【ふたご育児】第4話 双子はお得?双子出産のちいさな誤算

【ふたご育児】第4話 双子はお得?双子出産のちいさな誤算

作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。

pika

今日は双子のお産でもらえるお金について。

双子は早産になりやすく、わたしも29週から2ヶ月ほど管理入院をしました。入院は24時間点滴とつながれ、ただ安静にする毎日。

恥骨痛やお腹の張り、浮腫みもひどく、徐々にあがっていく点滴濃度や副作用に悩まされただ生きるのがやっとでした。

お腹の子はふたりとも逆子だったため、帝王切開での出産となったわけですが、出産をおえたら嘘のように全身の浮腫みが取れ。

入院期間中、まともに鼻呼吸できなかったのが嘘のよう。
ふたりぶんの血液とともに、浮腫み(水分)もずいぶん出ていったようです。(手術の前後で10kgほど体重がおちました)

さて。出産をするともらえるのが出産育児一時金。
通常単胎児の場合は、とんとんになるよう計算されているようですが、双子の場合はもらえるお金は二人分、出ていくお金は一人分(一回分)。

さし引きするとまる一人分お得になる計算に。
実際は2ヶ月間の入院費や術後の個室代などもかかりましたが、女性特約のある医療保険にはいっていたこともあり、最終的には黒字となりました。

しかし喜んではいけないのが二人同時育児の悲しい罠…。
その後、おそろしい勢いでミルクやオムツが消費されてゆくのでした…。

苦労は2倍、喜びも2倍。そして出費も2倍な双子育児。

物を買うとき、つねに倍の値段で計算する癖がつきました。
50%OFFセールが大好きなわたしです!

ふたご育児バックナンバー

作者:pika

ブログ:「ふたご絵日記」
Twitterアカウント:@pucchanPC

2016年09月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

漫画の関連記事

カテゴリ一覧