8/31(月)まで開催!落合陽一氏の個展「未知への追憶―イメージと物質||計算機と自然||質量への憧憬―」

8/31(月)まで開催!落合陽一氏の個展「未知への追憶―イメージと物質||計算機と自然||質量への憧憬―」

平面・立体・メディアアートを含む40点以上の作品が出展予定

丸井とメディアアーティスト落合陽一氏が、落合陽一氏個展「未知への追憶 ―イメージと物質||計算機と自然||質量への憧憬―」を、渋谷モディ2Fにて8月31日(月)まで開催中。

「未知への追憶」は、2017年から2020年までの落合陽一氏の活動を俯瞰した個展となっている。2019年の「質量への憧憬」展以来の大規模な個展で660平方メートルを超える面積に、平面・立体・メディアアートを含む40点以上の作品が出展予定。
個展フライヤー
2017年のマレーシアでの展覧会「Image and Matter」を始めとする4年間の表現コンセプトを昇華させ、写真や立体物、映像を通じて、落合陽一氏の持つ新しい自然観と老荘思想との接続、バーチャルとの邂逅、民藝との接近にいたる背景を読み解いた内容になっている。

この機会に、ぜひ足を運んでみては。
「未知への追憶 -イメージと物質||計算機と自然||質量への憧憬-」
作家/落合陽一
企画制作/Emohaus Inc.
開催期間/2020年7月23日(木・祝)~8月31日(月)*休館日:8月19日(水)
開催時間/11:00~20:00(ご入場受付は19:30まで)
開催会場/東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ2F
入場料/一般1,800円(大学生以下無料)
展示内容/2017年から2020年までの4年間の表現コンセプトを軸に構成した立体作品、平面作品、映像作品

問い合わせ先/渋谷モディ
Tel. 03-3464-0101
https://www.0101.co.jp/michi2020/

2020年07月31日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧