「エレクトロラックス・ジャパン」から発売のプレミアムコードレスクリーナー「Pure Q9」

「エレクトロラックス・ジャパン」から発売のプレミアムコードレスクリーナー「Pure Q9」

インテリアに自然に溶け込むサテンホワイト、マホガニーブロンズ、インディゴブルーの3色展開

エレクトロラックス・ジャパンから、インテリアに調和する高いデザイン性を持ち、パワフルな吸引力(※1)(※2)とスムーズに掃除ができるエフォートレスな操作性(※3)や静音性(※4)にこだわったプレミアムコードレスクリーナー「Pure Q9」が新登場。
掃除機写真
Pure Q9 (ピュア・キュー・ナイン) PQ92-3BWF サテンホワイト/¥63,400(税抜)重量/スティック2.9kg、ハンドユニット1.45kg、充電ステーション+付属ノズル4.7kg
「Pure Q9」の吸引力はゴミ除去率99%(※2)を誇り、フローリングの溝の吸引力がエレクトロラックス・ジャパン従来品に比べ7倍(※1)に向上。へッドにはLEDライトが取り付けられており、家具の下や暗い空間でもゴミを確認しながら掃除することができる。さらに、寝かせたときの高さが14cmと、多くのソファーやベッドの下に届くようになり、家中のありとあらゆるゴミを逃がさずキャッチ。
掃除機写真
「Pure Q9」ではエフォートレスな操作性(※3)を追及した設計で、‘‘踊るように、奏でるように。‘‘のコンセプトの通り、家中くなまくスムーズに掃除ができる。掃除の際は充電台から本体を滑り出させてスイッチを押すだけ。

また、モーター部が下にあるので持ち手への負担が少ないほか、ヘッドが左右に動くため取り回しがしやすいのも特徴。さらに、ハンドユニットも引き出すだけで取り外し可能で、細部までストレスなく使える。ボディ部分にあたるハンドユニットは、運転音の削減(※4)につながるように設計。音質に着目し、耳障りな金属音を抑え、体感音が半減して不快感なく掃除ができる。
※1 フローリングの溝の吸引力が従来機種の7倍。国際規格IEC62885-2に基づき、2020年5月に自社ラボラトリーにて実施された、ゴミ除去率テストの結果。PQ92-3BWFとZB3324Bとの比較。

※2 国際規格IEC62885-2に基づき、2020年5月に自社ラボラトリーにて実施された、フローリングでのゴミ除去率テストの結果。

※3 充電台からスムーズに掃除を開始でき、ハンディクリーナーをボタン操作なしで取り出すことが可能(当社従来製品エルゴラピードとの比較)。 

※4 ISO3743ならびに、当社内規格の計算基準に基づき、2020年5月に自社ラボラトリーにて実施された、PQ92-3BWFとZB3301との運転音の比較の結果。運転音の体感については、使用環境や個人によって異なります。
掃除機写真
アルミフレームの曲線が印象的な新しいフォルムは、使いやすさと住空間に自然に溶け込むデザインになっており、サテンホワイト、マホガニーブロンズ、インディゴブルーの3色展開となっている。

スタイリッシュで機能性抜群のエレクトロラックス・ジャパンのプレミアムコードレスクリーナー「Pure Q9」。掃除機を新調したい方は、チェックをしてみては。

問い合わせ先/エレクトロラックス・ジャパン お客さまサポート
tel.0120-540-202
https://www.electrolux.co.jp/

2020年07月02日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ