【小児科医監修】手足口病の登園目安はいつから?幼稚園、保育園の登園許可証など

【小児科医監修】手足口病の登園目安はいつから?幼稚園、保育園の登園許可証など

手足口病になると保育園や幼稚園を何日か休むことになります。手足口病の症状が落ち着くといつから登園可能になるのか、登園許可の目安を知りたいママもいるでしょう。手足口病の登園禁止の基準、出席停止期間、登園許可証(登園届)の有無や、早く治すための正しいホームケアなどについて解説します。

金髙太一(おひさまクリニック)

手足口病はどんな病気?

手足口病にかかった際の登園目安をたてるためにも、手足口病の症状や潜伏期間、感染経路などに理解を深めましょう。

手足口病の症状

手足口病の症状
© hakase420 – Fotolia

手足口病に感染すると、手のひらや足、口の中などに2~3㎜の水疱性の発疹が出ます。発熱が起こる場合もありますが、高熱になることはほとんどないようです

手足口病の潜伏期間

手足口病の感染経路として、

くしゃみや咳などの「飛沫感染」

感染した人が触ったドアノブやおもちゃに触り、その手で食事をしたり、口にいれたりする「接触感染」

オムツ交換時に便から排出されるウイルスに触って感染する「糞口感染」

があります。

手足口病は症状がおさまっても、感染から約1ヶ月間は便からウイルスが排出されるため、オムツ交換のときには注意が必要です。

手足口病の登園基準

保育園の先生と子ども
© milatas – Fotolia

手足口病に感染すると保育園や幼稚園は何日休むのか、いつから登園できるのかを見ていきましょう。

手足口病の出席停止期間は何日?

手足口病は、政府によって「何日休む」といった出席停止の期間が定められている病気ではありません。

厚生労働省が出している保育所における感染症対策ガイドラインでは、「発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事がとれる」ようになることが、手足口病の登園目安となっています。保育園や幼稚園に登園するときには、熱がなく問題なく食事がとれることを登園目安としましょう。

一方で、保育園や幼稚園によっては、集団感染を防ぐ目的で明確な登園禁止期間を設けている施設もあります。手足口病にかかったら、通っている保育園や幼稚園に出席停止期間や登園基準が決められているか確認しておくとよいでしょう。

登園許可証(登園届)は必要?

手足口病が治って、保育園や幼稚園に登園するときには、登園許可証(登園届)の提出が必要になるでしょう。医師が、感染の恐れはないという判断をした場合に、登園許可が下りるので、あらかじめ医師に登園の目安を確認しておくと心構えができるかもしれませんね。

出典:保育所における感染対策ガイドライン/厚生労働省

保育園、幼稚園を出席停止期間の外出は?

手足口病で、発熱があっても高熱は出ず、子どもが元気なケースもあります。ママも「元気だから大丈夫」と思って外出させたくなるかもしれませんが、手足口病は他人に感染する病気です。また手足口病を発症するということは免疫力も落ちているでしょう。医師の登園許可がでるまでなるべく外出は控えましょう。

手足口病で休んでいる間のホームケアと注意点

手足口病にかかったときに家庭ではどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。手足口病のホームケアと注意点をご紹介します。

マスクの着用

マスク
© tatsushi – Fotolia

手足口病は咳やくしゃみなどの飛沫感染でうつるため、家族が感染したときは家庭内でもマスクの着用を心がけるようにしましょう。

刺激の少ない食事

口の中にできた発疹は痛みを伴うので、辛い物や熱いものなどの刺激物を避け、ゼリーやうどん、おかゆ、豆腐など、のどごしのよいものや薄味の食べ物を与えるようにしましょう。あたたかい飲み物よりも冷たいスープなどがよいかもしれません。

タオルは共有しない

手足口病は、接触感染でもうつります。手足口病に感染したら、家族間でもタオルは共有しないように注意しましょう。

手洗い、うがいの徹底

手足口病は、接触感染するため、ウイルスを体内に入れないように食事の前やトイレのあとの手洗い、うがいを徹底することが大切です。

手足口病は5歳以下の子どもがかかることの多い病気ですが、免疫力が落ちていたり、手足口病にかかった子どもの看病をしているときに、大人が感染する場合もあります。子どもが手足口病にかかったら、家庭内感染をしないようママやパパも注意が必要です。調理の前やオムツ替えのあとには、特にしっかり手洗い、うがいを心がけたり、おむつ替えやトイレ掃除のときは使い捨てのゴム手袋を使用しましょう。

水分補給を心がける

手足口病にかかると、口のなかにも発疹ができ、痛みから水分や食事が取りにくくなります。こまめな水分補給で脱水症状にならないように注意しましょう。

手足口病の登園基準を事前に確認しておこう

登園する園児
© hanapon1002 – Fotolia

手足口病は保育園や幼稚園に登園できるようになるまでの出席停止期間がはっきりと決められている病気ではありません。

だからこそ、園を何日やすむべきか、いつから登園可能か迷ったり、登園目安を知りたいママが多いかもしれません。手足口病では、子どもによって症状が発疹だけで元気な場合もあるので、完治していなくても登園可能と判断してしまうかもしれません。しかし感染力の強い病気なので、治るまでしっかりと休養をとり、医師の登園許可がおりてから登園することが大切です。

監修:金髙太一(おひさまクリニック 院長)

No Image

金髙太一(おひさまクリニック)

金髙太一の監修記事一覧(バックナンバー)

おひさまクリニック院長。小児科専門医、地域総合小児医療認定医。小児の感染症、アレルギー、免疫・膠原病を中心に東京、横浜の病院で研修・診療の経験を積み、2015年に東京の十条にておひさまクリニック(小児科、耳鼻咽喉科)を開院。

子どもたちが健やかに成長していくためのサポートをしたいと思っております。また、3児の父でもあるので、子どもに関することでしたら、お気軽にご相談ください。

おひさまクリニック

2018年06月15日

専門家のコメント
12
    ゆう先生 保育士
    今ちょうど警戒レベルで大流行していますし、このような予防方法があることや、知識があるだけで
    せんせい 保育士
    手足口病になった子どもたちを見てると本当に可哀想で、できることなら代わってあげたいって思い
    ぷん先生 保育士
    園でも予防策として手洗いのときはタオルを共有せずに、また、タオル掛けにタオルを掛けずにペー
    いちぽ先生 保育士
    手足口病は、インフルエンザのような出席停止になるものではないですが、感染力が強いですよね。
    なつまる先生 保育士
    手足口病になると、ご飯が上手に食べられなかったりしますよね。
    お医者さんがおっけーだしても
    とーち先生 保育士
    手足口病は出席停止になることはないですが、感染力の強い病気です。

    息子が赤ちゃんの頃、手
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧