ザ ストリングス 表参道×ハーマンテディのクリスマス スイーツビュッフェが開催

ザ ストリングス 表参道×ハーマンテディのクリスマス スイーツビュッフェが開催

テディベアのケーキやクッキー、マシュマロを炙って作るスモアなどが登場

「ザ ストリングス 表参道」が、ドイツの老舗テディベア「ハーマンテディ」のワンダーランドをイメージしたクリスマス スイーツビュッフェ「HERMANN Teddy's Winter Wonderland」を、11月23日(火・祝)~12月24日(金)まで開催。
HERMANN Teddy's Winter Wonderland
クリスマスの心躍るわくわく感をかわいらしいテディベアとともに楽しめるこのイベントでは、テディベアの顔を模ったズコットや、テディベア型のクッキーをはじめ、クリスマスの定番のシュトーレンや、クグロフ、クリスマスツリーのピスタチオのタルト、サンタの帽子が乗ったショコラロールケーキなど、目でも楽しめるスイーツの数々が賑やかに並ぶ。
HERMANN Teddy's Winter Wonderland
テディベアクッキーには、顔を描いて自分だけのオリジナルベアを完成。自身でマシュマロを炙って作るスモアも、マシュマロのとろけるような食感がクセになるおすすめのスイーツとなっている。
HERMANN Teddy's Winter Wonderland
さらに、クリスマスリースのように美しいサラダや、クリスマスならではの骨付きの鶏もも肉のロースト、5時間じっくり煮込んだシェフ自慢のボルシチなどの食事メニューも登場し、ランチとしてもビュッフェを楽しむことも。

サラダとメインディッシュは、テーブルサービスで提供。一部コース仕立てでサーブすることで、他のゲストとの接触を最小限に抑え、テーブルでゆっくりと味わえる。
HERMANN Teddy's Winter Wonderland
世界3大テディベア ドイツの老舗「ハーマンテディ」とコラボレーション。この機会にぜひ、かわいらしく華やかなメニューの数々を堪能してみては。
クリスマス スイーツビュッフェ「HERMANN Teddy's Winter Wonderland」
開催期間/11月23日(火・祝)~12月24日(金)
会場/グラマシーハウス(ザ ストリングス 表参道 2階)
開催時間/120分制
平日 12:00~14:00(ビュッフェボード撮影タイム 11:45~12:00)
土日祝
第1部 12:00~14:00(ビュッフェボード撮影タイム 11:45~12:00)
第2部 15:00~17:00(ビュッフェボード撮影タイム 14:45~15:00)
席数/56名
※申し込み人数が16名様に満たない場合は催行中止。その場合は、前日から起算して5日前までにメールまたは電話にて中止の旨連絡。
料金/
平日 大人 4,930円、子ども 3,200円  
土日祝 大人 5,650円、子ども 3,200円
※料金にはデザート、料理、ソフトドリンク、税金、サービス料を含む。
※子どもは4歳~12歳、3歳以下は無料。

予約・問い合わせ先/
tel.03-5778-4534(レストラン直通)
https://www.strings-hotel.jp/omotesando/event/sweetsbuffet/#next

2021年11月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧