【必読5選】お金の価値観やルールはどう伝える?「お金教育」に必要な視点

【必読5選】お金の価値観やルールはどう伝える?「お金教育」に必要な視点

子どもの成長につれ、おこづかいのあげ方や管理はどうしたらよいのか悩む方もいるかもしれません。近年、キャッシュレス決済が普及するなか、お金の大切さを子どもへ伝える方法が気になる方もいるでしょう。今回は、親子のお金の関わり方について学べる記事をKIDSNA編集部が厳選。お金の知識や視点をアップデートするために必読の記事を集めました。

子どもに「投資を教えたい」と考える親が半数

2022年から高等学校の授業に組み込まれる「お金教育」。そこでKIDSNA編集部では0~10歳のお子さんを持つ保護者にアンケートを実施。

お金教育についてどのような不安や疑問を持っているのかを調査しました。

「複利の力」を最大限に活かしてお金を大きく育てる

高校の授業で「資産形成」が必修化されるなど、関心が高まっている「お金教育」。「お金の知識には自信がない…」という保護者の方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、子どもの未来のために知っておきたいお金の知識が学べる本、『13歳からの億万長者入門──1万円を1億円にする「お金の教科書」』の内容を交えてお金の力について考察しました。

「見えないお金」の価値を知る

KIDSNA編集部が選ぶ、子育てや教育に関する話題の書籍。今回は、キッズ・マネー・スクール代表・三浦康司氏の、『10歳までに身につけたい一生お金に困らない子どものルール』(青春出版社)を一部抜粋・再構成してお届け。

これからの時代に子どもに伝えるべき、お金の知恵を分かりやすく解説します。

親子で対話しながら楽しく“お金”を学ぶ

キッズ・マネー・スクール代表・三浦康司氏著、『10歳までに身につけたい一生お金に困らない子どものルール』(青春出版社)を一部抜粋・再構成してお届けするコーナー。

今回は、子どもへのおこづかいやお年玉の渡し方、使い方で学ぶお金のルールについて詳しくご紹介します。

はじめての“お金教育”にぴったりな絵本

電子マネーの普及で、ママ・パパが現金を使う姿を見る機会が減り、“そもそもお金ってなんだろう”という疑問を持っている子どももいるかもしれません。

そこで今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本をご紹介。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

2022年01月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧