〈食のバリアフリー化へ〉「アレルギー対応スイーツコンテスト2021」受賞スイーツを、2月1日(火)より八芳園「スラッシュカフェ」にて提供

〈食のバリアフリー化へ〉「アレルギー対応スイーツコンテスト2021」受賞スイーツを、2月1日(火)より八芳園「スラッシュカフェ」にて提供

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
総合プロデュース企業 株式会社八芳園(取締役社長:井上義則、東京都港区白金台1‐1‐1、以下「八芳園」)は、一般社団法人 日本環境保健機構・第3回アレルギー対応スイーツコンテスト実行委員会が主催する「アレルギー対応スイーツコンテスト2021」にて受賞した2つのスイーツを、2022年2月1日(火)~2月28日(月)まで、八芳園内レストラン「Thrush Café」にてご提供いたします。
スラッシュカフェ
年間1000組を超えるご結婚式をお手伝いさせていただいている八芳園は、婚礼施工組数の約96%のご結婚式においてアレルギー対応を実施していることが自社調査の中でわかりました。

この結果を受け、ご列席いただいたすべてのお客様が安心してお食事を愉しむことができ、アレルギーをお持ちの方でも他のゲストの皆様と同じお料理を食べ、「美味しい」と共感し合える時間をご提供したいという想いから、7大アレルゲン(卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに)を除去した婚礼メニューを開発。

現在では、食物アレルギーだけではなく、あらゆる食の文化や嗜好にお応えできる体制を整え、国内企業様のご宴席や海外のお客様にもご参加いただくMICEの場においても安心してお食事をお愉しみいただけるよう、あらゆる食のバリアフリー化への可能性を広げています。
詳細はこちら

2022年02月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧