「海から見たニッポン」をテーマとした2つの写真展が同時開催

「海から見たニッポン」をテーマとした2つの写真展が同時開催

迫力と臨場感あふれる大判サイズの銀写真プリントで、日本列島を取り巻く海のすがたを見つめ直す写真展

「富士フイルム」が、「海から見たニッポン」をテーマにした2つの写真展「海流が育むいのち ~黒潮の力、親潮の恵み~」と「is Blue」を、3月12日(金)から4月1日(木)まで「フジフイルム スクエア」にて同時開催する。

日本列島を取り巻く海のすがたを、写真で見つめ直す試みとなっている今回の写真展。「海流が育むいのち ~黒潮の力、親潮の恵み~」は、 世界有数の流量と速い流れで知られる暖流の「黒潮」、そして魚のエサとなる植物プランクトンが豊富な寒流の「親潮」をキーワードに、太平洋沿岸の5つの海域を紹介。

それぞれの海域を、継続的に観察し撮影している阿部秀樹氏、鍵井靖章氏、佐藤輝氏、関勝則氏、高久至氏の5人の水中写真のスペシャリストたちが、ダイナミックな海中風景といのちの輝きを伝える。

海流が育んできた太平洋近海の逞しく力強い生きものたちと、これからも大切にしていきたい美しい海中風景の写真で、日本の海のすがたや豊かさを再認識できるとともに、豊かで健やかな海を持続していくにはどうしたらよいか、SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」について考えるきっかけにもつながる。
「海流が育むいのち」より「黒潮に生きるアザハタ」© ITARU TAKAKU
「海流が育むいのち」より「黒潮に生きるアザハタ」© ITARU TAKAKU
「is Blue」は、水中写真家の鍵井靖章氏と、ダイビングを愛する女優の木村文乃氏による写真展。それぞれの分野の第一線で活躍する2人がダイバーとして共に日本の海を潜り歩き、独自の感性で撮影した写真でコラボレートした作品を展示する。

日本屈指のダイビングスポットである沖縄県慶良間諸島、和歌山県古座、石川県能登半島などを巡り、出会った生きものたちの愛らしいすがたや、その土地ならではの魅力ある海中風景の中で撮影した水中ポートレートを発表。2人の作品を通して、海の生きものたちへの親近感や、水の中を浮遊する非日常の開放感を楽しむことができる。

また、撮影を続ける中で直面した、愛媛県宇和海(うわかい)で問題になっている、海洋ゴミについても写真でレポート。私たちの暮らしを取り巻く海の美しさのみならず、そこにある危機についても身近に感じられる写真展となっている。
「is Blue」より「鹿児島」© YASUAKI KAGII
「is Blue」より「鹿児島」© YASUAKI KAGII
多様な海を感じ、自然との共生を考えるきっかけとなる写真展へ、この機会にぜひ足を運んでみては。

フジフイルム スクエア 企画写真展 「海から見たニッポン」
(1)「海流が育むいのち」 ~黒潮の力、親潮の恵み~
阿部秀樹・鍵井靖章・佐藤 輝・関 勝則・高久 至
(2)「is Blue」
鍵井靖章×木村文乃
会場/フジフイルム スクエア内、富士フイルムフォトサロン 東京
東京都港区赤坂9丁目7番3号(東京ミッドタウン・ウエスト)
開催期間/3月12日(金)~4月1日(木)
営業時間/10:00~19:00(最終日は14:00まで、入館は終了10分前まで) 会期中無休
※ 写真展・イベントはやむを得ず、中止・変更の場合あり
入館料/無料
tel.03-6271-3350 
http://fujifilmsquare.jp/

<巡回展>
会場/富士フイルムフォトサロン 大阪
大阪府大阪市中央区本町2-5-7 メットライフ本町スクエア 1F 
開催期間/7月23日(金・祝)~ 8月11日(水)
営業時間/10:00~19:00
tel.06-6205-8000
https://www.fujifilm.co.jp/photosalon/osaka/

2021年03月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧