出産のための入院セットを準備しよう!ママたちが揃えたアイテムについて

出産のための入院セットを準備しよう!ママたちが揃えたアイテムについて

入院セットの準備を始めた時期

出産のための入院セットを揃えるとき、何を用意する必要があるのか知りたいママもいるでしょう。いつごろから準備するとよいのか気になる場合もあるかもしれまんせん。今回は、出産のために入院セットを揃えた時期や、入院時に必要なもの、服装や日常アイテム、出産後のために必要なアイテムをご紹介します。

出産のために入院セットを揃えたのはいつ?

ママたちはいつから入院セットの準備を始めたのでしょうか。
30代ママ
安定期に入ってすぐ入院セットを準備し始めました。切迫早産の診断を受けて自宅安静をしていたので、いつ入院になるかわからないなと思ったからです。
30代ママ
ぎりぎりまで仕事をしていたので、気持ちに余裕がなく、臨月になってから用意しました。
30代ママ
臨月の頃に出産予定が早まり入院が決まったので、急いで準備を始めました。
安定期や臨月に入ってから入院準備を始めるママが多いようです。ママの体調をみながら、準備の時期を決められるとよいですね。ママたちが用意したものを参考にすると、スムーズに用意できるかもしれません。

入院中の手続きに必要なもの

妊婦さん
Africa Studio/Shutterstock.com
入院中の手続きに必要なものにはどのようなものがあるのでしょうか。ママたちが必ずカバンに入れていた入院セットを聞きました。
20代ママ
母子手帳と健康保険証、入院先の診察券は、手持ちのバッグに必ず入れて持ち歩いていました。
20代ママ
出生届などの書類を書く際に、印鑑が必要なのでカバンに入れていました。実際にはパパが手続きしてくれましたが、直前までパパが病院に来られるか分からなかったので、忘れないようにしました。
入院時には、母子手帳や健康保険証、入院先の診察券を用意しておきましょう。出生届のほかに、入退院時に記入する書類に印鑑が必要な場合もあるようです。事前に用意しておくと安心ですね。

入院中の服装や日常アイテムで用意するもの

ママたちが服装や日常のアイテムで用意したものをご紹介します。

下着

20代ママ
出産してからすぐに必要だと思ったので授乳用のブラジャーを3枚ほど用意しました。産褥ショーツは病院で用意されていたので、買いませんでした。
母乳育児がしたいママは授乳用のブラジャーを用意するとよいようです。授乳用のブラジャーは胸を出しやすいので、赤ちゃんが泣いたとき、すぐに授乳ができてよかったという声がありました。

産院によっては産褥ショーツの用意がない場合もあるので、確認しておくとよいでしょう。

衣類

30代ママ
授乳口つきのマタニティシャツやワンピース、レギンス、靴下のほかに、はおりものを準備しました。出産したのが冬だったので、はおりものを用意しておいてよかったです。
産院から帰宅するときにも着られるので、授乳口がついているマタニティ服を用意したというママがいました。産院によってはパジャマが必要な場合もあるので、あらかじめ確認するとよいでしょう。

出産予定日が寒い時期の場合は、はおりものを用意しておくとよいようです。赤ちゃんをあやすときや、授乳するときに便利でしょう。

洗面用具

30代ママ
入院中はお化粧はしませんでしたが、スキンケアグッズを用意しました。普段使っている物だったので、ケアしている間にリラックスできました。
スキンケアグッズのほかに、退院時に記念撮影するためにメイク道具を用意するママもいるようです。

シャンプーや歯ブラシ、タオルなどは、産院で用意されている場合もあるようですが、使い慣れた自分のものを使いたいときはカバンに入れておくとよいでしょう。

時計

20代ママ
時計を持参するように、病院で言われたので用意しました。陣痛の間隔をはかったり、授乳の時間やミルクの量をメモするときに、ベッドの側に小さな時計があると便利でした。
枕元に置くために小さな時計を用意したという声がありました。大部屋に入院する場合は、壁にかかっている時計が見えづらいこともあるでしょう。普段から使っている時計がある場合は、入院セットに入れておくとよいかもしれませんね。

ママたちが出産後に使うために揃えたアイテム

赤ちゃんが生まれたあとに使うアイテムは退院後に揃えることもできますが、退院する日に使うものや入院中から使えるものもあるようです。出産後や入院中のために揃えたアイテムをママたちに聞きました。

赤ちゃんの服

赤ちゃん服
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
赤ちゃんの服や肌着を用意しました。病院から家に帰る途中で、ミルクをはき戻してしまったり、おしっこで汚れたりしたとき、すぐに着替えられるように準備しました。
赤ちゃんの服や肌着を用意したママがいました。おじいちゃんとおばあちゃんが、赤ちゃん用のセレモニードレスを購入してくれたという声もありました。退院時に、赤ちゃんに着せて写真を撮ると記念になりそうですね。

チャイルドシート

30代ママ
自家用車で通院していたため、産後すぐにチャイルドシートが必要でした。妊娠中に、パパといっしょに購入しました。
産後に帰宅するときのために、チャイルドシートを準備するママは多いようです。タクシーやバスなどを利用する場合は必要ありませんが、自家用車に乗るときは必ず用意しましょう。

クーファン

30代ママ
退院のときは、抱っこに慣れていなかったので、クーファンを用意しました。冬で寒かったので、おくるみでくるんでからベビー布団をかけました。
生まれてすぐの赤ちゃんを抱っこして外に出ることに不安を感じるママもいるかもしれません。クーファンや横向きの抱っこ紐を準備しておくと、産院から安心して帰宅できるかもしれませんね。

出産のために入院セットを揃えよう

妊婦さん
Alexey Fursov/Shutterstock.com
入院時は、母子手帳や健康保険証、入院先の診察券、印鑑を用意しましょう。いつもカバンに入れておくと安心ですね。

入院セットとして、授乳口のついたマタニティ服や授乳用のワンピース、洗面用具を準備しておくとよいようです。産院から帰宅するときのために、赤ちゃんの服を数着用意したというママもいました。

車で家まで帰る場合は、チャイルドシートを準備することも忘れないようにしましょう。ママの体調をみながら、必要な入院セットを揃えられるとよいですね。

2020年03月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

準備の関連記事

カテゴリ一覧