【小児科医監修】子どもの日焼け、海、プール、自転車などシーン別対策とケア

【小児科医監修】子どもの日焼け、海、プール、自転車などシーン別対策とケア

夏は子どもと海水浴などのレジャーやおでかけが楽しみなママも多いでしょう。そこで気になるのが日焼けによるダメージです。今回は海、プールなどの水着のときの日焼け対策や日焼け対策グッズ、自転車や外遊びなど日常生活で使える日焼け対策法と、日焼け後のケアや対処法について専門家の意見をまじえながら紹介します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

子どもの肌は紫外線によるダメージを受けやすい

子どもの肌は大人と比べて肌の厚さが薄く、外の刺激から肌をバリアする機能が弱いものです。

太陽の紫外線も子どもの肌には強い刺激になってしまいます。

特に紫外線が強くなる4月下旬~8月中は注意が必要です。1日10分程度、日光を浴びるのは子どもの体の成長にとって必要なことですが、この時期に1時間以上も紫外線を浴び続けると肌にダメージを与え、日焼けによるヤケドの原因となってしまうことがあります。

また、ごくまれですが、紫外線が子どもにとってアレルゲンのとなる可能性もあります(紫外線アレルギー)。紫外線を浴びると肌が赤くなったり、湿疹が出てかゆみが生じます。

このようなトラブルにならないよう、ママやパパが子どもの日焼け対策、ケアをする必要があります。

では、具体的にどういった対処をしたらよいのでしょうか。

日焼け止めを塗るママ
©  dzono – Fotolia

子どもの日焼け対策に欠かせないグッズ

外遊びや海水浴など、夏にはいろいろなレジャーを楽しむ機会がありますよね。そこで、まずはどの場所へのおでかけやレジャーでも活躍してくれるアイテムをご紹介します。

ラッシュガード

ラッシュガードを着て楽しむ男の子
iStock.com/CreativaImages

夏に外で遊ばせるときは、肌の露出面積を減らすため に水着の上にラッシュガードを着用させるとよいでしょう。

ジッパーつきの羽織りタイプのラッシュガードなら、海やプールなどの水着のときだけでなく、普段の外遊びでの紫外線対策にも活用できます。

日焼け止め

子どもが生後3カ月を過ぎているなら、長時間の外出や海や山のおでかけの時は、他の日焼け対策グッズと併用して日焼け止めを併用して日焼け対策をしましょう。
日焼け止めは子ども専用の低刺激のものを選び、海やプールで遊ぶときなど、水着で水遊びをするときは、SPF30前後で、PA+++ぐらいのものがよいといわれています。

かぶれの原因になることもあるので、腕の内側に少し塗って、2日間かぶれないか見てから使用すると安全です。

専門家も日焼け止めについて次のように述べています。

小さいお子様でも日焼け止めは必須でしょう。 お子様用の日焼け止めなどをこまめに塗布する事をお勧め致します
出典: AskDoctors

1日中遊ぶ時は、途中でこまめに日焼け止めを塗りなおすケアが大切です。帰宅後は石けんを使って汗と日焼け止めをしっかり洗い流しましょう。

夏のシーン別の日焼け対策

次は、プールや海、自転車、外遊びのシーン別に、日焼けの対策法をお教えします。いずれのシーンでも子どもの遊びや動きを制限しないで済むような対策をとりたいですね。

海やプールでの日焼け対策

海水浴のときやプールでの日焼け対策でとても大切なのが、長時間肌を直射日光にさらさないことです。水に入っているとそれほど暑さを感じないのですが、肌は着実に日焼けをしています。長時間遊び続けるのではなく、一定の時間を過ぎたら水から出て日陰で休むようにしたり、水着の上からラッシュガードやTシャツを着用したりすることも海水浴やプールのときの日焼け対策として有効です。

また、水着では肌が日光に当たる面積も普段着より広くなります。いつも日焼け止めを塗らない部分にもしっかり塗るように意識しましょう。

自転車に乗っている時

自転車に乗る子ども
©  apple713 – Fotolia

子どもが1人で自分の自転車に乗っている時は、できるだけ素肌を露出しないよう薄手の長袖、長ズボンを着用させましょう。自転車に乗る際にはヘルメットを着用していても、一般的なヘルメットには、帽子のようなつばは、ありません。子どもが暑くないようならば、ヘルメットの下につばのある帽子をかぶるのもよいでしょう。

ママやパパの自転車に乗る時も、素肌を露出させる面積を少なくしてください。また、乗車位置によって状況は異なります。

自転車後部のチャイルドシートに乗る場合、運転する人が日よけ代わりになる場合もあるでしょう。UVカット加工されているブランケットなどを子どもの脚ににかけたり、ポンチョのように肩から掛けると、より紫外線をガードできます。

一方、自転車の前のせのチャイルドシートに乗せる場合は、子どもが直射日光を浴びてしまいがちです。チャイルドシート全体にかぶせて使う、UV加工を施した生地の日よけを利用するとよいでしょう。

メッシュ素材など通気性のよい素材を選ぶと、中に熱がこもる心配もなく、自転車を運転するママの視界も妨げません。

外遊びをするとき

夏に外遊びをするときは、遊ぶ時間帯がカギとなります。1日のうちで紫外線が強くなるのが10~14時になります。その時間に外遊びをさせるときは、念入りなケアをしてください。夏は30分以上、日光の下にいる場合は、日焼け止めを塗って対策をすることも重要です。

また、自転車のときと同様に手足も直射日光にさらさないようにすることが必要です。そのため帽子は、子どもの視界を妨げない程度のつばが広めのタイプのものがよいでしょう。さらに、首の後ろに日よけ垂れがついているものを選ぶと、しっかり日焼け対策ができそうです。

日焼け対策でレッグウォーマーを利用するママもいるでしょう。日焼け対策としてレッグウオーマーを使用する場合にはは、ゴム部分に汗がたまり、あせもの原因になってしまうこともあるため、通気性の良い素材でゴムがきつくくないものをえらぶのがポイントです。

子どもが日焼けしてしまった後の対処法

しっかり日焼け対策をしていても、思いがけず直射日光をたくさん浴びてしまう日や、子どもが部分的に日焼けしてしまうこともあるでしょう。子どもや赤ちゃんの日焼けしてしまったときの対処法をご紹介します。

赤くなっている場合は冷やす

子どもの肌が日焼けをした後、赤くなっている場合は、炎症を起こしている状態です。濡らしたタオルや保冷剤で冷やしてあげましょう。凍った保冷剤を、直接子どもの日焼けした肌にあててしまうと、刺激になってしまうのでNGです。その場合は、保冷剤を濡れたタオルやガーゼで巻いてから日焼けした部分にあててください。

その後、カーマインローションなど日焼けによる炎症を和らげるローションでケアをし、様子をみましょう。

日焼けした日は湯船にあまりつからない方が良いので、シャワーで汗を流す程度にしましょう。

痛みや水ぶくれのある日焼けは受診を

日焼け後にヒリヒリしたような痛みや水ぶくれ、かゆみや湿疹があらわれているときは速やかに医療機関を受診してください。かかりつけの皮膚科がある場合は皮膚科を、無い場合は小児科医を受診しましょう。

子どもの日焼けケアはシーンに応じて対策を

水遊びをする子ども
©  shirohige – Fotolia

1年のうちで紫外線が強くなる4月下旬~初秋にかけては、日焼け対策が必要になってきます。プールや海、自転車、外遊びなど、シーンに応じて適切な日焼け予防の対策を取りましょう。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

子どもの病気に関する不安や悩みは、医師の回答で今すぐ解決!

日本最大級の医師Q&Aサイト アスクドクターズ(AskDoctors)

「子どもが頭を打った」「外食して2時間後にじんましんが出た」など、子どもの病気や気になる症状について医師に相談できるのが、日本最大級の医師Q&Aサイト「アスクドクターズ」です。

最短5分で複数の医師から回答がもらえるだけでなく、200万件以上の相談事例を症状や病名から検索することもできます。

かかりつけ医とともに、子育て中のママやパパの頼もしい味方になってくれそうですね。

2018年07月10日

専門家のコメント
8
    いちぽ先生 保育士
    日差しが強い日は日焼けとめを塗るようにして、車にも日除けをつけて直接日光が当たらないように
    すー先生 保育士
    夏は海によくいきますが、日差しが少し弱くなる夕方に行くようにしています。海では日焼けをすぐ
    とーち先生 保育士
    海や川ではラッシュガードを着せてます。

    日焼け止めも首の後ろ等忘れずに塗るようにしていま
    まい先生 保育士
    今の時代かなり日差しが強く肌にも悪影響を与えてしまいます。
    あまりに強すぎる時は家のかなと
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 子どもの便の量や頻度は人それぞれですが、子どもの便秘は放っておくと悪化して、治療が必要な慢性便秘症におちいることも。そこで今回は、子どもの便秘の原因と対策、さらには慢性便秘症になった場合の治療方法について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 「新しい生活様式」が呼びかけられ、長引くマスク生活。マスク着用により、子どもたちに影響はあるのでしょうか?マスク着用の習慣がもたらす健康被害と口呼吸の危険性、マスク選びのポイントやマスクの作り方をまとめました。

カテゴリ一覧