれませんが、鼻水や目やにが気になるときでもまずは小児科を受診しましょう。

黄色や緑色の粘り気のある鼻水や鼻水に熱や咳の症状が伴う場合には、はしかや中耳炎に感染している可能性があります。

また目やにが大量に出たり、目やにだけでなく痛みやかゆみ、目の充血が伴う場合は、咽頭結膜熱(プール熱)や流行性角結膜炎(はやり目)にかかっている可能性が考えられます。

小児科を受診して、より専門的な診断や治療が必要だと判断されると、耳鼻科や眼科を紹介されるケースがあります。

小児科は子どもの身体全体の専門家なので、鼻水や目やになどの部分的な症状が気になるときもまずは小児科でしっかり見てもらうと安心です。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

2020年02月13日

専門家のコメント
82
    めい先生 保育士
    目やにがあって小児科を受診しました。まずは小児科で診てもらい、もっと詳しく必要であれば別の
    なつまる先生 保育士
    まずは子供に特化している小児科受診をお勧めします!
    鼻水がひどく小児科の薬が合わないときな
    かよう先生 保育士
    大人は症状別に病院を受診しますが、子どもは子どもの体全体の専門である小児科をまず受診すると
    とーち先生 保育士
    上の子は小児科に連れて行きます。小児科に連れて行く方が全体を診てもらえていいと思います。
    ひよひよ先生 保育士
    うちの子も何度も調子が悪くなり、病院通いしてますが、やはり、基本的には、1番は小児科へ行っ
    すず先生 保育士
    うちの子どもたちは、風邪を引くとすぐに中耳炎になるので、鼻水のときは小児科じゃなくて、すぐ
    みー先生 保育士
    最初に小児科に行きますが、治りが悪いと感じたら躊躇せず専門医に行きます。娘が1歳未満の時に
    すみっこ先生 保育士
    耳鼻科や眼科へ連れていったこともありますが、ほとんどはかかりつけの小児科へ行っています。
    りお先生 保育士
    鼻水はあまりにひどい場合、中耳炎の可能性もあるので、耳鼻科おすすめします。

    4歳の娘は、
    ぽんた先生 保育士
    鼻水系は、断然耳鼻科が効果的だとは思いますがー、近所には耳鼻科がなくて、仕事もあると、なか
    cocoまま先生 保育士
    顔から上の症状は全て耳鼻科受診をオススメします^ ^目ヤニは鼻水が溜まった先の症状です。鼻
    ゆか先生 保育士
    症状により受診先を選んでいました。
    でも、ほとんどが小児科でした。
    鼻水がひどくても小児科
    しまこ先生 保育士
    まずは小児科が良いと思います。必要であればそこでしかるべき医院を紹介してくれるはずですから
    はなこ先生 保育士
    目やには出たことがないですが、鼻水咳はよくあるのですぐに小児科にいきます!!
    かかりつけ医
    のんの先生 保育士
    目やにでしたら眼科に、鼻水でしたら耳鼻科を受診しています。
    病院によっては、赤ちゃんは受け
    おはぎ先生 保育士
    末っ子がよく目ヤニが出ます。体調が特段悪いわけでもなくても出るのですが‥基本的に病院は小児
    こいまま先生 保育士
    子どもの体調不良はまずは小児科を受診します。
    だいたいの薬は小児科で出してもらえますし、そ
    める先生 保育士
    まず小児科を受診しましょう。その中で耳鼻科を勧められることもあるので、その場合は耳鼻科に行
    わい先生 保育士

    見知らぬ土地で子どもが熱が出たら焦りますね。そのときは、保育士に聞いてください。結構、地
    さき先生 保育士
    複数症状があるなら、とりあえず小児科にかかった方が良いと思います。
    ただし、なかなか治らな
    めめ先生 保育士
    軽い鼻水なら耳鼻科に行っています。熱が出たり咳などもひどくなってきた場合は小児科に連れて行
    わか先生 保育士
    小さい頃は小児科に行っていましたが、3歳になって耳鼻咽喉科に変えたら、毎回中耳炎のチェック
    ちろちぃ先生 保育士
    鼻水と目やにがすごいときはとりあえず小児科を受診するようにしています!小児科でも目薬を処方
    あゆさ先生 保育士
    まずは小児科で診てもらったほうがよいかと思います!

    専門のほうも安心ですが、まずはかかり
    こうじん先生 保育士
    改めて関連のある病気のことなど知れ、参考になります。保護者に聞かれることも多いですが、私自
    かいまな先生 保育士
    まずはかかりつけの小児科に行きました!
    いつもの子どもの様子を見てくれているところの方が安
    せんせい 保育士
    迷ったらまずは小児科に行くのがおすすめです☺︎そこで症状を見てもらってから、専門の病院を受
    さと先生 保育士
    娘が新生児のときに片目から目やにがよく出ていました。
    涙腺が詰まっている可能性があるかも?
    のの先生 保育士
    子どもの病気はまず小児科で相談でいいと思います。小児科でも目や耳など見てくれます。また、小
    でぶいも先生 保育士
    子どもの不調は、まず小児科を受診するのが安心かと思います。総合病院だと、院内紹介で他の科も
    ぬーぬー先生 保育士
    目やにが出たので小児科にかかると「鼻水が詰まって目から出ている」と教えてもらいびっくり。こ
    みぃ先生 保育士
    どんな症状でもとりあえず、一旦かかりつけの小児科に行くようにしてます。そこで、耳鼻科行った
    まな先生 保育士
    まずはかかりつけの小児科で診てもらい、そこから必要であれば耳鼻科などに行きたいと思います。
    ひまわり先生 保育士
    私はかかりつけの小児科に連れて行っています。
    まずは小児科を受診して、より専門家に診てもら
    りり先生 保育士
    子どもはとりあえず小児科です。

    耳鼻科や眼科は大人を主に見ています。
    やはりちゃんと子ど
    ゆきな先生 保育士
    私は熱の高いとき以外、基本は耳鼻科に連れて行きます。小児科に行ったら熱の子も多いし症状かる
    なごみ先生 保育士
    まずは小児科の先生に診てもらっています。必要であれば小児科の先生が耳鼻科や眼科に行くように
    せおみ先生 保育士
    その子の体質にもよると思いますが、目が開かないぐらいのひどい目やにが出ている時は小児科を受
    ぽんた先生 保育士
    鼻水ならやはり耳鼻科ですよねー。ただ、うちの近くだと、小児科の方が行きやすいので、とりあえ
    はなばたけ先生 保育士
    流行りのものですとプール熱だとか溶連菌だったとか…感染症のものも多いので早めに受診されると
    いちぽ先生 保育士
    小児科でも耳鼻科でもどっちでも、薬は出してもらえると思います。
    小児科で、耳鼻科に行ってく
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧