【年齢別】トイレトレーニングのやり方。1歳、2歳、3歳以降のトレーニング

【年齢別】トイレトレーニングのやり方。1歳、2歳、3歳以降のトレーニング

トイレトレーニングを始めたタイミングや楽しみ方

子どものトイレトレーニングのやり方について、始めるタイミングや進め方に悩むママは多いかもしれません。毎日のことなので楽しんでやりたいと考えることもあるでしょう。今回は、トイレトレーニングを始めたタイミング、1歳、2歳、3歳以降の年齢別のやり方、楽しみ方について体験談を交えてご紹介します。

トイレトレーニングを始めたタイミング

ママたちはどのようなきっかけで子どものトイレトレーニングを始めたのでしょうか。

トイレトレーニングを始めたタイミングについて聞いてみました。
30代のママ
1歳半頃に、子どもがオムツをパンパンたたきながら『出たよ』と報告してきたので、パパと相談しトイレトレーニングを始めることにしました。
30代のママ
子どもが1歳半のときに、1歳児クラスの個人面談がありました。その際、担任の先生から『おしっこの間隔が開いてきたら、園でトイレトレーニングを始めるので教えてください』と言われました。その頃からトイレトレーニングをし始めたと思います。
30代のママ
2歳になった頃、オムツ替えを嫌がるようになり、自分でズボンを履きたがるようになりました。そろそろトイレトレーニングの時期なのかなと感じ、トイレトレーニング用の補助便座を家族で買いに行きました。
保育園からの提案や、子どもの様子を見てトイレトレーニングを始めたというママの声がありました。
 
保育園では、トイレトレーニングを始める年齢や進め方が決まっている場合もあるようです。トイレトレーニングに関する方針はあるのかあらかじめ先生へ確認しておくと、家庭での準備もしやすそうですね。

【年齢別】トイレトレーニングのやり方

トイレ
Africa Studio/Shutterstock.com
いざ家庭でトイレトレーニングを始めようと思っても、やり方に悩むママもいるのではないでしょうか。トイレトレーニングは数カ月~数年をかけてステップアップしていくこともあるようです。
 
一般的な家庭でのトイレトレーニングのやり方について、1歳、2歳、3歳以降の年齢別にご紹介します。

1歳

1歳や1歳半頃にトイレトレーニングをはじめる子どももいるようです。この時期は子どもの様子を見ながら、トイレに行ってみたり、おまるや補助便座に座ってみたりして、少しずつ慣れることから始めるとよいでしょう。
 
便座に座ったときなどに肌着の裾が汚れないよう、子どもの肌着をロンパースからセパレートタイプへ変えたママもいるようです。
 
対象年齢が生後6カ月頃からの、おまるや補助便座もあるようなので、子どもによっては1歳前から試すこともできるかもしれませんね。

 男の子の場合は、おしっこが前に飛びやすいので、前が高いタイプのおまるや補助便座にしたというママの声もありました。

2歳

2歳頃は、イヤイヤ期と呼ばれることもあり自分で何でもしたがる子どももいるようです。そのため、トイレトレーニングを本格的に始める家庭も多いかもしれません。
 
 
2歳頃になると、おまるや補助便座で自然とおしっこやうんちができるようになったというママの声もありました。食後や就寝前など、トイレへ行くタイミングを決めて声かけすることを習慣にすると、進めやすいかもしれません。
 
子どもにトレーニングパンツや布パンツを用意したというママの声もありました。トレーニングパンツや布パンツは、紙オムツとくらべて濡れた感覚を子どもが感じやすく、トイレトレーニングにぴったりかもしれません。
 
まずは、日中だけ履いて夜はオムツにするなど、少しずつ着用時間を伸ばしていくことが大切でしょう。

3歳以降

3歳以降は、トイレトレーニングの進み具合に個人差が出やすいようです。
 
なかなか進まず苦労したという声もあれば、24時間布パンツですごせるようになったり4~5歳で夜のオムツを卒業できたというママの声もありました。
 
トレーニングパンツでの失敗が減ってきたときに、布パンツへ変えてもよいかもしれません。
 
子どもの好きなキャラクターの布パンツにすると、汚したくないためか失敗の数が減ったというケースや、保育園のお友だちがオムツを卒業しているのを見て、自分からトイレへ行く回数が増えることもあるようです。

トイレトレーニングの楽しみ方

子ども
Africa Studio/Shutterstock.com
トイレトレーニングを子どもが嫌がるなどして大変に感じてしまうママもいるでしょう。トイレトレーニングの楽しみ方をご紹介します。

絵本やシールを使う

トイレトレーニングの導入に、トイレに関する絵本やテレビの子ども番組を用いるママもいるようです。トイレのイメージトレーニングや、楽しい印象を持つことに一役買ってくれそうですね。
 
トイレトレーニングが進んでくると、おしっこやうんちが成功したらシールを貼るという方法を取り入れる家庭も多いようです。
 
画用紙にマス目を書き、おしっこができたら1つ、うんちができたら2つ、子どもの好きなキャラクターのシールを貼ってもらうとよいでしょう。成功するたびに子どももよろこんでくれそうですね。
 
キャラクターにパンツ型シールを履かせていくなどの、トイレトレーニング専用シールもあるようです。

便利なトイレトレーニンググッズを使う

おしっこをかけて濡れるとキャラクターの絵が出てくる、トイレトレーニング用シートを使うというママの声もありました。子どもの好みに合わせて選べるとよいですね。
 
最近では、おまるの中桶に、シートと一体になった袋をかぶせるだけでおしっこを吸収してくれる、おまる用のシートもあるようです。使い終わったら袋をしばって捨てるだけなので簡単でしょう。

排泄物の処理が面倒で、ママがトイレトレーニングを楽しめないときに使ってみるとよいかもしれません。

トイレトレーニングは親子に合ったやり方で進めよう

親子
Rawpixel.com/Shutterstock.com
今回は、ママたちの体験談をまじえながら、トイレトレーニングを始めたタイミング、1歳、2歳、3歳以降の年齢別のやり方、楽しみ方をご紹介しました。
 
トイレトレーニングのやり方は、子どもの成長や保育園に通っているかどうかなどによって異なるようです。保育園に通っている場合は、トイレトレーニングに関する方針はあるか確認しましょう。
 
なかなかトイレトレーニングが進まない時期があっても、何かをきっかけに前進することもあるようです。子どもも大人も無理なく楽しんで続けることが大切でしょう。
 
親子に合ったやり方でトイレトレーニングを進め、子どもが進んでトイレに行けるようになるとよいですね。

2020年02月15日

専門家のコメント
26
    りお先生 保育士
    トイレトレーニングは、個人差がとても出やすいので、なかなかオムツが取れなくても親が焦ったり、子どもを叱ったりしないようにまずは注意したいですね!

    平均的に、2歳半くらいからおしっこが出るタイミングがわかるようになると言われています。

    なので、8歳長男と4歳長女は2歳半から、
    起きてすぐ、出かける前、オムツが長時間濡れていなかった時などにトイレやオマルに誘い始めました。

    8歳長男は、部屋の隅におまるを置い手、その内家の中では下はパンツ1枚で過ごすようになり、トイレをマスターしました✨

    4歳長女はおまるを嫌がったので、トイレに誘いました。
    が、なかなかできず💦
    パンツにすると失敗ばかりで親がイライラしたので、3歳前までオムツをしながらトイレに誘うを繰り返しました。
    3歳前にやっとトイレができるようになった感じでした😁

    末っ子は、現在2歳4ヶ月なので、2歳半を待っているところです。
    たまに、おしっこでた〜と教えてくれます😁
    いちぽ先生 保育士
    トイレトレーニングがうまく行くか今から不安です。
    個人差があり、すぐ外れる子もいますし、口が達者なのになかなか取れない子もいますし、子どもがやる気になって楽しくトイレにいけるといいですよね。
    すみっこ先生 保育士
    子どもの気持ちを考えると…
    オムツで普通に過ごしていたのに急にトイレ?😲なんで!
    と理不尽な気持ちになるんだろうなぁ😂💦と思います。
    徐々に進めていけたら、ストレスなくいけるのかなと思います。親子共々…

    自宅では布おむつで過ごしていたので、パンツを履くことへの新鮮さはなかった様子の娘たち。割りとスムーズにおむつを卒業できたと思います。

    ある日、お風呂の洗い場でおしっこが出た長女。(2歳半前)本人も「あ!」と驚いたようにおしっこを見ていました。おしっこが出る感覚というか、「あ、こうやっておしっこが出るんだ」とこの時に気が付いたと思います。
    この次の日からトイレに座らせた時に出るようになりました!!

    いつまでに、絶対に、は思わずに気楽な感じでスタートしました。
    なつまる先生 保育士
    何歳で始める、何歳までには卒業、何歳のときにはこういう方法で、などそういうことは深く考えなくてもいいかと思いますよ!
    トイレトレーニングは個人差があるものですので、お子さんにも負担なくもちろん保護者の方も思いつめずに進めることが1番だと思います!
    のんの先生 保育士
    トイレトレーニングは、親にとっても、子供にとっても大変ですよね。
    でも大丈夫ですよ!大人になってまでつけてる方なんていらっしゃらないですし、いつかおむつは外れるものです。そう考えて焦らずにトイレットトレーニングをしていただきたいです。
    すー先生 保育士
    トイレトレーニング今格闘中です。3歳の息子はおしっこは2歳からトイレでするのですが、ウンチはオムツに履き替えてからではないとしないです。「ウンチする」というのですがオマルやトイレに行くのを嫌がりウンチを我慢するようになりました。その結果便秘に。病院に通い、先生と相談ししばらくはオムツで様子を見ましょう、ということになりました。シールやお菓子、壁を好きなキャラクターにしても効果なし。気長にやる気が出るのを待つことにしました。
    ぺち先生 保育士
    幼稚園では、トイトレをしているご家庭がいましたが7月にプールに入るのでそこまでにはオムツはずそうと園とご家庭で協力してやっていました。気持ちに寄り添いつつやりますが、大人が焦ってしまう事が1番ダメですよね、、
    めめ先生 保育士
    3歳までには取ることを目標に行いました。おしっこはわりとスムーズにとれたのですがうんちがかなり苦労しました。いやがるようならまずはズボンを脱がなくてもそのままトイレに座らせるとこらからはじめ、ごほうびシールを使ったりして少しずつ気長にやるのがいいと思います。
    ぽんた先生 保育士
    何ヶ月もトレパンをはいて、長いことトレーニングをしていると、親子ともにストレスが大きいと思います。もらして、洗濯してーが、いつになったらおわることやらー。。。と。私は、ママ友に教わったやり方、いきなり薄いパンツ!作戦で二人ともほぼ一週間で終わりました。その近所では、みんなそのやり方でだいたい一週間でしたので、オススメです。
    めい先生 保育士
    トイレトレーニングは、快不快が分かることや尿意を感じたり、そのタイミングが分かったり必要な過程がたくさんです。焦って進めると逆効果なので、のんびり付き合っていきましょう。
    まあ先生 保育士
    オムツ替えのときに濡れている回数が減ってきたなと思ったら、トイレトレーニングの開始時期かなと思います。オムツ替えのときに濡れていなければ、おまるに座らせてあげると出るかもしれません。
    みき先生 保育士
    失敗しても責めたり怒ったりしないこと、ストレスなく楽しくトレーニングするためにご褒美シールなどを用意してもいいかもしれません。シールシートはオムツメーカーのホームページからダウンロードして印刷することもできますよ♫
    ぷん先生 保育士
    排泄間隔が空いてきたら、膀胱におしっこがためれるようになったという目安になるので始め時だと思います(^^)
    トイトレは一歩進んだ!と思ったら、2歩下がっておむつに戻るなんて事もよくあります。
    無理に大人の都合で進めたりするとトラウマになってしまうこともあります。
    お子さんの気持ちに寄り添って心身共にその子のペースで進めて行けたら良いですね!
    でぶいも先生 保育士
    布おむつ育児をしていますが、1歳前には出たことを知らせ、1歳3ヶ月で出る前に知らせてくれるようになって驚いています。今はあまり神経質にならず知らせてくれた時にトイレに行くようにしています。
    あーちん先生 保育士
    はじめる時期が早いからといって、すぐにパンツにできるわけでもないので、子どもの様子とパパママのやる気(すぐにうまくいかなくえも長期でやっていけるか)など考えて、無理なく進めていけるといいですね!

    幼稚園、保育園では2歳〜平均は3歳くらいで外れる子が多かったです!
    のの先生 保育士
    オムツはいつか必ず取れる時がくるので、焦らず子どものペースに合わせてやってあげることが大切だと思います。また、成功した時はよくよく褒めてあげましょう。
    まゆ先生 保育士
    トイレという場所が嫌だとならないように、新幹線のイラストを貼ってどっちの新幹線にする?などと興味を引けるようなものを設置しています。
    パンツで濡れてしまっても怒らず焦らず…が大切ですよね。
    cocoまま先生 保育士
    上の子は2歳半でオムツ卒業しました^ ^まずは季節も大事かなと思います^ ^お互いストレスが違います笑あとは出る時間や間隔を計算してあげるのもポイントかなと思います^ ^
    ろろ先生 保育士
    トイレトレーニングに○歳から!という決まりはありません。
    子どもの成長や発達にあわせ、ゆっくり進めていくことが大切です。
    気づけば1段階とばしてできるようになってる!!なんてことがざらにあるので焦らなくても大丈夫ですよ(*˙﹀˙*)
    さと先生 保育士
    うちは長期戦で行こうと思い、1才になったときからおまるに座ることだけスタートしました。
    この年齢で無理にパンツにする必要はないので、おまるやトイレを怖がらないようにだけ注意するといいと思います。
    はつみ先生 保育士
    個人差もありますし、親の気合いもあると思います。しかし、失敗してあーあ。などがっかりした顔を見せるとかわいそうなので、できたら褒める!できなくて当たり前!と思っていた方がいいですね。
    我が家はおまるを始めましたが、最初は遊びでいいんです。一緒にトイレに行き、トイレットペーパーで遊ばせてあげる。トイレは怖くないよ〜と教えてあげる事も大切かなと思います。
    ゆきんこ先生 保育士
    トイレトレーニング、とても個人差があると思うのでなかなか進まなくてもあせらずお子様と二人三脚でやっていきましょう!
    おトイレを嫌いにならないようにたまにトイレに行って場所を教えてあげたり、好きなキャラクターのものを飾ったり工夫してみるといいかと思います。
    はなばたけ先生 保育士
    個人差が出やすいものですのでコメント欄を見て不安になる方がいたら申し訳ないです(;◡;)でも、いつかきっとできるようになる!というくらい長い目で根気強く取り組むようにしています!
    ぽんた先生 保育士
    補助便座、いつまで使うんだろーと思ってましたが、そもそも使ってない人もいてびっくり!洋式便座に後ろ向きに座らせるんですって!
    cocoまま先生 保育士
    トイレは怖い場所じゃないという事をまずは知ってもらえたらと思うので明るく可愛くしてみます^ ^座れただけでまずは褒め倒しましょう^ ^
    cocoまま先生 保育士
    まずはやってみたいと思う気持ちにさせるための仕掛け作りかなと思います^ ^行きたい場所にトイレが認定されたら大きな一歩^ ^
おすすめユーザーのコメント
3
    しずか先生
    保育園で上手にできたらいっぱい褒めてあげます.まずは自信を持たせてあげること.トイレに虫一匹いるだけでも,怖がってできない子もいますから,私はトイレ掃除を主体的に買って出ていました.綺麗で気持ちいいトイレ環境を整えてあげることが,一番の近道だと思っています.
    sh
    トイレができると好きなシールを貼るようにしていました。
    1週間はあまり外出せずにトイレトレーニングに続けるとできるようになりました^_^
    naa
    今2歳1か月で、おまる兼補助便座を買ってありますが、子どもが使いたがる時くらいしか使ってないです。
    まず、1人でオムツとズボンの着脱ができるようになる方が先なのかなと最近思います。

しつけの関連記事

カテゴリ一覧