子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年07月17日

キッチン、お風呂でできる!子どもの好奇心を伸ばすための化学実験

キッチン、お風呂でできる!子どもの好奇心を伸ばすための化学実験

今回の記事は、6歳までの子どもとお家で楽しめる「化学実験」の提案です。キッチンやお風呂は実験のワンダーランドだという西村先生。40年以上、中学受験に関わってきたご経験から、将来花開く「気づきのもと」になる理科の実験について提案していただきました。

西村康則

身近なもので実験を楽しむ

個人的な話になりますが、私は夏になると、赤しそジュースを作って飲みます。赤しそを煮出し、そこにクエン酸と砂糖を入れて作ります。ソーダなどで割ると夏にぴったりのさわやかな味でおいしいですよ。

さて、そんな赤しそジュースですが、実はとてもおもしろい性質があります。

今回は、キッチンでお子さんと楽しめる、ちょっとした「化学実験」を紹介します。

色が変わるインパクトは大!

親子でわくわくする実験

赤しそジュースは混ぜるものの性質によって、パッと色が変わります。

赤しそジュースをつくるときに、赤しその煮汁を冷やしたものにクエン酸を入れるのですが、そのとき黒っぽい紫色だった煮汁が、いきなり鮮やかなピンクに変わります。

これを見ると、子どもでなくても「他のものを混ぜるとどうなるか」という思いが頭をよぎるのではないでしょうか。その好奇心で、家にあるいろいろなものを混ぜてみましょう。

「赤しその煮汁」(写真中央)に、卵白(右)、レモン汁(左)を混ぜたもの

ジュースやお茶、炭酸水など、飲み物だけでなく、砂糖や塩、卵白など、入れるものによってパッと色が変化したり、あまり変化しなかったりするのがわかる実験です。

実は、この色の変化は赤しそに含まれる「アントシアニン」という名前の色素が、溶液の性質の変化(酸性・中性・アルカリ性)によって色を変えているのですが、小学校の高学年でリトマス紙などを使って行う実験と全く同じことをしているんです。

小さなお子さんの場合、仕組みや理由は今理解する必要がないですが、パッと色が変わる瞬間を目撃するインパクトは大きいと思います。

ぜひ身のまわりに「色を煮出せそうな野菜」はないか探してみてください。そう、ナスや紫キャベツなんかいいかもしれませんね。

キッチンで、親子で楽しむ実験

カレー焼きそばがケチャップ色に?

酸性・中性・アルカリ性については、まだまだいろんなもので「実験」することができます。

たとえば焼きそばの麺に使われている「かんすい」は水に溶けるとアルカリ性なのですが、ここにカレー粉を加えるとケチャップのような色に変化します。

やはり赤しそジュースのときと同じように、カレー粉に含まれる「クルクミン」という色素の仕業なんですね。

ウスターソースを加えると、ウスターソースの酸性がアルカリ性と中和して、何事もなかったかのように元の色にもどるのも注目ポイント。

お子さんと一緒に「お〜っ!!」と体験して、あとでおいしく食べましょう。

体感することが大事

お子さんと料理をすることで、「性質や温度の変化によってものの様子がおもしろいように変わる」ということを体感的にわからせてあげることができます。

「タンパク質は熱を加えると固まる」ということを小学校6年生で習います。そのときに、言葉で無味乾燥に覚えるのではなく、目玉焼きが生卵と全く違う状態になっていく、視覚的なイメージと結びつくようにしてあげておくのです。

お風呂でも遊ぼう!

お風呂でもたくさんのことを体験できます。

市販のお風呂用カードや、貼って覚える数字やひらがなの表などもありますが、小さいうちにぜひたくさん体験しておいてほしいのが、水の持つ力です。

「浮力」と聞いて何を思い出しますか?学生時代に習ったときのことでしょうか?「アルキメデスの原理」という言葉を聞いただけで、なんだか難しいことのように聞こえてしまいますよね。

でも、浴槽に洗面器を船のように浮かべ、上からぎゅーっと押さえつけたときの「押し返してくる感覚」が浮力と言われれば、ああなるほどな、と思えるものです。

幼児期に「気づきの種まき」を

お子さんが小さいうちは、大きくなって「勉強」として習ったときに「ああ、あのことか」と結びつく「種」を、いっぱい播いてあげておいてほしいのです。

もちろん「お勉強」として難しい理屈を今理解する必要はありません。

親子で楽しく、一緒に遊んでください。そんな遊びの中に、将来花開く「気づきのもと」がたくさん詰まっています!

執筆:西村則康

西村康則の記事一覧(バックナンバー)

教育研究家。家庭教師集団「名門指導会」代表。中学受験ポータルサイト『かしこい塾の使い方』主任相談員。日本初の「塾ソムリエ」として、塾の活用法や塾選びなどの受験ノウハウを世に送る。テレビ、新聞、教育雑誌などで活躍中。おもな著書に『中学受験基本のキ!』(日経BP社)、『頭のいい子の育て方』(アスコム)、「中学受験は親が9割」シリーズ(青春出版社)、「つまずきをなくす算数」シリーズ(実務教育出版)など、20冊を超える著書がある。

https://www.e-juken.jp/
お受験の関連記事
  • 幼児期にぜひやっておきたい「リビング学習」の準備

    幼児期にぜひやっておきたい「リビング学習」の準備

    近年、受験の世界などで定着しつつある「リビング学習」。子どもが幼児期だからこそやっておきたいリビング学習の習慣づけについて、40年中学受験に関わる西村則康先生にうかがいました。

    西村康則

  • 早期教育って本当に必要?早期教育の種類やメリット・デメリットを比較

    早期教育って本当に必要?早期教育の種類やメリット・デメリットを比較

    たくさんのことを学び吸収する幼児期。子どもが小さいときから、さまざまな経験をさせたいと願う親が増え、昨今では幼児教室なども街に溢れています。そんな中で、本当に早期教育は必要なのか、疑問に思われている方も多いでしょう。そこで、早期教育に少し関心のあるママへ向けて、幼児期から教育を始めることのメリットとデメリットについて、早期教育の種類などをご紹介します。

  • はじめての幼稚園受験。子どもの服装や親のスーツ、当日に必要な持ち物

    はじめての幼稚園受験。子どもの服装や親のスーツ、当日に必要な持ち物

    幼稚園のお受験では、説明会や願書の受け渡し時、面接など親子ともに服装に気を使う部分が何度か発生します。特にお受験当日には、どんな服装やスーツで行けばいいのか、どんな持ち物が必要なのか注意して準備したいポイントです。経験談を踏まえて、幼稚園お受験に向けて備えていきましょう。

  • 【お受験情報】どの段階で行う?幼稚園・小学校受験のメリットとデメリット

    【お受験情報】どの段階で行う?幼稚園・小学校受験のメリットとデメリット

    有名大学の付属幼稚園や小学校などへのお受験は、学習環境や進学対策などのサポート体制が整っているので、いつの時代も親たちの関心を集めています。しかし、お受験はどの段階で行うべきか、お受験を考える人が最初に考える悩みのひとつです。それぞれのメリット・デメリットを踏まえたお受験情報を参考にしてみましょう。

  • 【小学校お受験情報】準備はいつから?トータル費用や役立つ習い事

    【小学校お受験情報】準備はいつから?トータル費用や役立つ習い事

    小学校のお受験にかかる費用ってどれくらい?受験勉強っていつから始めたらいいの?子どものお受験に悩むママは多いですよね。今回は、お受験にかかる費用や準備することなど、ママが知りたい情報をお届けします。

  • キッチン、お風呂でできる!子どもの好奇心を伸ばすための化学実験

    キッチン、お風呂でできる!子どもの好奇心を伸ばすための化学実験

    今回の記事は、6歳までの子どもとお家で楽しめる「化学実験」の提案です。キッチンやお風呂は実験のワンダーランドだという西村先生。40年以上、中学受験に関わってきたご経験から、将来花開く「気づきのもと」になる理科の実験について提案していただきました。

    西村康則

カテゴリ一覧