【歯科医監修】子どもの歯医者はいつ、何歳から行くべきか

【歯科医監修】子どもの歯医者はいつ、何歳から行くべきか

その選び方とフッ素塗布の必要性について

子どもの歯をきちんと磨けているのか心配だったり、まだ歯が少ない、むし歯のような症状がないと子どもを歯医者に連れて行くタイミングに悩むママは少なくないかもしれません。何歳から歯医者に通ったらよいのか、歯医者に行く目的と子どもの検診の内容について解説します。また、子どもの歯医者選びのポイントもご紹介します。

岡本卓真(あおばファミリー歯科・こども歯科)

なぜ歯医者に行く必要があるの?

生えたばかりの乳歯は、柔らかく弱いためむし歯が進みやすいのが特徴です。そのため、フッ素塗布による歯質強化が必要です。

また、子どもは、むし歯になっても痛みを訴えない場合があります。むし歯が出来て痛みなどの症状を訴えてから歯医者に受診するとむし歯が進行している場合が多く、麻酔や機械を使用した治療が必要となり、痛みや恐怖心で治療が困難になることがあります。

そのため、定期的な歯科受診によってむし歯の予防、早期発見、早期予防が必要不可欠です。

子どもの歯医者はいつから行ったらよい?

乳歯が生えた赤ちゃん
iStock.com/yangzai
乳歯が生え始めたころを目安にするとよいでしょう。

乳歯が生え始めるのは大体、生後半年頃です。

むし歯がない状態で歯医者に受診して雰囲気や環境に慣れておくことがとても重要です。

また、ママの仕上げみがきのポイントや方法、食習慣で気をつけなければいけないことなどを教わることで、よりむし歯のリスクを減少させることができます。

この時期に歯医者に受診することが、健康な口内環境を保つ秘訣です。

定期検診の内容

子どもの定期検診ではどのようなことをチェックするのでしょうか。

  1. むし歯の有無
  2. 歯の汚れ
  3. 噛み合わせと歯並びの確認
  4. 歯の生え変わりの状態の確認
  5. 年齢に合った歯みがき指導
  6. 上唇小帯や舌小帯の付着位置の確認
  7. 口腔習癖の有無の確認

定期検診を受けることで、さまざまな疾患の早期発見、早期予防ができます。

また、年齢によって変わるむし歯のチェックポイントやブラッシング方法についても教えてもらえるだけでなく、フッ素塗布やシーラントなどの予防処置も行ってもらえます。

歯医者にはどれくらいの頻度で行く?

カレンダー
iStock.com/MicroStockHub
乳歯は、柔らかくむし歯の進行が早いため、早期発見が重要です。

また、歯質を強化させるフッ素塗布の目安は3カ月に1回といわれています。そのため歯医者に行く頻度については、3カ月に1度検診で診てもらうのがおすすめです。

かかりつけ医の選び方

市の検診などで歯の治療を勧められたときには自分で歯医者を探す必要があります。子どもの歯医者を選ぶときにはどのようなことに重点をおいて選ぶとよいのでしょうか。

小児歯科

小児歯科と標記されている歯医者に受診しましょう。

なかでも、厚生労働省が認定する小児歯科専門医の資格を持つ先生が在籍している歯科医院はより専門性が高い歯科医院です。詳細は日本小児歯科学会のホームページを参照するといいでしょう。

小児歯科専門医は子どもの歯についての知識も治療経験も豊富なため、子どもの対応に慣れている先生が多く、子どもの発達状態や特徴を考慮した治療方針を計画してくれます。

また、待合室や診療スペースも子どもに合わせて作られている場合が多いです。

子どものことを重視した治療

歯医者を怖がる子どもは多いかもしれません。治療時に子どもが泣いてしまうと、周りに迷惑がかかってしまうのではないかと心配になるママは多いと思います。

嫌がって泣く子どもを抑えて治療を行うと子どもは歯医者を嫌いになるでしょう。

いきなり治療を始めず、これからどんなことをするのか治療の手順や内容を丁寧に説明したり、治療に使う器具を見せて、子どもがわかるように説明をすることで安心して治療を行うことができます。

子どものことを考えた内装

小児歯科によっては待合室にキッズコーナーがあり、絵本やブロックなどのおもちゃを完備している歯医者もあります。

待ち時間は緊張する子どもも少なくないと思いますが、遊んですごせるスペースがあると緊張せずに過ごせるかもしれません。

治療室も壁が明るい色合いであったり、子どもの好きなキャラクターやぬいぐるみが飾ってあると子どもも安心するでしょう。

定期的に通院できる場所

子どもを連れて通うことを考えると家から近い方が便利でしょう。歯の治療は回数がかかることもあるため、定期的に通える場所にあることも歯医者を選ぶときの重要なポイントになります。

距離が遠いと子どもを連れて通うことが負担になるため無理なく、定期的に通院ができる家から近い歯医者を選ぶとよいでしょう。

乳歯が生えたら定期的に検診を受けよう

歯磨きをする幼児の女の子
Natee K Jindakum/Shutterstock.com

子どもの歯医者はいつから行くべきかタイミングに悩むママは少なくないようです。

生えている歯がまだ少ない、あるいは歯に痛みや色など変わったことがないと、歯医者に行くのをためらってしまうかもしれませんが、子どもの歯は柔らかく、気づかないうちにむし歯が進行していることもあります。歯医者に何歳から行くかについては、乳歯が生え始めたタイミングできちんと診てもらうことが大事です。

子どもの歯医者に初めて行くときは、子どもの歯の専門家である小児歯科を選ぶとよいでしょう。近くに小児歯科がない場合は、家から通いやすく、子どもが好む内装や子どもに合わせて丁寧に説明してくれたり、対応してくれる歯医者を選ぶことをおすすめします。

定期的に歯科検診を受けることは、むし歯の早期発見や予防になります。口内環境を整えて将来の丈夫できれいな歯を保つことにつながるでしょう。

監修:岡本卓真(あおばファミリー歯科・こども歯科)

No Image

岡本卓真(あおばファミリー歯科・こども歯科)

岡本卓真の監修記事一覧(バックナンバー)

あおばファミリー歯科・こども小児歯科院長。小児歯科学会専門医。
小児歯科学会専門医として、臨床・研究を重ね、数々の論文を発表。最善の治療法や疾病予防に努め、お口全体の将来を見据えた治療計画を行なっている。

あおばファミリー歯科・こども歯科

2019年02月08日

専門家のコメント
26
    かよう先生 保育士
    これから育っていく時の歯を作ることを考えると赤ちゃんの頃からしっかり通うことが大切なんだと
    いちぽ先生 保育士
    歯が一本でも生えたら歯医者に行っていいと保健師さんに言われたので、前歯が2本下2本の4本生
    ゆきな先生 保育士
    私は歯がしっかり見えるようになってから小児歯科専門医がいるところでみてもらいました! 虫歯
    せおみ先生 保育士
    歯は大切なので出来る限りケアしていきたいですね。10ヶ月検診で歯科検診があります。そこで初
    りか先生 保育士
    いざ治療が必要になった時、急に歯医者に連れて行かれ治療を受けることは子どもにとっては怖くて
    すー先生 保育士
    1歳半頃から3ヶ月に一度歯科検診に行っています。その際にフッ素もしてもらっています。毎月検
    こと先生 保育士
    家ではフッ素入りのはみがきジェルを使用してますが、まだ歯医者ではフッ素塗布はしたことがなか
    なつまる先生 保育士
    歯医者さんは怖いというイメージを拭うためにも楽しんで通えるように定期的に通えるといいですね
    おはぎ先生 保育士
    歯が生えてきた6ヶ月ころから歯医者に連れていきました。歯磨きの仕方や歯茎や骨に異常がないか
    とまと先生 保育士
    うちの自治体では1歳半検診でフッ素をしてもらえるので、その後から定期的に通おうと思っていま
    めめ先生 保育士
    歯が生え始めたら病院に慣れるために定期検診にくるよう指導されましたので通っています。記事で
    とーち先生 保育士
    上の子は歯が2.3本生えてから。フッ素を定期的に塗りに行くようにしています。

    色素がつき
    まい先生 保育士
    歯が生えてから連れていくようにしました
    定期艇に見てもらってフッ素を塗ってもらったりと
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧