宋美玄先生、教えて! 【第2回】産後のママが見落としがちな体のトラブル

宋美玄先生、教えて! 【第2回】産後のママが見落としがちな体のトラブル

産後のママの体は、ひどくダメージを受けている状態。しかし、赤ちゃんの世話や家事に追われて、自分の体のケアが後回しになってしまいがちです。無理をすると、かえって回復が遅れてしまう可能性も……。連載第2回目では、見落としがちな「産後の体で気をつけること」について教えてもらいました。

宋美玄(ソンミヒョン)

産後1ヵ月はなるべく横になって安静に

「赤ちゃんを産んだ後のママの体って、もうガタガタなんです。なので、基本的には産後1ヵ月はなるべく横になって過ごし、長時間立ったり動いたりするのは避けたほうがいいですね」と宋先生。

出産すると、骨盤の関節が開き、胎児や胎盤、羊水などを包み込んで保護していた骨盤底筋群が傷つきます。3000㎏近い赤ちゃんが狭い膣口を広げて出てくるのだから、そのダメージはとても大きいもの。

こうした産後の体を元に戻すためには、適切なケアが必要です。子宮は産後すぐから収縮しはじめ、授乳することでさらに収縮が進みます。また、骨盤や骨盤底筋群を回復させるためには、垂直方向の負担をかけないことが大切。産後1ヵ月はなるべく横になって過ごすことで骨盤が次第に閉じて、骨盤底筋群も修復されていきます。元に戻るまでは約6週間かかります。しかし、きちんと回復する前に無理をしてしまうと、尿漏れ、便漏れなどのトラブルを招くことも。

「産後すぐは家事や育児を家族に手伝ってもらうなどして、なるべく安静に過ごしてください」(宋先生)

骨盤底筋群をケアするために、「腹圧をかけない姿勢」を

骨盤や骨盤底筋群は自然に回復していきますが、自分でできる産後ケアもあります。まずは、骨盤を締める骨盤ベルトを着けること。骨盤や骨盤底筋群の動きをサポートしてくれます。もう1つが、普段から腹圧をかけない姿勢を意識することです。

「腹圧がかかっている状態は、たとえるなら歯磨き粉のチューブをぎゅっとしぼっているような状態です。お腹に力が入ってしまうと、ガタガタに開いた状態の骨盤に向かって内臓が押し下げられてしまい、周辺の筋肉にも負担がかかります。こうした状態を避けるために、普段から背骨をまっすぐにして姿勢をよくして過ごすとが大切。姿勢がよくなると、インナーユニットが自然と広がって横隔膜を使った腹式呼吸になります。横隔膜が動くと骨盤底筋群も一緒に動くので鍛えることができます」(宋先生)

重い物を持つ、激しく咳をする、立ちっぱなしでいる、排便時にいきむなどは、どれも腹圧をかける行為。また、筋トレや激しい運動なども骨盤底筋群に負担をかけるので、当分は控えたほうがよいでしょう。

産後は女性ホルモンが減少。この時期はできる範囲でケアを

また、出産によって大きく変わるのがホルモンバランスです。出産後は母乳の生成を促すホルモン「プロラクチン」が増え、逆に、女性ホルモン「エストロゲン」が急激に減少します。「エストロゲン」の分泌が低下すると、以下のような影響があらわれます。

・肌のうるおいがなくなる
・髪のツヤがなくなり、抜け毛が増える
・膣が乾燥しやすくなる
・メンタルが不安定になりやすい

「エストロゲンは授乳している間は分泌が抑えられます。『前はこんなんじゃなかったのに……』と悩む方もいるかもしれませんが、これは体が赤ちゃんを育てるためのホルモンバランスになっているということ。『私におっぱいをあげている間は次の子を妊娠しないでね』と赤ちゃんが言ってるんだなって、思ってください」(宋先生)

女性ホルモンの影響のほかにも、慣れない育児で疲れたり、睡眠不足が続いたりすることで、産後に体調を崩しやすくなったという声も聞かれます。家事や育児をしながら、自分の体をケアするにはどうしたらいいのでしょうか?

「産後の回復のスピードは人それぞれです。授乳中でも生理が戻ってくる人もいれば、2〜3年戻ってこない人もいます。ですから、できる範囲で休養して、栄養のある食事をとり、スキンケアをするなどして、無理をしないで過ごしてください」(宋先生)

産後に気をつけたほうがいい病気は?

そのほか、出産後に気をつけたい婦人科系の病気はあるのでしょうか?

「出産しているからという因果関係はないのですが、子宮頸がん検診の受診率は全体でも20%台前半と少ないんです。妊娠したときに子宮頸がん検診を受けますが、出産後は忙しくなるためか、妊娠したときに検査を受けたきりという人もけっこういます。もっと多くの人に検診を受けてもらいたいと思います」(宋先生)

子宮頸がん検診は2年に1回は受けることを推奨されていて、産後は1ヵ月たてば受診できます。自治体から届く検診案内を利用するなどして、定期的に検診を受けるようにしましょう。


「産後の体がどういう状態かを知り、自分自身でいたわる方法を知ってほしい」と話す宋先生。育児に追われて自分の体のことが後回しになってしまいがちですが、自分のためだけでなく家族のためにも、無理はせずに、適切なケアを行ってください。

No Image

宋美玄(ソンミヒョン)

宋美玄の監修記事一覧

産婦人科医 医学博士 日本新生児周産期学会会員、日本性科学会会員
1976年兵庫県神戸市生まれ。01年、大阪大学医学部医学科卒業後同大学産婦人科入局。10年に発売した『女医が教える本当に気持ちいいセックス』がシリーズ累計70万部突破の大ヒット、大きな注目を集める。現在、フジテレビ「とくダネ!」木曜日レギュラーコメンテーターとして出演中。2児の母として子育てと臨床産婦人科医を両立、メディア等への積極的露出で“カリスマ産婦人科医”としてさまざまな女性の悩み、セックスや女性の性、妊娠などについて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

宋美玄オフィシャルブログ〜オンナの健康ラボ〜

※症状によって必要なケア、処置は変わってきます。不安のある方は医師の診断を受けてください。
※当記事の情報による行動においては個人差が生じるので、かかりつけの医院にてご相談ください。

2017年01月19日

専門家のコメント
4
    いちぽ先生 保育士
    産後は育児に追われてママのことは後回しになっちゃいますよね。
    旦那さんや周りのサポートが大切になってくると思います。
    ママの体メンテナンスの時間も作ってあげましょう。
    きょこちゃん先生(KIDSNAシッター) 保育士
    医学的にも産後の身体はガタガタで休養が必要だとわかっていても、なかなか旦那さんや実家の力を借りれないママも都内は特に多いと思います。その時におすすめなのが産後ドゥーラという産前産後、産褥期のお母さんに寄り添う専門のシッターさんです。第一子の場合は、はじめての育児のお母さんを支援するだけでなく、育児の方法や手を抜くところまで教えてくれるのだとか。第二子以降の場合は、上の子のシッターも相談できます。
    区によっては、助成があるところもあるので、ぜひ調べて活用してみてくださいね。
    nt_2
    @きょこちゃん先生(KIDSNAシッター)さん
    そうなんですね、名前は聞いたことありましたけど、詳しくは知りませんでした。調べてみます!ありがとうございます😊
    すみっこ先生 保育士
    産前、産後すぐにでもこの記事を読んでいたかったです…
    産院でも話をしてくれるところもあるのかな??
    産後は休みなさいとは言われていましたが、動けるしなぁとすぐに普段通りの生活をしていました。

    産後二年たったころにプチぎっくり腰になり、今も常に腰も肩もカチカチの状態です。
    年齢のせいもありますが、ボロボロです😭😭
    ぺち先生 保育士
    産後はやっぱりゆっくりした方がいいんですね。出産って、交通事故にあったレベルで体がぼろぼろですもんね、、周りの方にサポートしてもらいながら、回復させていきたいですね。

取材レポートの関連記事

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、産婦人科医、性科学者であり2児の母でもある宋美玄先生に話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第5回は、母乳育児について、日本赤十字社医療センター 産科の笠井靖代先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、オランダに住む国際カップル、金由梨さんとベネッサさんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、セクシュアルマイノリティの当事者としてさまざまな活動を行う杉山文野さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、2019年4月に行われた東京大学の入学式祝辞で大きな注目を集めた社会学者、上野千鶴子さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第4回は、産後なかなか戻らないぽっこりお腹にどうアプローチすべきか、川崎協同病院 婦人科産後骨盤トラブル外来の内山美紀さんに聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、小学校教諭として、独自の性教育を実践する星野俊樹さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第3回は、妊娠中や産後のママを悩ませる尿漏れについて、川崎協同病院 婦人科 産後骨盤トラブル外来の藤島淑子先生に話を聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、性の健康に関する啓発活動を行うNPO法人ピルコンの染矢明日香さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • KIDSNA編集部の連載企画『#私の子育て』。#07はタレント、エッセイストとして活躍する、小島慶子さんにインタビュー。一家の大黒柱として、自身が生まれ育ったオーストラリアのパースで、夫と2人の息子を育てながら、日本では多忙なスケジュールで仕事をこなす彼女。子育てや家族、仕事の両立についてどのように考えているのだろうか。

    <連載企画>#私の子育て

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第2回は、姿勢の観点から見た授乳の盲点について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第1回は、産後の悩みとして必ず上位にあがる骨盤調整について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

カテゴリ一覧