【IKOU】B.LEAGUE アルバルク東京のホームアリーナにIKOUポータブルチェアを正式導入

【IKOU】B.LEAGUE アルバルク東京のホームアリーナにIKOUポータブルチェアを正式導入

〜スポーツチームで初、障がいの有無にかかわらず使えるキッズチェアによりインクルーシブな観戦環境を実現〜

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
障がいのある子もない子も対象とする、乳幼児向けインクルーシブブランド IKOU(イコウ)(運営会社:株式会社Halu)が 製造・販売する<IKOUポータブルチェア>が、アルバルク東京のホームアリーナ(代々木第一体育館)にて、2022年11月26日(土)の茨城ロボッツ戦より正式導入されます。

障がいの有無にかかわらずキッズチェアとしてお使いいただける<IKOUポータブルチェア>の導入によって、小さなお子さま連れのファミリーがスポーツ観戦をより身近に感じられる、インクルーシブなアリーナ環境を実現します。
IKOUポータブルチェア
公式サイト:https://ikoudesign.com/ja/

■ 導入の背景
<IKOUポータブルチェア>のスポーツ施設への導入は、障がいの有無にかかわらず「あらゆる子どもを歓迎する」姿勢を示し、スタジアムやアリーナをよりインクルーシブな空間にするための取り組みです。これまで、複数のスポーツチームのご協力のもと、バスケットボール・ラグビー・サッカーの公式試合において<IKOUポータブルチェア>を乳幼児向けの座席として活用する実証実験を行ってきました。

実証実験にご参加いただいたご家族20組へのヒアリングを通して、「子どもをずっと膝の上に抱っこしているのは大変」「子どもが動き回って周囲に迷惑をかけるのでは」といった心配から、乳幼児連れのファミリーは、スタジアムやアリーナでのスポーツ観戦から足が遠のきやすいことが分かりました。

<IKOUポータブルチェア>は、手軽に持ち運びができ、任意の大人用座席の上に簡単に設置できるため、乳幼児が安心して座れる場所が確保されることで、家族みんなでスポーツ観戦を楽しめる環境を提供します。
さらに、自力で座位を保つことが難しい障がい児の姿勢をサポートする機能も備えており、さまざまなニーズを持つ子どもたちが観戦体験を共有できる、インクルーシブな空間の実現にも貢献します。
詳細はこちら

2022年11月30日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧